心臓リハビリ

心臓手術を受けた後は、心臓リハビリに取り組むという大きな楽しみがある。

心臓手術を受けたら、数カ月はベッドの上で絶対安静。運動なんてもってのほか。危険極まりない。心臓が止まってしまったり、修復した弁が壊れてしまうのでは?と多くの方が思っているように私も入院前はそう思っていた。

心臓手術についての本を読み、入院して入院患者やリハビリ室の理学療法士の先生から直接話を聞いて、その認識は実際とかなり違っているということに気付く。実際には術後は少しでも早く体を動かし始める方が結果的に回復が早くなるのだそうだ。

心臓病専門病院には、それこそ心臓リハビリ室なるリハビリ専門の部門がある。



リハビリと聞くと、辛いもの、動かない体を歯を食いしばりながら無理やり動かして頑張るものというイメージがあるが、心臓リハビリは違う。苦しみとは無縁で、体を動かすことによる充実感、爽快感を得ることができて実に気持ち良い。楽しみと書いた理由はそれだ。

胸骨正中切開した後のリハビリの実際は、まずは、ベッドから自力で起き上がることから。私の場合は手術翌日の朝、ICUのベッドから自力で立ち上がり、そのまま一人で一般病棟まで20m程歩いたのが最初。手術翌日の夜には、トイレまで点滴を持ちながら一人でスタスタと歩いていけるようになった。徐々に歩く距離を増やしていく。階段昇降もやる。そして、術後3、4日もすればリハビリ室へご招待となる。そこでの運動は、自転車こぎやベルトの上の歩行。大きなボールや紐を使った筋力トレーニングなど。



運動内容は、上記に加えて、更に、実際の社会復帰を前提としたプログラムが組まれている。例えば、片手に2kg程度の荷物を持って歩く運動をベルトコンベヤーの上で行ったり、洗濯バサミを挟む訓練を行ったり・・・。退院して直ぐに家事を始めなくてはならない主婦の方にとっても実に実践的なリハビリである。



リハビリ運動中はリアルタイムに心電図や血圧、心拍数が計測されていて、もし何か心臓に異常が発生すれば直ぐに察知できるようになっている。専門の理学療法士の方が傍に付き添って居て下さる安心感は大きい。ちなみに希望すれば退院後も心臓リハビリに通うこともできるようだ。



退院前日の最後の心臓リハビリの日にはリハビリ修了証書が授与される。それを思いがけずリハビリ室長から手渡される時の患者の気持ちは、「心臓手術を乗り越えたぞ! 頑張ったんだぞ!」という自身の気持ちが一気に昇華して涙溢れる瞬間であるようだ。と、まるで人ごとのように書いているのは、実は私はリハビリ修了証書をもらっていないから。私の入院していた頃にはリハビリはあれども修了証書を発行してもらえるというプログラムはまだなかったのだ。進歩しつつある心臓リハビリ室のメンバーが考え出した素晴らしいアイデアだと思う。



退院後も自宅療養においてリハビリは続く。それまで弁の逆流があるが故に人一倍頑張って負荷運動をしていた心臓。術後、治療が施され逆流の分の余計な力が必要なくなった心臓。新たな状況に適応するまでは様々な体の違和感も起こり得る。決して無理はせず、体の回復を暖かく見守り、体調の変化を楽しみながらリハビリ続けることができれば良いと思う。

順調な回復であれば、術後1カ月経てば体の自由はかなり効くようになり、3カ月も経てば術前に比べて数倍の元気な体力と強い精神力を得ることができていると思う。



<=PREV NEXT=>

術後3年半の体の調子

過去の記事に、術前術後の体調の比較を書いた。術後3年半を過ぎて改めて自分の体の状態を客観的に評価してみた。

(1)子供の頃から虫歯はあって継続的に歯医者に通っていたが、前回歯医者で治療したのは5年前。術後は歯医者要らず。毎年、会社の健康診断の際に歯科検診があるのだが、虫歯はなく歯石もほとんどついていない、歯磨きも丁寧に出来ていますと褒めてもらえた。ちなみに、歯磨きは食後できるだけ早く、朝、昼、晩の最低3回、時に4回丁寧に行っている。電動歯ブラシは使っていない。歯と歯茎の境目を丁寧にブラッシングしたり、一本一本の歯を10回づつ磨くことを意識したりしている。また一日一回は歯間ブラシを使用。それでも取れていない汚れがあるので、楊枝のようなもの(金属製の細長いもの)でそっと掃除。やりすぎは歯を痛めるので要注意。術前はよく歯茎から出血したり冷たい水を口に含むと痛かったりしたが、術後はそういう不具合は全くなくなった。
(2)術前は体が疲れると良く大量の鼻血が出たが、術後は一回もそういうことがない。バイアスピリンを飲んでいるから血液サラサラで出血すると止まりにくいと言われているが、そもそも出血しなくなったので問題がない。
(3)血液検査は、3か月毎の外来と年1回の会社の健康診断で年間5回も実施。中性脂肪がやや高めだったが、ここ2年は脂質、血糖、コレステロールの全てオールA。尿酸値だけは以前から高く術前から服薬を続けている。アロシトール200mgを一日一回。その結果、検査値は常に正常値を維持している。血圧も以前はかなり高かった。術前から降圧剤を服用。術後は、心臓の動きが元気過ぎたので働きを抑えるアーチストやワソランを服用していて、それらが血圧を下げてくれている為なのか、現在は120/80以下。
(4)ウエストサイズは、手術を受けた頃は恐らく80cmくらい。今は71cmになった。BMIはやせ気味と表示されるが、現在の体重が私にはベストの状態だと感じている。
(5)心電図検査をすると必ず出るのが、完全右脚ブロック。これは心臓手術で心臓の壁を開けるのにメスを入れた際に何かしらの繊維か何かが切られた結果だと本で読んだ記憶がある。心臓の働きには特に問題ないようなので無視している。
(6)術前は多少あった不整脈も今は全くない。そういえば最近は不整脈が無いなぁと思い出して気付いたくらいだ。ちなみに、周りに話を聞くと、不整脈とはどのような症状なのか分からない人が結構多い。これが不整脈だと実際に経験しないと、「脈が飛ぶのが不整脈だ」と言われても実感を得ることができないのだ。
(7)仰向けに寝れない状態が術前数年から続いていた。術後は胸骨をかばう必要性もあるので仰向けに寝ざるを得なかったが、その後再び仰向けに寝るのが何故か困難になった。寝入る際は横向きでしか寝れないが、夜中や朝方、目が覚めると結局仰向けに寝ていることが多いので単なる癖かなと思っている。
(8)右方向の首の痛みは術前からあったのだが、術後はかなり改善した。
(9)便秘も下痢もなく、お腹の調子はすこぶる快調。
(10)いつでもどこでも比較的容易に寝ることができる性格だが、最近、夜、美味しいコーヒーを飲むと眠れないことがあった。カフェインに敏感になったのか?
(11)早起きが辛くなくなった。これは年のせいだろうか?
(12)切羽詰まった時や、焦ったときでも落ち着いてゆっくり行動をとることができるようになった。それが副交感神経に作用し体をうまくコントロールしている気がする。

ところで、3度目の手術後、早くも約1カ月になるマダムアリスさん。やはり色々な体の変化が起きているようだ。こんなメールが今日届いた。
--------------------------------------------------------------------------------

後、皆の顔が今までと全く別人に見える人と、前以上に、綺麗に整って見える人と…不思議なくらい違いがあるんだけれど…( →_→)なんなんだろう…豚さんの弁が移植されたから!?まさかよね~???
心が清く、優しく、強く、響きやすくなったのは納得出来るけれど、見る目!?脳の発信角度が変わったの!?
受ける眼球が変わったの!?

本当に驚く変化なのよねっ、誰か弁置換した方で同じような体験者いるかなぁ~。
次回の集まりで、聞いてみ~ようd(⌒ー⌒)!

マダムアリス
--------------------------------------------------------------------------------

<=PREV NEXT=>

寒冬

術後3年2カ月の間、風邪を引いたのは一回だけ。それはちょっと油断した術後最初の5月のこと。その後は、まめな手洗いとうがい、それと適度な運動のお陰か全般的に良好な体調を維持している。免疫力がかつよより高まっているのが意識的に感じられる。我が家の子供たちがインフルエンザにかかっても、幸い一度もうつっていない。

そうした状況ではあるが、例年に増して寒さの厳しい寒冬の寒さが原因で困っていることがある。手の甲の部分の痛みだ。特に右手の場合が多いのだが、手の甲の骨の部分がジ~ンと痛む感じ。節電の影響で会社のオフィスの暖房も控えめなので、パソコンのマウスやキーボードを打つ操作をしているとジワジワと痛みがやってくることがある。大した痛みではないが、そのことが気になると集中力が途切れる。そうした時は、給湯室に行って温めの熱湯で足湯ならぬ手湯状態に暫し浸るのだ。

私は、これまで真冬でも、手袋やマフラーをろくにしたことがなかった。決して寒さに強い訳ではなかったが、このような不具合は感じたことはなかった。

寒さに特に弱くなるこの現象は術後から始まったようだ。術後の体の変化の一つだと思う。ちなみに、足の指やその他の場所はこのような冷えを感じない。まあこれも、暖かい季節になれば問題ないし、深刻な病状だとは思っていないので、冬は寒いということを体一杯で敏感に感じている証拠だとポジティブに判断したいと思う。

<=PREV NEXT=>

術後八日目

退院前日。

入院中最後のリハビリ室での運動。終わった後、看護師Eさんとリハビリ担当のTさんの記念撮影。

ちょっと、話が脱線するが、写真を撮ることを趣味としている私は、大和成和病院でお世話になった皆さんの写真を沢山撮っておいたのだ。

記録用にデジタルカメラも使うが、大事な写真は未だにフィルムにこだわっている。デジタルは便利だが、将来のメディアの互換性や保存性に不安があるのと、主観だが、映りに気持ちが入りにくい。一方、フィルムならば、細かい保存性の話は別として一応100年ほどの歴史が既にある訳だし、その場の雰囲気や空気感が映しこめると感じている。今回、病院での撮影は、手術後に重いカメラは扱えそうになかったので、TC-1という高性能コンパクトカメラを使った。そして、カラーではなくて白黒フィルムを選択した。その方が、病院のイメージに合いそうだったので。現像後、簡単なフォトブックにでもして病院に送ろうと思っている。

病室からの空病室から見た空 (TC-1 + Tri-X 400)

夕方、退院後の行動生活について、注意点などの説明をリハビリの先生から受ける。胸骨が完全に治るまでには2~3か月かかるので、それまでは、10kg以上の重たいものを持ったり、四つん這いになったり、観音開きのような動作はしてはいけないとのこと。車の運転も2、3か月は禁止。適度な運動は徐々に始めてよいそうだ。

<=PREV NEXT=>

術後七日目

術前と術後の体調の比較(手術後、2、3日目から感じ始めたことと、術後1ヵ月目あたりまでに感じたことをまとめています。)

・動悸が無くなった。これが一番ありがたい。例えば、映画館で大音響がすると、心臓に軽いショックや動悸を感じていたが、術後はホラーでもサスペンスでも、ロックコンサートでもなんでもござれ状態になった。身の安全の為にジェットコースターにも乗らないようにしていたが、多分これももう大丈夫だろう。
・他人が近くで咳をすると心臓に矢がグサッと刺さるような感じがあったが、それがなくなり、心臓がバリアで囲われているような感じがする。
・ここ数年、仰向けになって眠ることができなかったが、問題なく仰向けで眠れるようになった。(当初、睡眠時無呼吸障害かと思ったが、そうではなく、起座呼吸の初期症状であった模様。)
・首筋に筋肉痛のような痛みを頻繁に感じていたが、それが無くなった。
・睡眠時間が5、6時間でも大丈夫になった。昼寝をする癖がなくなった。
・疲れにくくなった。家族の買い物に付き合うとすぐに家に戻りたくなっていたが、今は大丈夫。心臓の無駄な動きが無くなって効率が上がったような感じがする。(でも、女性の買い物付き合いには未だゴメンである。)
・夜中に小便に起きることがなくなった。
・慢性的に下痢気味であったのが、一日一回、規則正しい普通の便になった。
・活動意欲が湧くようになった。あれこれ、新しいことをやってみたい衝動に駆られる。

という訳で、心臓の弁をちょっと手直ししただけなのに、術後の体調がそれまでと明らかに変わってきたことを実感することができる。術後数日でこれだけの変化を感じた訳だから、恐らく、これから仕事にも復帰する頃には、もっと違った体の変化を感じていることかもしれない。今は、本当に手術受けて良かった!と思っている

今日は、シャワーリハビリ。これがリハビリの最終試験らしい。シャワー前後に血圧と心電図を取る。問題なければ、次回から自由にシャワーを浴びて良く、退院も近づいてくる。一人で服を脱ぎ、シャワーで頭や体を洗う。創の部分は怖くてそっと撫でる程度にしか洗えなかった。久しぶりのシャワーだったのでとても気持ち良い。

ベッドの名札ベッド脇にある名札 (TC-1 + Tri-X 400)

夕方、看護師さんから、「週末に退院可能です!」との連絡を受ける。家族に迎えに来てもらう都合があるので、退院日は患者が決めることができるらしい。ここまで順調に回復できたことをありがたく思い、術後九日目の12月20日に退院でお願いする。クリスマスまでには家に帰りたいと思っていたが、早めに退院できることになりとても嬉しい!

入院生活に慣れてくると、特に体調の良い時は、このまましばらくのんびりした入院生活を楽しむのも悪くないなとふと思ったりする。なにせ三食付いて、看護師さんは面倒見てくれるし、仕事もしなくて良いし、テレビみたり、おしゃべりしたり、本を読んだりと、ある程度好きなことができる。また、入院期間が長い方が生命保険会社に掛けてある入院保険金を沢山もらえる訳で・・・(病院からの入院費の請求も増えるが・・・でもそれも高額医療補助対象ならば同月内なら自己負担への影響はないかも・・・)。

でも、大切な事は、退院できる状態になったのならば、入院待ちの別の患者さんの為に、早くベッドを空けて治療させてあげることではないかとも思う。

午後、栄養指導。栄養課の美人講師Tさんから、退院後の食生活について集団指導を受ける。塩分と脂分を控え目にする食事がポイント。自炊する人なら自分のことは自分でとなるのだが、もっぱら三食家族に作ってもらっている身分では、あまり大きなリクエストはつけられない。でも、体の為を考えて考慮してもらわねばなぁ。あと、外食は最大の敵のようだ。(たまには良いと思いますが。)主食、主菜、副菜、乳製品・果物をバランスよく取ることが大切。ワーファリンを飲んでいる間は、納豆は食べられない。でも、その他の食事制限は一切なし。思ったより自由だ。

ある日の病院食をご紹介。

ある日の朝食

ある日の夕食

朝: パン、マーマレード、マッシュポテト、オレンジゼリー、バナナ一本、ヨーグルト
昼: ご飯、つけ焼き(鶏モモ)、卵豆腐、しらす和え、リンゴ
夜: ご飯、ごまだれ蒸し、切干大根、磯辺和え(白菜)、味噌汁(なめこ)

  1794Kcal、塩分相当量 5.9g

朝: ご飯、味噌汁(里芋)、炒め煮、ごま味味噌和え(キャベツ)、ヨーグルト
昼: ご飯、ソースかけ(鶏モモ)、コールスローサラダ、わさび和え、パイナップル
夜: ご飯、香味焼き(シイラ)、中華風煮、おかか和え(ジャガイモ)、ぶどう

  1722Kcal、塩分相当量 5.6g

<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

カムバックハート


Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード