たかしげエッセー 『好き・嫌い』

私の(元)心臓病仲間のたかしげさんからエッセーを頂きました。
たかしげさん曰く、「食べものの偏った好き嫌いが健康を損ねる要因と思い、綴ってみました」とのこと。

ちなみに私(カムバックハート)は、子供のころから食事の好き嫌いは比較的無い方で、特に大人になってからは何でも美味しく頂けるようになりました。術後は塩分を控えめにと心がける方も多いと思いますが、適度な塩分は生きていく上で必要なもので、むしろ、極端に偏った食事を習慣的にとったり、飽食することが健康悪化の元だと思います。(それに仕事のストレスなどが加わると相乗効果的に身体バランスが崩れるような気がしますので要注意です。)

カムバックハート
------------------------------------------
『好き・嫌い』

好きだ、嫌いだは男女や人間関係ばかりではない。毎日の三度の食事でもご飯だ、パンだ、ラーメンだ・・・と好みがある。平成育ちの人には理解できないだろうが、終戦直後の窮乏時期には苗を採った干からびたサツマ芋や進駐軍の放出携帯食糧で飢えを凌いだのを思い出す。卓袱台(ちゃぶだい)の上の粗末な食べものでも好きだ、嫌いだと云っていたら他のきょうだいに食べられてしまう。育ち盛りでもひもじい思いをしながら育ち、大人になった。食糧不足の終戦直後は国民みな痩せた身体で、たまに太っている人は裏のルートで買い求め“ヤミ太り“と陰口を叩かれ、逆に痩せている人を骨皮筋(ほねかわすじ)衛門(えもん)と揶揄した陰口を叩かれたが極貧の時代でやむを得なかった。

昭和初期に納豆に馴染みのなかった関西出身の母は東北出身の父に感化されたのから嗜好を換えて納豆が好きに変わったと聞いた覚えがある。食生活も郷に入れば郷に従えだ、食糧事情が好くなってから藁に包まれた納豆をよく食べさせてくれた。独特な臭いと糸を引く粘っこさが嫌いのもとらしい、好きな人は逆にこれが好物に換わる。食わず嫌いは言語道断だ。心臓手術後は納豆に含まれるビタミンkが服用薬ワーファリンの効能を阻害するので食するのを厳しく禁じられた。勤務先の昼食時には納豆が出る。納豆大好き社員が「貰っていいですか」と声かけてくる。「嫌いですか」の問いに説明するのに慣れっこになる。家では粘っこいオクラを代用として食卓にのるが形・味はまったく異なるし納豆の代用にはならない。ただ気遣ってくれている気持ちに感謝するだけだ。

気の置けない者同士の会食であっても好き、嫌いをあからさまにするのは避けるのがマナーだろう。過食、偏食、好き嫌いを戒めている現代では生活習慣病に罹らないようマスデイアが指針で喚起している。糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症など食べものの習慣性に深く関与していると考えられている。加齢によって発病すると考えられたために成人病と呼ばれたが、生活習慣が深く関与しることが分かり、きちんとしたしつけをされて育てられるのは食生活も同じだ。つまり好き嫌いが多いというのは甘やかされ、放任で育った人に多く見られる。性格としては、甘えや自己中心的な考えを持つ傾向の人に見られるようだ。

好きだ、嫌いだはほどほどにして息災で暮らしたいですね。

2017-7-5
たかしげ
------------------------------------------
<=PREV

【開催報告】 (元)心臓病仲間の集まり番外編 in 河津

初の泊まりでの集まり(別名、(元)心臓病仲間の合宿)は、11名の参加者で楽しく賑やかに実現しました。今回も、心臓病や心臓手術を受けた経験者という共通項で結びついた絆の価値を、参加者各自が強く認識することができたのではないかと思います。

簡単に今回の行動をご紹介すると、14時に現地集合。地元の食材が豊富なスーパーアオキで買い出し。山の中にある会場まで車で移動。会場に到着し、一息ついて、お茶を飲みながら各自の自己紹介。そして、女性陣は夕食の下ごしらえ、男性陣は庭の果樹を収穫したり、バーベキュー用の炭を起こしたり。夕方からオープンエアのテラスで始まった夕食は、美味しいお酒(ドンペリ、ワイン各種、山葵焼酎など)を飲みながら、たらふく食べ、そして尽きることなく心臓について語り合う。この日ばかりは、泊まりなので電車に乗って家に帰る必要はなく、時間はたっぷりある。なのに、話が盛り上がり始めると時が経つのが異常に早く、あっという間に日付が替わって深夜に。

翌朝は雨。その雨が山や庭の樹木の緑を一層映えさせ、雨も悪くないなぁと私は思いましたが、別の参加者の皆さんはどう感じられたでしょうか。朝食は、暖かいご飯に鰹節を振りかけて、おろしたての山葵(わさび)をたっぷりのせて醤油をかけて作る自家製山葵丼。食べると新鮮な山葵の香りが鼻孔を駆け上り、目から涙が溢れ出てくるので、通称、涙丼。(河津は山葵の産地です。)朝食後は、朝のお薬の時間。心臓手術後、薬の処方が一切ない方もいっらしゃいます。でも、術後の予防や他の疾患に対する何かしらの日常薬を飲まれている方が多い。そこで、各自持参の薬をテーブルに並べて、薬の品評会。普段の生活では自分が飲んでいる薬を他人に積極的に見せるようなことはないので、こういう機会でないとあり得ない特殊な場面でした。そして、雨も一旦上がったので、腹ごなしの散歩を兼ねて山葵畑を見学。お昼は、テラスに設置されたピザ窯に炭で火を起こし、ピザを10枚ほど焼いて食べ収め。車組と電車組に分かれて都心に向かう帰路へ。

素晴らしい別荘会場を提供して下さったune燦々、地元から参加して頂いたかど屋さん、車出し、食材の買い出し、炭起こし、バーベキュー焼き、差し入れ食材の提供、掃除・片付けなど、関わった皆さんのご協力ありがとうございました。印象に残るとても良い集まりになったと思います。移動の車中での会話も有意義で楽しかったです。内容や感想については、参加者からのコメント報告があると思いますが、如何に。


会場入り口の手作りサインです。


庭側からの会場全景


収穫仕立ての完全無農薬自家製レモン。でっかいです。


料理長、似合ってます!


炭に火をつけるために、焚火場に火を入れたところ。慣れた仲間は長靴と手袋を持参していました。


今回の参加者全員です。


今回の参加者


今回の参加者


今回の参加者


朝食後、各自が服薬している薬を並べて品評会。薬フリーの方も数名います。


山葵丼。これは山葵少な目。もっと大胆にかけるのだそうです。


背景は山葵畑


ピザ窯でピザを焼くと美味しい!


2年半ぶりに再会したクロベエ。覚えてくれていたのかどうか分かりませんが、寄ってきてくれました。

<=PREV NEXT=>

術後三十九回目の外来(稲波脊椎・関節病院)

今日は、2008年12月に心臓手術を受けてから39回目の外来診察。ほぼ3か月毎。そして、そのすべてが南淵先生による診察。

豆パパさんの場合は、手術を受けられたのは私より2年近く遅い2010年9月。なのに、豆パパさんのブログによると59回目の外来受診を今月9日に受けられている。術前の診察も含まれているのか、また、受診のペースも違うのでしょうかね。

今日の看護師さんの採血は見事でした。スッ~と、一体いつ針が刺されたのかも感じられないくらいのスムーズさでした。それに比べて、自分の勤め先の会社で受ける定期健康診断の際の採血は、残念ながら毎年下手な方にあたります。

さて、今後の外来診察は、8月4日にオープンになる新横浜ハートセンターで南淵先生の診察を受けるか、それとも稲波脊椎関節病院での南淵先生の外来を継続するかは未定。でも、とりあえず、新横浜での外来模擬(?)患者になってくる予定です。レポートは追ってこのブログにて。


今日の外来仲間

<=PREV NEXT=>

平成29年度 考心会 総会&講演会

本日は、考心会。TTおじさん、Oさん、黒鉄さん参加。(深津さんのコメント:「今日は女性陣の出席が少ないねぇ~」)

南淵先生の講演:
■患者の不安の話。患者が必要もない薬を処方してもらって結果的に安心感を得ている状況が、無駄な医療費を増大させている。医者が患者への説明責任を避けて、薬を出しておけば黙って安心するからという医者側の心理も課題だとBSのテレビ番組で言いたかったそうだが時間切れで発言しきれなかったとか。
■7月に新横浜駅隣接の新横浜ハートクリニックがオープン予定。そこで、毎週日曜日に南淵先生が新たに外来検査・診察を始める予定とのこと。現在の昭和大学、稲波脊椎関節病院、南町田病院での外来では増え続ける術後患者のフォローがパンクしてきているそうだ。日曜に新たに外来診察の時間を作ることで引き続き術後患者のフォローもこなされていくとのこと。循環器内科の宮山友明先生が院長で、内科と外科が密接に連携したクリニックになるそうです。また、心臓リハビリの徳田先生もそこを拠点に活動されるようです。
■心臓手術はタイミングと気運が大事というお話。
■南淵先生自身の健康のお話。
■深津さんの近況報告。

大和成和病院の関宏先生の講演:
■7年間お仕事されたドイツの心臓病センターでのご経験を交えて、日本とドイツの心臓手術の違いを説明された。
■日本は約1億3千万の人口に対して年間の心臓手術件数が約55,000件、心臓手術を行える施設の数が540。ドイツは、約8千万の人口に対して年間10万件の心臓手術、施設の数は78しかない。施設当たりの手術件数を計算してみれば分かるが、ドイツは集約的に患者を扱うが故に仕事は分業的。エビデンスに基づいた判断で治療が行われる。関先生の所属されていた病院は年間3,500件の心臓手術を実施。外科要員は90人とのこと。
■ドイツ人の医者が不足。心臓外科医の世界も、世界中からやってきた外国人医師達。
■人工心肺を使わないオフポンプのバイパス手術は、日本ではバイパス手術の約6割であるのに対して、ドイツは10~15%。オフポンプの比率は日本が圧倒的に高い。バイパス手術での死亡率は日本が1%台なのに対して、ドイツは2.8~2.9%.。
■ドイツの大動脈弁置換術では、かつて機械弁と生体弁が半々くらいの比率で使われていたが、ここ数年は生体弁が植え込まれることがほとんど(9割9分以上?)とのこと。その理由には、生体弁の質が良くなり耐久性が増してきたことと、TAVIと呼ばれる経カテーテル手術の件数が増加しているため。
■胸骨の切開の仕方も、従来の正中切開以外に、MICS(低侵襲・小切開の心臓手術)や胸骨の部分切開(L字型、T字型など)など創を小さくする手術が増えてきている。しかし、肋骨に力を入れて隙間を作って手術すると、長く大きく切る正中切開よりも術後の痛みは大きいとか。
■劣化して古くなった生体弁の中に、新しい生体弁をTAVIの手法で植えつける手法の開発も医療メーカーで進められている。
■TAVIにより、これまでの心臓手術のやり方ではでリスクが高すぎる患者に対して心臓手術を実施できるようになった。しかし、長期成績は今後判断される。(どんな患者でもTAVIで心臓手術すればよいというものではない)
■僧帽弁の手術もMICS(低侵襲・小切開の心臓手術)がドイツでは多くなってきた。その理由に一つに、ドイツ人の身体は体格が良く大きいため、通常の正中切開よりも脇腹の上あたりからアクセスするMICSの方がかえって術野が良好なことがあるとのこと。
■閉鎖不全となった僧帽弁を、クリップを用いて前尖と後尖がうまくしまるようにする器具も開発されているそうだ。
■心臓移植は、現在、年間300件程(件数は減ってきている)。待機者より移植を受けることができる患者の数の方が圧倒的に少ない。しかも、移植後の成績が必ずしも良いわけではないらしい。よって、補助心臓の開発が急速に進められていて、この10年の間にも機器の携帯化による患者のQOLの向上は飛躍的に進んだようだ。

創立21年目の考心会。これまでは、「心臓手術後の生活を考える会」でしたが、今後は、「心臓病患者の生活を考える会」と会の名称を変更し、術後患者以外にも心臓病に関わる方全般に対象を拡大するとのこと。もちろん、これまで通り、参加資格に、手術を受けた病院や執刀医は関係ありません。年二回の講演会と、その内容を書き起こした冊子の配布等があって年会費4千円です。興味のある方は是非考心会にお問い合わせ頂ければと思います。このブログ仲間の参加がもっと増えれば、講演会後に軽く集まりもできるかと思います。

考心会ホームページ http://www.koushinkai.net/
考心会連絡先メールアドレス:exam@koushinkai.net

<=PREV NEXT=>

【開催案内】 (元)心臓病仲間の集まり番外編 in 河津

 (元)心臓病仲間の集まり番外編 in 河津の開催は終了しました。
--------------------

(元)心臓病仲間の集まり番外編ということで、伊豆半島南東部の河津桜祭りで有名な河津での泊まりの集まりを企画します。

(元)心臓病仲間のune燦々(うねさんさん)のご厚意により、自然一杯の素晴らしい環境にある別荘を会場としてご提供頂けることになりました。以前仲間数名で楽しませて頂いたときの様子はこちらの記事です。

◆日時: 6月24日(土)~25日(日)
◆場所: 静岡県賀茂郡河津町
◆参加人数: 10名程度(?)、今回は特に定員なし
◆参加資格: 心臓病経験者(術前、術後、かかっている病院を問わず)、及び、心臓病の医療関係者
◆参加費: 宿泊費1千円 + 食事・飲み代など実費を割り勘
◆宿泊: 男女別の相部屋。布団は7組まで用意あり。(毛布か寝袋持参で一人離れて寝たり、アウトドア派の方はテントを自然一杯のお庭に張って寝ることも可能。自分もそうしたいけど、テント持ってない!)。近くに宿泊施設もあり。
泊りが無理な方は、日帰りでの参加もOKです。

JR伊豆急行線の河津駅に6/24の午後2時集合を予定しています。
若しくは、自家用車で直接会場に来て頂いてもOKです。

参加ご希望の方は、カムバックハートこと鍋島までメール、または当ブログに参加希望の旨のコメントをお送り下さい。(初めての方は簡単なプロフィールもお願いします。) 

場所がいつもの横浜ではなくて伊豆なのと、泊まり前提なので参加人数はいつもより少ないかもしれません。ですが、いつものように時間を忘れて心臓について語り合い、美味しい食事と美味しいお酒美味しいデザートを楽しみたいと思います。

術前術後を問わず、初めてお会いする方の参加も大歓迎です。
皆様のご参加をお待ちしております。

カムバックハート(鍋島)

<=PREV NEXT=>

「半分の月がのぼる空」 「貴顕」

弁膜症の主人公が登場する小説の話。比較的有名なところでは、「半分の月がのぼる空」 橋本紡 でしょうか。手持ちの文庫本は2003年が初版ですが、調べたらその後、アニメ、TVドラマや映画にもなっているようです。小説以外は私は観てませんが。魅力的な女の子が心臓弁膜症ということで興味が深まるのと、ヤンキー上がりの看護師さんがなんとなく実在していそうなキャラで読んでいて楽しかったです。Tri-Xという白黒フィルムで写真撮影する話や、男なのにケーキ作りが趣味の脇役も印象に残っています。

一方、多分ほとんどの方が知らないと思われるマイナー系では、「貴顕」 三島由紀夫を上げてみましょう。三島由紀夫全集19巻に収録されている短編です。主役の登場人物が心臓弁膜症でやがては死に至る訳ですが、その病状進行の過程が、以前読んだ『闇にあっても光を』 関 茂子の関さんのそれと似ている気がしました。小説の舞台背景も関さんの時代に近いので心臓手術という選択肢はこの小説では現れてきません。心臓病を患っている患者の精神状況の見事な描写が素晴らしい。取材に基づく執筆だと思いますが(巻末の注釈によると28歳で亡くなった三島由紀夫の先輩をモデルにしているとのこと)、自分が患者本人ではないのに、患者の病気の進行とともに変化する日常生活における哲学的思考の変わりようを文章で的確に表現している。なかなか書けませんね。こんな文章は。三島由紀夫の偉大さが感じられます。
(文学に興味の無い方にはお勧めでないかも。)

この他にも、心臓弁膜症の主人公が登場する「小説」をご存じの方がいらっしゃたらコメント欄からお知らせ頂ければ幸いです。

<=PREV NEXT=>

BNR34さんを囲んでミニ集まり@町田

昨年秋の(元)心臓病仲間の集まりに参加して頂いたBNR34さんは、その時1か月後に大動脈弁の心臓手術を予定されていた。弁置換の予定だが生体弁にするか機械弁にするかの選択で迷われている時期であった。その後、12月中旬に生体弁を選択されて手術。リハビリも順調で、2月から仕事にも復帰されたとのこと。

面倒見の良い(元)心臓病仲間である薫さんの発案で、BNR34さんのご退院おめでとうのミニ集まりが町田で開催された。前回の集まりに参加できなかった仲間もやってきてくれてとても賑やかな会合になったのは、皆さんのご想像通り。



「術後、何か変化がありましたか?」の問いに、「それが案外何もなくて・・・」とのこと。
あまりにも順調過ぎた手術と術後の経過のお蔭で、術前から術後への変化が見えなかったのかもしれませんね。でもまだ術後3か月。変化を感じるのはこれからこれから。


術後3か月にしてはかなり綺麗なBNR34さんの創の長さは10cm。小切開で、胸骨をコの字型に切ったのだそうです。人工心肺の管も足のつけ根部分にある太い血管に指し込む方式だったとのこと。

<=PREV NEXT=>

術後三十八回目の外来(稲波脊椎・関節病院)

今年から勤務先での仕事が忙しくなった。達成感・充実感も増している。毎日、元気に仕事ができるということはありがたいことである。

勤務時間が長くなると、どうしても食事の管理が甘くなる。普段は昼と夜の2食だが、猛烈に脳細胞を使って仕事をしていると、糖分が不足するような気がして甘いものが欲しくなる。職場の同僚から差し入れされるおやつや自分で作った自家製酵母のパンを机で仕事しながらかじったりしている。また、自家焙煎した珈琲豆で点てる一日2杯のコーヒーは、仕事に欠かせないカフェイン補給の必需品である。夜遅く、家に帰る道すがら、急に缶ビールが飲みなくなり、これまた普段自宅では滅多にお酒を飲むことのない私が晩酌なぞというものをしてしまうここ最近。

ということで、今日の術後の定期検査と外来。乱れた血液検査の結果を予想する。が、前回同様、特に数値に問題なし。中性脂肪もコレステロールも、肝機能値も正常。体重も増減なし。良い方向に予想が外れた。この冬はこれまで風邪もひかず、もっとも、心臓手術後、免疫力が高まったお蔭なのか2009年5月以来、寝込むような風邪や発熱は一度も起こっていない。客観的状況では健康体を維持できているようで安心した。

南淵先生の診察でもいつもの通り問題なしとのこと。処方箋と次回の予約票をもらい会計。

今日は帰りに天王洲アイルで1997年から営業しているあの有名なT.Y.Harborで地ビールを美味しく飲んできた。以前から行きたいと思っていたお店だが、なかなか機会に恵まれず、ようやく今日実現。また行きたい!


診察室から出てきた外来仲間

<=PREV NEXT=>

南淵先生の著書 『ナースのちから(第2版)』

南淵先生の著書『ナースのちから』は、第1版が、CABG手術編という副題がついている冠状動脈バイパス手術がメインの内容だったが、昨年発行された第2版は新たに弁膜症手術の内容が加えられた。



弁膜症手術については、大動脈弁狭窄症(AS)と大動脈弁閉鎖不全症(AR)に対して行われる大動脈弁置換術(AVR)、そして私が受けた僧帽弁閉鎖不全症(MR)に対する僧帽弁形成術(MVP)の実際の術式や術後管理について詳しい説明がある。手術が適応となる客観的検査数値、弁のどこをどのように切って、縫うのか、術後に起こりうる突然の急変や不整脈についてなど、とても興味深い。術後の管理については、バイパス手術でも弁膜症手術でも、同じ心臓手術なので違いは少なそうだ。

『単元や用語を孫引きして活用していただくような本ではない、というイメージです。理系というより文系的な本、解説書というより物語風な内容だ、とご理解ください。』と冒頭に南淵先生が書かれている。心臓外科医が看護師向けに書いた本であるが、医学の専門書的な雰囲気はあまり感じられない。豊富なイラストやマンガは茂木保先生によるもの。ユーモアたっぷりでこれが実に面白い。また心臓や手術中の写真があり、世の中で起こった実際の医療ミスや訴訟などのエピソード、南淵先生自身が手術室で経験されたヒヤっとした場面の描写なども、医学知識の無い、我々(元)患者にも、容易に理解できる内容だ。患者にとって細かい薬の名前や検査の内容などは分からなくても良い。医者や看護師が、患者のどこをどのように診て、判断し、患者への対応を行っているのかが分かるのが、答えを見ながら問題集を説いている学生のような感じで面白い。

既に心臓手術を経験した患者なら、当時、患者である自分を周りの医者や看護師がとってくれた対応の意味を、客観的に思い返すことができるかもしれない。P.200 「いっちゃってる!ICUシンドローム」は、経験された方も多いと思うICUで味わうあの特殊な感覚が何なのか、またその対処方法を医学的に説明してある。ちなみに、ICUシンドロームって、男性にしか見られないそうです。P.213の漫画、ナブチ先生っぽくって笑えますね。P94.心停止の方法。こうやって心臓って止めるのかぁ。 P.31 大動脈弁が正常に三枚ある人が大動脈弁狭窄症になる確率は0.4%なのに、二尖弁の人は50%の確率で大動脈弁狭窄症になると言われているとか・・・

手術はうまくいったはずなのに、術後ICUで、突然原因不明の出血が発生することがあるそうだ。患者を手術室に戻して、再開胸するのか、このまま様子を見るのか。再開胸の判断を巡っての、医療人の心理や精神状態の説明はなるほどそういうこともあるのだなぁと思わせる。そして、それ故、如何に自分自身が信頼できる病院や医者選びが重要かを、この点からも改めて認めることができる。

『ナースのちから』は第1版も持っているので、見比べると、今回の第2版には「あとがき」も追加されてページ数も30頁程増えている。

心臓手術を受けられた方で、心臓手術に関する医学的なことを少しは理解したいという方にはご一読をお勧めしたい。自分は典型的な文系思考だという方でも、問題なく楽しく読んでもらえるのではないかと思う。

<=PREV NEXT=>

(元)心臓病仲間とのミニ昼食会 & 女性と男性の違い

以前、集まりでお会いした北関東在住の(元)心臓病仲間のHさんから先週連絡を頂いた。奥様と一緒にお仕事の関係で神奈川方面に見えられるとのことで、その機会を利用して本日昼食をとることができた。マダムアリスさんもやってきてくれて、にぎやかな雰囲気に。(元)心臓病仲間の輪が広がると、こうしたちょっとした再会の機会も持ちやすい。そして、いつも心臓のことが話題となる。慣れてくると無理したり疎かにしてしまいがちな体調管理のことなどに対しても、改めて気が引き締まって良いものだ。もちろん、心臓以外の話題についても、家庭や職場以外の人との会話は新鮮だ。

Hさんは心臓病で手術が必要だと分かった時、奥様がこのブログを見つけられてHさんに情報を伝えられたのだそうだ。患者本人以外のご家族や知り合いの方がこのブログを見つけて、患者本人に伝えられて連絡を頂くケースは実は多い。

そうした患者本人以外の方が私に連絡を下さる場合、まず例外なく、9割9分9厘と言ってよいのだが、それは女性なのだ。患者の奥様であったり、お母様であったり、お嬢さんであったり、恋人であったり・・・。

つまり、患者本人の場合は男性も女性も関係ないが、そうでない場合は、例えば、男性から「身内が心臓病になったので・・・」という連絡や相談を頂いたことは、ブログ開設から8年以上経つが記憶に無い。(と言い切っていますが、もしいらっしゃったらごめんなさい。それだけレアケースだということです。)

外来の時に、病院のロビーで周りの患者さんを何気なく観察して時間つぶしすることがある。すると、手術を受けるべきかどうかの重要な診察だと思われる日に付き添いに来られている方は、これまた圧倒的に女性なのだ。

この状況は、ひょっとして人類の本能的なものから起こっているのだろうか。女性は出産し子孫を育てるという役割(子育ては男性も行いますが。)があり、自分以外の大事な人の生命に関わる事柄を男性よりも、より真剣に捉えることができるのかもしれない。

南淵先生の本にも、「女性は自分が大事だと思う人をなんとかしようと一生懸命努力する」というようなことが、女性脳と男性脳の違いに触れて書かれていた。

<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード