映画: アウェイク (2007年 アメリカ)

GYAOで現在無料視聴可能な映画、「アウェイク」 (2007年 アメリカ)を観ました。

(全米?で)年間2100万人が全身麻酔を受けるそうですが、そのうち、約3万人は、眠りにつくことができない術中覚醒という状態になるのだとか。。。肉体的には完全に麻痺状態だが、意識があり手術室の中の医師やスタッフの会話も聞こえるとのこと。0.14%の確率(1000人に14人)ですが、果たして本当なのでしょうか。それともフィクションなのでしょうか。

映画の内容については、心臓移植手術においてそういう術中覚醒がどのようなものなのかということと、人の信頼を完全に裏切る全く持って許せない医療行為のサンプルという二つの側面を観ることができました。まあ、術中覚醒を含めて作り物というストーリー仕立てではありますが、この事件の原因は医療訴訟に苦しむ医療者側の苦悩であるようなので、訴訟王国アメリカではありえなくもない話かなと思ってしまいます。胸骨の正中切開で、例のノコギリが出てきます。それで胸骨を切った後、開胸器をはめて胸を開くのですが、開きすぎたのか肋骨がポキッと折れてしまいます。「こりゃ、明日痛むぞ~」と呑気な医者の会話がでてくるのですが、胸骨正中切開経験者にとっては笑える場面ではありませんね。実際にはガバッと胸骨を開け開いても弾力性があるみたいなので、映画のようにポキッということはありえないと思いますが。。。

実際の手術では、点滴管から麻酔薬を投与されることでほんの数秒で意識はなくなるのが全身麻酔だと思います。ちなみに口にかけられたマスクから麻酔薬が流れてくる訳ではありません。あれは酸素。わたしは、過去に心臓手術と鼠径ヘルニア手術の時の2回全身麻酔を経験しています。大腸ポリープ切除術を受けた時も、ほんの数十秒間だけ意識が飛ぶ軽い麻酔か鎮痛剤をかけられました。いずれの時も、麻酔下での覚醒という経験はありません。手術室の中で、魂が肉体から離れて、上空から自分の肉体が手術を受けている様子を俯瞰して眺めるという話を聞いたことはあります。人間の肉体と魂を意識的に分離させることも訓練すれば可能らしいので、ありえない話ではなさそうです。ひょっとして、そういう経験された方って、このブログの読者でいらっしゃいますでしょうか?(松本良順さんが確かそんな経験があると言っていたような・・・)。 

わたしが高校生の時に、バイクに乗っていた自分が右折してきた車と交差点で衝突するという交通事故に出会いました。その時、わたしのバイクにぶつかってきた車の運転手と助手席に座っていた二人を「上空」から見つめた記憶があります。あれは、車に衝突する寸前のわたしの肉体から魂が一時退避するべく上方向に飛びあがった幽体離脱だったのではないかと思っています。幸い、その事故では大きな怪我はせずに済みました。ですが、その事故の後、家に帰る途中でなんとその日2度目のバイクの交通事故に遭遇してしまったのです。今度は頭を打ち意識喪失して入院することになってしまったのでした。運ばれた病院の看護師さんに同じ日に2度交通事故に会った珍しい患者さんと言われました。結果、特に治療を必要とせずに後遺症も無く1週間の入院で無事退院できたのは幸いでした。運転に対する意識が甘かった若い時の苦い思い出です。

<=PREV

術後四十三回目の外来(新横浜ハートクリニック)

台風が近づく中、新横浜ハートクリニックでの定期外来。今日は外来患者さんは少な目な感じ。10時頃到着。血液検査まで30分程待ち、その後は胸部レントゲン撮影、心電図、心エコー検査と淡々と続く。採血をしてくれた看護師さんも、心電図をとってくれた看護師さんも前回の外来の時と同じ方。心エコーの技師さんは前回とは違う方だった。途中、ロビーで、このブログの隠れ読者と仰る方から声をかけられて、少しお話。2009年3月に大和成和病院で南淵先生の手術を受けられて、半年毎の外来とのこと。

診察室に呼ばれて南淵先生と深津さんと再会。この10年近く、計40回を超える外来は今日も何も変わらず予定通り。レントゲン撮影のコピーをもらったが、心臓は肥大しておらず、小さくスリムな様子。血液検査結果は、概ね良好。そんな中、家に戻ってから気付いたのですが、CPKという検査項目の値が基準値上限200に対して347と高い数値。なんだこりゃと思ってインターネットで調べたら思い当たる原因が判明。実は2日前に行った海釣りで崖登りをして強度の筋肉痛状態での今日の外来検査。筋肉に炎症があるとCPKは高値になるようです。まあ、病気ではないということのようで一安心。

今日も同じ処方。術後ずっと変わらず同じ薬達。新横浜にある処方薬局は今回も空いていて5分程の待ち時間で処方薬を用意してくれた。良く考えたら、日曜日にやっている病院やクリニックは少ないので、日曜日の薬局って空いているものなのですね。

ということで、次回の外来は9月9日(日)@新横浜ハートクリニックです。

<=PREV NEXT=>

近況を徒然に

このブログですが、記事の更新間隔が1カ月以上経つと広告が出てきて読みづらくなりますね。
ということで、徒然に近況でも記してみたいと思います。

術後9年半になりますが、体調は変わらずとても元気にしております。毎日の服薬は続いていますが、自覚できる副作用や弊害のようなものは一切ありません。本来、薬なんて飲まないで生きていくのが人類の体には良いのでしょうけど、リスクをかけて毎日薬を飲むことで、抑えることができているリスクの方が現時点では大きいと思っています。

先日の記事に書きましたが、昨年より海釣りにはまっています。ウキフカセ釣りと言われる磯釣りは、お魚さんを寄せ集めるための相当な重量のエサを背負子で背負って足場の悪い溶岩質の磯の岩の上をスパイクシューズを履き、ライフジャケットを装備してとことこと歩いてポイントまで移動しています。これがなかなかに体力が必要で、始めた当初は心臓もバクバク状態でした。でも、最近は少し慣れてきました。早朝から夕方まで、磯で海を眺めて身を清めることで最高の充実感を得ることができます。(実際にはのんびり磯の景色を楽しむ余裕はないくらい、釣れても釣れなくても釣り作業は忙しいのですが・・・)。加えて、釣果があった日は脳内でエンドルフィンが大放出し、全ての疲れが飛び去って行きます。

ついでに趣味の話をもう少し書くと・・・勤務先で一日2杯のペーパードリップのコーヒーを飲むのが日課となっています。自宅ではネルドリップです。以前、同じ珈琲豆をペーパードリップとネルドリップで飲み比べたら、その味の差の大きさに驚いたことがあります。ペーパーでは豆の持っている味を全く引き出せていないなと。流石に会社の給湯室でネルドリップをやるのは難があるので、会社ではペーパーで我慢しています。生豆をキロ単位で購入し、1回500gを銘柄を代えながら隔週で自家焙煎しています。機材はサンプルロースターと言われる手動のドラム式のやつでガスコンロの上において手回しします。銀座にあるカフェ・ド・ランブルで焙煎については色々教えてもらいました。パンも好きで、イースト菌は使わない小麦粉の自然発酵種によるパンを焼いています。国産小麦の自然発酵種をぬかみそのように数年絶やさず冷蔵庫で繋ぎ続けています。林弘子さんが書かれている本でパン作りに目覚めました。また、パンはオーブンで焼くものという思い込みを、梶晶子さんのパン作りの本で払拭し、わたくしの書斎にあるカセットコンロと無水鍋で、立派な1kgクラスのカンパーニュが見事に焼けることが分かりパン作りを楽しんでいます。一昨年から昨年は折りたたみ自転車での輪行を行ったり、能面打ち教室への参加も行いましたが、これらに割く時間を今は釣りに投資している状況です。テレビはほとんど見ませんが読書は好きで、三島由紀夫の「豊穣の海」をたまたま読んだのが約2年前。彼の作品に引き込まれてしまい、他の作品も読みたいということで、三島由紀夫全集全42巻を図書館で借りながら読書中です。長編、短編、戯曲は読み終えて、ようやく第27巻の評論まで来ました。

話は変わって、心臓手術相談ラボですが、南淵先生に替わって藤崎先生が動画でご登場されていますね。昨日気付きました。
東京新聞に月に一回、南淵先生のコラム記事が掲載されていましたが、これも別の先生に変更になってしまったようです。
先日の考心会には参加できませんでした。後日、講演内容の冊子が送られてくるのでそれが届くのを楽しみにしたいと思います。考心会会長の山本さんの経歴やお仕事のことが先日の東京新聞にお写真入りで載っていて興味深く読ませてもらいました。
来月10日に新横浜で外来なので、先生と深津さんの近況を聞いてこようと思います。もし6月10日に新横浜ハートクリニックで外来の方がいらっしゃればロビーにてでもお声かけ頂ければと思います。

このブログは、元々私の手術体験を、これから手術を受ける方に参考にしてもらえたらと思って書き始めたのですが、その当初からの目的が達成されていることを記されたコメントを今週立て続けに2通頂き、少し感激状態に浸って今この文章を書いているわたくしでございます。毎度の(元)心臓病仲間の集まりですが、「次回の開催はどうなってるんだ?」という問い合わせを受けることもなく開催実行のプレッシャーを感じておらず、今のところ未定というのが実情です。今年はわたくしの術後10年の節目になりますので、集まりもやりたいなという気持ちは持っております。(元)心臓病仲間のポートレート展も未だ実現できず。あきらめた訳ではないですよ。某所に応募してみるかと思案している今日この頃です。

(元)心臓病仲間の皆さんの近況も、当ブログのコメントにお寄せ頂ければ幸いです。

カムバックハートこと鍋島

<=PREV NEXT=>

<番外編>心臓に関係ない話ですが・・・

このブログは心臓手術に関することしか記事にしていませんが、番外編の記事ということで一つだけ。

最近、実は、海釣りにはまっています。海釣りと言ってもその種類は広く、私が興味を持って勉強しているのは上物釣りと言われる地磯でのメジナ釣りです。体力的には結構ハードですが、大人になってからこんなにワクワクして充実感を感じることは久しぶりです。

もし、(元)心臓病仲間の中にも、同じような趣味の方がいらっしゃれば、お声かけ頂ければ幸いです。

カムバックハートこと鍋島

<=PREV NEXT=>

術後四十二回目の外来(新横浜ハートクリニック)

前回予告した通り、今日の外来から新横浜ハートクリニックに転院した。南淵先生の外来は、引き続き稲波・脊椎関節病院でも行われるし、なかなか気に入った病院だったのであえて移る必要はなかったのであるが。。。移った理由としては、仕事の都合で平日に有給休暇を取得することが以前より難しくなり、日曜日に行われる新横浜ハートクリニックの南淵先生の外来の方が都合が良いため。本当は平日に外来&街の散策して定期的に日頃の生活に息抜きを入れるのが心地よいのだが。休日返上で日曜日にまで外来を持たれている南淵先生と深津さんに感謝。大和成和病院で南淵先生の手術を受けてから、東京ハートセンター、稲波脊椎関節病院、新横浜ハートクリニックと4か所目の外来病院となった。

朝9時半受付開始とのこと。9時前に到着するとまだ開いていない。近くのファーストフード店でコーヒーを飲みながら時間を潰す。9時半少し前に出直すと、受付は開始されており、ロビーには受付を終えた患者さんが既に10人以上待機中。折角一番乗りしようと思っていたのに、油断して出遅れてしまった。

ビルの2階が受付、採血、心エコー、3階に徳田さんの心臓リハビリ室とCT、レントゲン、心電図室がある。検査着を来たまま、階を移動するのは少し面倒。今日の検査は、採血、心電図と心エコー。どの看護師・技師さんも患者とコミュニケーションを取って丁寧に対応して下さるので、その分時間がやや多めにかかるのは仕方のないところ。心エコーは技師さんによって流派のようなものがあるそうで微妙に患者の姿勢の取り方なんかが異なる。今日の技師さんのパターンも初めて。患者と技師さんの相性のようなものもあるのだろうか、今日の心エコー後の後味は今一つ。しばらくして呼ばれた診察室の中の南淵先生と深津さんはいつものご様子でした。先生に「聴診問題なし」と言って頂き、また元気が出てくる。血液検査と心電図の検査結果を紙でもらう。血液検査はHDLコレステロールと中性脂肪が僅かに上限超え以外は概ね良好。BNPは41(基準値範囲0~125)。心電図の検査結果は、波形を読めないのでなんとも言えないが、術後のいつもと同じ結果の模様。私の場合、術後は毎度、完全右脚ブロックが見られるが、特に不整脈がでる訳でもなく問題なし。会計を終えたのが、12時半であった。
大型の薬局&ドラッグストアがクリニックのすぐ近くにあり、日曜日にも関わらず比較的早く処方薬を用意してもらえた。

新横浜駅と直結で近くて便利だが、クリニック内はやや狭いのでロビーで患者同士でおしゃべりをするような雰囲気ではないですね。外来が終わった後に出向く飲食店は周辺に多数あり困らないと思います。次回外来は6月。



<=PREV NEXT=>

(元)心臓病患者&心臓病患者のためのセルフケア講座  参加報告

先週日曜日、ご案内しましたまりさん主催による、「(元)心臓病患者&心臓病患者のためのセルフケア講座 ータッチフォーヘルスなどキネシオロジー体験勉強会ー」に参加してきました。

参加人数は4人。講師も参加者も心臓手術経験者ということで、タッチフォーヘルス講座もそれにマッチした内容にカスタマイズして頂きました。みなさん、術後の回復が早く、大きなトラブルもなく元気になられた方ばかり。なので、そもそもこのような講座に参加する意味があるのかと思いきや、ところがどっこい、脳梗塞の不安、目の手術後の状況、崖から落ちて内出血になった足のケアなど、今の時点で参加者の皆さんが抱えている体の不調や不安に対して、セルフケアで対処する方法を丁寧に実演してもらいました。

ちょっと集中して自分の体の声を聞いてあげる。そうすることで、「病氣」を「元氣」に替えることができる。決して難しいことではない。誰にでもできること。心臓病という大きな病気を経験したからこそ、健康に対するありがたみの感受性が高い(元)心臓病仲間にはなかなか為になる講座だったと思います。2次会のジビエ料理、そして3次会のスイーツ(?)&コーヒータイムも楽しかったです。

タッチフォーヘルス講座を受講する機会があれば、一度参加してみることをお勧めいたします。

<=PREV NEXT=>

特別企画! (元)心臓病患者&心臓病患者のためのセルフケア講座

下記の講座の開催は終了いたしました。(開催報告は後日アップします)
-----------------------------------------------

(元)心臓病仲間のまりさんから、嬉しい企画のご提案を頂きました。
当ブログにて参加者を募集させて頂きます。ふるって参加ください。(カムバックハートも参加予定です)

まりさんは、タッチフォーヘルスの正式な資格を有するインストラクターさんであり、心臓手術経験者でもあります。

-----------------------------------------------
(元)心臓病患者&心臓病患者のためのセルフケア講座
ータッチフォーヘルスなどキネシオロジー体験勉強会ー

開催日時:
 2018年.3月4日 (日) 
 ① 13:15-15:00 体験▪勉強会
 ② 15:15-16:30 座談会

会費: 会場費、資料とお茶代 800円/人

定員: 先着10名 (5名以上で開催) *2/27までに5人集まらない場合は日程をリスケします。

参加条件: 心臓手術経験者 

場所:  東京都豊島区
     JR駒込駅 徒歩2分 (詳細は参加申し込み後お伝えします)

講師:  タッチフォーヘルスインストラクター まり

内容:  息切れやこり、痛み、気持ちが滅入る
      そう言ったときにできるセルフケア方法をご紹介します
  
挨拶:  手術後の体調の回復が大変ー。。。
    復職出来るの?くらいの体調からの回復まで
    あれこれと健康法をためしながら過ごしてます。
    息切れして歩くのやっとの時から
    復職できた今に至るまで
    セルフケアで使いやすいのがキネシオロジーです。
    私は使って元氣になって勢いで講師資格とっちゃいました。
    今のところ何人かの術後仲間に体験していただいても
    なんだか楽チンになっていただけてるので
    良い情報は皆とシェア。
    元氣になる過程の(元)患者同士の交流が目的です。
    
    セルフケア方法を試したい
    そんな皆様の奮ってのご参加お待ちしております。

注意:  医療の治療法ではなく、民間の健康法です。
    医療ケアの補助のためのセルフケアツールです。
    西洋医学の病気がなおるわけではありません。
    体感も個人差があり、効果を保証するものではないです。
    上述の点をご理解▪ご同意の上ご参加お願いいたします。

申し込み先: 
 当ブログの管理人 カムバックハートこと鍋島までメール下記事項を記入の上、
ご連絡ください。 (メール宛先: come_back_heart-blog@yahoo.co.jp)

 ①名前、②メールアドレス、③当日の連絡先電話番号
 ④傷病名、⑤どこの病院で手術したか
-----------------------------------------------------

<=PREV NEXT=>

(元)心臓病仲間の新年会

先週は関東に大雪が降ったり、異常に気温が下がったりしましたが、絶対いますね、最近の(元)心臓病イベントの参加者の中の誰かに・・・「晴れ男or女」が。いつも天候には恵まれる集まりです。

横浜の某飲食店で13時に開始。17時まで尽きることのないおしゃべりで、刹那的時間経過の速さ。
10名の参加者。昨年から連絡を取り合っていた小笠原諸島在住の仲間に初めてお会いできて嬉しかったです。


(マダムアリスさんは先に帰られたので集合写真に映っていません。)

2次会も当然やりました。お酒を沢山飲む人が多いです。初めてこの集まりに参加された方は大体驚かれます。みんなの飲みっぷりに。心臓を患ったことと、アルコールの摂取について因果関係はなさそうです。飲む人は飲むし、元々飲まない方は飲まないし。

次の企画のご提案待ちです。

<=PREV NEXT=>

弁膜症手術はいつ受けるべきなのか

今日の東京新聞朝刊、暮らしコーナーの健康相談に南淵先生の紙上診察室という記事が載っていました。ご参考までに要点をご紹介します。(大動脈弁閉鎖不全症の方の問い合わせに対する南淵先生の回答ですが、僧帽弁閉鎖不全症でも同じ回答が当てはまると思います。違いは大動脈弁の手術は弁置換が一般的なのに対して、僧帽弁は自己の弁を残した形成術でも治せる可能性が高いことです。)

質問: 大動脈弁閉鎖不全症の手術を早く受けるべきなのか、それとも悪化するまで様子を見た方が良いのか?

回答:
・聴診器で雑音が聞こえるので直ぐに診断可能。治療の要不要は心臓超音波検査で判断。
・重症の度合いは左心室がどれくらい肥大しているかで判定
・人工心肺で心臓を一旦止めて、人工弁に取り換える方法が一般的で最も安全
・小さい傷で済むという理由で行う小切開の手術は、安全性や有効性が確立されていないので避けるべきとう考えもあり
・経験と技術がある心臓外科医を選ぶことが大切
・心臓以外の病気などで体力が低下した状態で手術すると体の負担となり、手術で心臓が良くなっても回復が遅れることがある
・心臓手術を受けるならば、体力があるうち、症状が顕著でないうちに受けることがお勧め
・経験ある医療機関であれば2週間程度で退院可能。但し術前の生活や健康状態に影響され個人差あり。

<=PREV NEXT=>

(元)心臓病仲間の新年会

下記の新年会の開催は終了いたしました。
--------------------------------------------
新年あけましておめでとうございます。

(元)心臓病仲間の新年会を下記要領で開催いたします。
昨年南淵先生の手術を受けられた遠い南の島の仲間と初めてお会いする予定です。参加ご希望の方は、カムバックハートこと鍋島までメール、または当ブログに参加希望の旨のコメントをお送り下さい。

日時: 1月27日(土) 13時~
場所: 横浜駅から徒歩圏内の飲食店
人数: 10名程度

<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の49歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード