BNR34さんを囲んでミニ集まり@町田

昨年秋の(元)心臓病仲間の集まりに参加して頂いたBNR34さんは、その時1か月後に大動脈弁の心臓手術を予定されていた。弁置換の予定だが生体弁にするか機械弁にするかの選択で迷われている時期であった。その後、12月中旬に生体弁を選択されて手術。リハビリも順調で、2月から仕事にも復帰されたとのこと。

面倒見の良い(元)心臓病仲間である薫さんの発案で、BNR34さんのご退院おめでとうのミニ集まりが町田で開催された。前回の集まりに参加できなかった仲間もやってきてくれてとても賑やかな会合になったのは、皆さんのご想像通り。



「術後、何か変化がありましたか?」の問いに、「それが案外何もなくて・・・」とのこと。
あまりにも順調過ぎた手術と術後の経過のお蔭で、術前から術後への変化が見えなかったのかもしれませんね。でもまだ術後3か月。変化を感じるのはこれからこれから。


術後3か月にしてはかなり綺麗なBNR34さんの創の長さは10cm。小切開で、胸骨をコの字型に切ったのだそうです。人工心肺の管も足のつけ根部分にある太い血管に指し込む方式だったとのこと。

<=PREV

術後三十八回目の外来(稲波脊椎・関節病院)

今年から勤務先での仕事が忙しくなった。達成感・充実感も増している。毎日、元気に仕事ができるということはありがたいことである。

勤務時間が長くなると、どうしても食事の管理が甘くなる。普段は昼と夜の2食だが、猛烈に脳細胞を使って仕事をしていると、糖分が不足するような気がして甘いものが欲しくなる。職場の同僚から差し入れされるおやつや自分で作った自家製酵母のパンを机で仕事しながらかじったりしている。また、自家焙煎した珈琲豆で点てる一日2杯のコーヒーは、仕事に欠かせないカフェイン補給の必需品である。夜遅く、家に帰る道すがら、急に缶ビールが飲みなくなり、これまた普段自宅では滅多にお酒を飲むことのない私が晩酌なぞというものをしてしまうここ最近。

ということで、今日の術後の定期検査と外来。乱れた血液検査の結果を予想する。が、前回同様、特に数値に問題なし。中性脂肪もコレステロールも、肝機能値も正常。体重も増減なし。良い方向に予想が外れた。この冬はこれまで風邪もひかず、もっとも、心臓手術後、免疫力が高まったお蔭なのか2009年5月以来、寝込むような風邪や発熱は一度も起こっていない。客観的状況では健康体を維持できているようで安心した。

南淵先生の診察でもいつもの通り問題なしとのこと。処方箋と次回の予約票をもらい会計。

今日は帰りに天王洲アイルで1997年から営業しているあの有名なT.Y.Harborで地ビールを美味しく飲んできた。以前から行きたいと思っていたお店だが、なかなか機会に恵まれず、ようやく今日実現。また行きたい!


診察室から出てきた外来仲間

<=PREV NEXT=>

南淵先生の著書 『ナースのちから(第2版)』

南淵先生の著書『ナースのちから』は、第1版が、CABG手術編という副題がついている冠状動脈バイパス手術がメインの内容だったが、昨年発行された第2版は新たに弁膜症手術の内容が加えられた。



弁膜症手術については、大動脈弁狭窄症(AS)と大動脈弁閉鎖不全症(AR)に対して行われる大動脈弁置換術(AVR)、そして私が受けた僧帽弁閉鎖不全症(MR)に対する僧帽弁形成術(MVP)の実際の術式や術後管理について詳しい説明がある。手術が適応となる客観的検査数値、弁のどこをどのように切って、縫うのか、術後に起こりうる突然の急変や不整脈についてなど、とても興味深い。術後の管理については、バイパス手術でも弁膜症手術でも、同じ心臓手術なので違いは少なそうだ。

『単元や用語を孫引きして活用していただくような本ではない、というイメージです。理系というより文系的な本、解説書というより物語風な内容だ、とご理解ください。』と冒頭に南淵先生が書かれている。心臓外科医が看護師向けに書いた本であるが、医学の専門書的な雰囲気はあまり感じられない。豊富なイラストやマンガは茂木保先生によるもの。ユーモアたっぷりでこれが実に面白い。また心臓や手術中の写真があり、世の中で起こった実際の医療ミスや訴訟などのエピソード、南淵先生自身が手術室で経験されたヒヤっとした場面の描写なども、医学知識の無い、我々(元)患者にも、容易に理解できる内容だ。患者にとって細かい薬の名前や検査の内容などは分からなくても良い。医者や看護師が、患者のどこをどのように診て、判断し、患者への対応を行っているのかが分かるのが、答えを見ながら問題集を説いている学生のような感じで面白い。

既に心臓手術を経験した患者なら、当時、患者である自分を周りの医者や看護師がとってくれた対応の意味を、客観的に思い返すことができるかもしれない。P.200 「いっちゃってる!ICUシンドローム」は、経験された方も多いと思うICUで味わうあの特殊な感覚が何なのか、またその対処方法を医学的に説明してある。ちなみに、ICUシンドロームって、男性にしか見られないそうです。P.213の漫画、ナブチ先生っぽくって笑えますね。P94.心停止の方法。こうやって心臓って止めるのかぁ。 P.31 大動脈弁が正常に三枚ある人が大動脈弁狭窄症になる確率は0.4%なのに、二尖弁の人は50%の確率で大動脈弁狭窄症になると言われているとか・・・

手術はうまくいったはずなのに、術後ICUで、突然原因不明の出血が発生することがあるそうだ。患者を手術室に戻して、再開胸するのか、このまま様子を見るのか。再開胸の判断を巡っての、医療人の心理や精神状態の説明はなるほどそういうこともあるのだなぁと思わせる。そして、それ故、如何に自分自身が信頼できる病院や医者選びが重要かを、この点からも改めて認めることができる。

『ナースのちから』は第1版も持っているので、見比べると、今回の第2版には「あとがき」も追加されてページ数も30頁程増えている。

心臓手術を受けられた方で、心臓手術に関する医学的なことを少しは理解したいという方にはご一読をお勧めしたい。自分は典型的な文系思考だという方でも、問題なく楽しく読んでもらえるのではないかと思う。

<=PREV NEXT=>

(元)心臓病仲間とのミニ昼食会 & 女性と男性の違い

以前、集まりでお会いした北関東在住の(元)心臓病仲間のHさんから先週連絡を頂いた。奥様と一緒にお仕事の関係で神奈川方面に見えられるとのことで、その機会を利用して本日昼食をとることができた。マダムアリスさんもやってきてくれて、にぎやかな雰囲気に。(元)心臓病仲間の輪が広がると、こうしたちょっとした再会の機会も持ちやすい。そして、いつも心臓のことが話題となる。慣れてくると無理したり疎かにしてしまいがちな体調管理のことなどに対しても、改めて気が引き締まって良いものだ。もちろん、心臓以外の話題についても、家庭や職場以外の人との会話は新鮮だ。

Hさんは心臓病で手術が必要だと分かった時、奥様がこのブログを見つけられてHさんに情報を伝えられたのだそうだ。患者本人以外のご家族や知り合いの方がこのブログを見つけて、患者本人に伝えられて連絡を頂くケースは実は多い。

そうした患者本人以外の方が私に連絡を下さる場合、まず例外なく、9割9分9厘と言ってよいのだが、それは女性なのだ。患者の奥様であったり、お母様であったり、お嬢さんであったり、恋人であったり・・・。

つまり、患者本人の場合は男性も女性も関係ないが、そうでない場合は、例えば、男性から「身内が心臓病になったので・・・」という連絡や相談を頂いたことは、ブログ開設から8年以上経つが記憶に無い。(と言い切っていますが、もしいらっしゃったらごめんなさい。それだけレアケースだということです。)

外来の時に、病院のロビーで周りの患者さんを何気なく観察して時間つぶしすることがある。すると、手術を受けるべきかどうかの重要な診察だと思われる日に付き添いに来られている方は、これまた圧倒的に女性なのだ。

この状況は、ひょっとして人類の本能的なものから起こっているのだろうか。女性は出産し子孫を育てるという役割(子育ては男性も行いますが。)があり、自分以外の大事な人の生命に関わる事柄を男性よりも、より真剣に捉えることができるのかもしれない。

南淵先生の本にも、「女性は自分が大事だと思う人をなんとかしようと一生懸命努力する」というようなことが、女性脳と男性脳の違いに触れて書かれていた。

<=PREV NEXT=>

たかしげエッセー 『心臓人工弁の終り』

たかしげさんから昨年頂いていたエッセーをご紹介します。
たかしげさん、今年も引き続きよろしくお願いいたします。
カムバックハート
------------------------------------------
八十路をいく身となると同年代の著名人の訃報に関心を持つようになる。自分自身にもひしひしと迫ってくる感じがする。人工弁やペースメーカーで命を支えられているから尚更だ。過日義兄が他界し葬儀に参列した。杖に援けられ心臓を患っている身体だと手を合わせるだけで、ただの参列者のような立場とならざるを得ない。

火葬が終わり骨上げの時、一つのお骨を二人で骨箸で挟んで骨壺に納めながら考えた。自分の場合は大動脈弁と僧房弁が機械式人工弁に置換されている。また、大動脈血管を10㎝ほどの長さを人工血管に置換してある。オマケのようにペースメーカーが左鎖骨下側に埋めてある。いろいろな人工物で補われた心臓で生きている。いや、生かされてるのかもしれない。しかし、いずれにしても生きてる者は「生者必滅、会者定離」だからいずれ逝くだろう。

火葬した後、ペースメーカーや機械式人工弁はどうなっているのか、焼けて跡形も無くなるのか ふと、脳裏をよぎる。1982年大動脈弁置換手術を受けた時に医師から機械式人工弁の材質はチタニューム材と聞いた。更に、2011年東日本大震災が発生した時は僧房弁置換手術を受ける待機中だった。血液抗凝固剤のワーファリンを服用するから同じに半永久的に寿命がある機械式人工弁に置換手術を受けた。

最初の手術からほぼ30年経過しているので不確かだが主材は新素材の炭素繊維らしい。
遺体の火葬温度は体格などで調整されるらしいが800~950℃程度らしいので機械式人工弁の残骸が残るのか、それとも跡形もなく焼けて無くなるのか興味がある。生体弁は当然人体と同じに焼却されるだろう。

自分の場合は骨上げの時に係員がどんな説明をするのだろうか、
副葬品の一部として見過ごされるかも知れないと思いながら係員の説明に耳を傾けた。
親戚縁者の前に置かれる遺骨は係員が選別したのだろう、ステンレスの塵取り風受け皿で机上に置かれた。それぞれのお骨の説明をしながら骨壺に納めていた。どのようなことでも知識と関心が無ければ聞き流してしまう。前述のような身体だから耳をそば立てて聞いた。

それぞれの身体の部位について喉仏・顎骨・背骨・頭蓋骨・・・・と骨の名を挙げて説明しながら骨盤から頭骸骨へと順序よく骨壺へ積み重ねて納めている。脚や腕の長い骨は納骨には長すぎるからか見当たらない。大きさが決まっている骨壺だからだろう。蓋が閉まるよう周囲を骨箸でザクザクと突いている。厳粛な儀式にしては抵抗を感じた仕種(しぐさ)だった。蓋を閉め、透明のビニールテープで密閉した骨壺を桐箱に入れて金襴(きんらん)緞子(どんす)の化粧袋がかぶされて喪主に丁重に手渡された。

一連の火葬納骨のプロセスで感じたことは、いま、30年余り命をつないでくれているペースメーカーや人工弁を遺品として残したいが火葬だから無理だろう。永年埋め込まれた人工弁などの鼓動を意識して助けられて来た愛着のあ命の源だ。今後も活躍を願い、火葬・骨上げの様子を視点を変えて興味深く眺め振り返ってみた。

  了
たかしげ
2016.10.20

<=PREV NEXT=>

術後三十七回目の外来(稲波脊椎・関節病院)

今日は三カ月毎の外来検査と診察の日。最近、間食したり、飽食気味で食事の管理が甘くなっていた割には、血液検査の結果は良好。全項目基準値内は久しぶり。(いつもヘマトクリットとかいう良く分からない検査項目がLowになっていたり、気を許すと中性脂肪が上昇したりしていました。)

外来ロビーに座っていると、南淵先生が診察室から出てきて、別の外来患者さんを紹介してくれた。私と同じ僧帽弁形成術を3年前に受けられたそうだ。南淵先生のところにはこのブログから知り合った患者を何人も紹介してきたが、逆に、南淵先生からも患者仲間を紹介してもらうという、そんなことが過去にも何度かあった。普通、医者の方から別の(元)患者を紹介してもらうことって無いですよね? またお会いしましょう! Sさん。

今日も前回に引き続き、京急線青物横丁駅近くの「鮨両」でにぎり寿司のランチ。美味しかったです。

おっと、今日の外来の写真が一枚もないではないか! 仕方なく文字だけでの外来報告です。

<=PREV NEXT=>

術後八回目の誕生日

今日は術後八年目の記念日。12月11日はここ数年快晴の日が多いようです。
術後3、4年経った頃から、創の変化はほとんどなくなりました。創の写真を毎年アップする意味もあまりありませんが、やはり記念にということで今年もアップしておきます。
創の長さは術後すぐ測った時は確か21cmでしたが、今日久しぶりに測ったら23cmくらいありました。(元)心臓病仲間の間では比較的長いほうです。



<=PREV NEXT=>

第十三回(元)心臓病仲間の集まり 開催報告

この集まりが開催される日はいつも天気に恵まれている。今回も雨と雨の間の晴天日和での開催。参加者は患者23名に加えて、南淵先生と深津さんにお越し頂いてのスペシャル版。

例によって、参加者の手術方式による内訳は、大動脈弁置換術8人(生体弁5人、機械弁3人)、大動脈弁形成術1人、先天性疾患ファロー四徴症による幼児期手術&成人後の三尖弁形成術1人、僧帽弁置換術3人(生体弁2人、機械弁1人)、僧帽弁形成術が12人(手術は重複を含む)。弁膜症サンプルの展示会ができそうだ。そして、来月大動脈弁の手術を予定されている方が1名、心臓が悪いと言われたが、さてどこの先生に執刀してもらおうかと情報集めされている方が1名。

いつも通り、参加者の自己紹介からはじまり、一巡した後、特別企画その1。私と三つ葉葵さんが2013年と2015年に南淵先生執刀の心臓手術の現場を見学させてもらった時に映した動画を上映。南淵先生や若手の先生達、器械だしの深津さんや人工心肺の技師さん等の働かれている様子が良く分かる。TVドラマではない、本物の心臓手術が行われている手術室の中の雰囲気を味わってもらえたのではと思う。引き続き、我々(元)心臓病仲間の一人、三つ葉葵さんが2年前にTVの医療番組に出演された時のハイライトを上映。更に、近年開催を予定している(元)心臓病仲間のポートレート展(写真展示会)の予告編と題して、ここ数年私が撮りためている仲間のポートレート写真の一部を先行公開。という訳で、集まりでは初めてやってみた約20分間のプロジェクター投影による上映会であった。

そして、本日のメインイベント。昭和大学北部病院教授の南淵明宏先生によるミニ講演会&質問タイム。先生と深津さんには折角の日曜日にこのような手作りのささやかな集まりにお越し頂いて、我々患者としては嬉しい限りです。今回第十三回目の開催ですが、これまで南淵先生と深津さんには過去4回も参加して頂いています。


南淵先生のお話

生体弁と機械弁のどちらを選ぶか、それは当事者にとって本当に悩ましい課題だと思う。どちらを選んでもそれなりのメリットデメリットがあるからだ。若くても再手術覚悟で生体弁を選ぶ方もいるし、80歳超えても機械弁で再手術された方もいる。年齢だけではなく、心臓以外に抱えている病気など諸々の状況も含めて決定する必要があるようだ。患者に選択を任せる医者もいるし、専門家である医者がその患者にとってベストな意見を与えてくれるのであればそれを患者なりに良く聴いて自分の判断につなげればよいと思った。来月手術を受ける予定の今回の参加者BNR34さんは、集まりの手術経験者から得られた体験談も参考にして近いうちに選択されることになるが、果たしてどちらを・・・

ワーファリンに関連する質問も毎回良く出される。南淵先生の分かり易い説明でみんな理解を深めて納得の様子。生体弁や形成された弁を長持ちさせる方法はないのか?と質問してみたが、そういう論文は世の中に発表されていないそうだ。

そんなこんなで、いつも間にかワイワイガヤガヤと自由歓談の状態へ流れ出すのはいつも通り。あっという間に時間が経ってしまい、記念の集合写真を撮影。(この写真は、今回都合で参加できなかったメンバーが、「あっ、誰々さん、元気そうだ!」「あれ、あの人最近参加してないね~」という噂話をする役に立つのだそうだ。)




中華街での二次会。13名参加。1次会は都合で参加できずとも2次会からでもわざわざ顔を出しにやってきてくれる仲間がいるところが嬉しい。ということで、まりさんのタッチフォーヘルス講座にみんな興味深々。オサミンさん、要コメントです!




お酒好き(?)の最近の(女性)メンバーの影響か、今回も3次会へ突入。場所はここしかないということで、いつものクラッシックなバーへ。8名参加。余韻たっぷりで、翌日になっても別世界にいるような気分の今回の集まりであった。

南淵先生と深津さん、参加頂いた皆様、どうもありがとうございました。


3次会のバーにて。

<=PREV NEXT=>

南淵先生ご出演のTV番組 ドクターG

この番組の放映は終了しました。

--------------------------------------

今週水曜日、南淵先生ご出演のテレビ番組が放映されます! お見逃しなく!

11月16日(水) NHK総合 午後10時25分~午後11時15分 「ドクターG」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ドクターG

<=PREV NEXT=>

第十三回(元)心臓病仲間の集まり 参加者募集のお知らせ

第十三回(元)心臓病仲間の集まりは終了しました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
次回の「(元)心臓病仲間の集まり」を下記の要領で開催いたします。

◆日時: 11月20日(日) 13時~17時 (開場は11時30分)
◆場所: 神奈川県横浜市元町付近(港の見える丘公園近く)
◆参加人数: 20名程度
◆参加資格: 心臓病経験者(術前、術後、かかっている病院を問わず)及び、心臓病の医療関係者
◆参加費: 会場代と飲み物代を割り勘(二千円程度の実費のみ)

集まり開始は13時ですが、開場は朝11時30分です。
いつも話足りない方、少な目の人数でより落ち着いてじっくり話をしたい方は、昼食のお弁当を持参の上早めにお越し下さい。また、2次会(自由参加)も横浜中華街にて予定しています。お酒が入ると参加者の皆さんの会話もまた弾みます。

参加ご希望の方は、カムバックハートこと鍋島までメール、または当ブログに参加希望のコメントをお送り下さい。(初めての方は簡単なプロフィールもお願いします。) 

以前、マダムアリスさんから頂いた言葉が集まりの意義をとても良く表現してくれているので改めて引用させて頂きます。
「心臓手術を経験することは、其々の人らしさの引き出しの数を増やしてくれる。みんなと知り合えたことも引き出しが増えたお陰。心臓病によって其々の人生に増えた引き出しを 閉ざしたままに聞き役にまわるも良し!少しだけ開けてみるも良し!全開で自分の経験や活動を語るもよし!参加された方々の気持ちや心に後ろ向きでは無い・・・暖かな陽射みたいなものをあなたの引き出しの中に残すことができれば、今回の集まりは大成功です」

現在心臓病を指摘されて不安を抱えていらっしゃる方など、術前の方の参加も大歓迎です。

今回は、南淵先生と深津さんが参加して下さる可能性があります。また、心臓手術見学などの動画上映も予定しています。

会話のきっかけ作りのために、出席者のみに配布する参加者プロフィールを事前作成します。参加希望者のご連絡を頂いた方に当方からメールで簡単なプロフィール記載のお願いをお送りします。

これまでに開催した集まりの様子はこちらの記事をご参照ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

カムバックハート(鍋島)

<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード