特別企画! (元)心臓病患者&心臓病患者のためのセルフケア講座

(元)心臓病仲間のまりさんから、嬉しい企画のご提案を頂きました。
当ブログにて参加者を募集させて頂きます。ふるって参加ください。(カムバックハートも参加予定です)

まりさんは、タッチフォーヘルスの正式な資格を有するインストラクターさんであり、心臓手術経験者でもあります。

-----------------------------------------------
(元)心臓病患者&心臓病患者のためのセルフケア講座
ータッチフォーヘルスなどキネシオロジー体験勉強会ー

開催日時:
 2018年.3月4日 (日) 
 ① 13:15-15:00 体験▪勉強会
 ② 15:15-16:30 座談会

会費: 会場費、資料とお茶代 800円/人

定員: 先着10名 (5名以上で開催) *2/27までに5人集まらない場合は日程をリスケします。

参加条件: 心臓手術経験者 

場所:  東京都豊島区
     JR駒込駅 徒歩2分 (詳細は参加申し込み後お伝えします)

講師:  タッチフォーヘルスインストラクター まり

内容:  息切れやこり、痛み、気持ちが滅入る
      そう言ったときにできるセルフケア方法をご紹介します
  
挨拶:  手術後の体調の回復が大変ー。。。
    復職出来るの?くらいの体調からの回復まで
    あれこれと健康法をためしながら過ごしてます。
    息切れして歩くのやっとの時から
    復職できた今に至るまで
    セルフケアで使いやすいのがキネシオロジーです。
    私は使って元氣になって勢いで講師資格とっちゃいました。
    今のところ何人かの術後仲間に体験していただいても
    なんだか楽チンになっていただけてるので
    良い情報は皆とシェア。
    元氣になる過程の(元)患者同士の交流が目的です。
    
    セルフケア方法を試したい
    そんな皆様の奮ってのご参加お待ちしております。

注意:  医療の治療法ではなく、民間の健康法です。
    医療ケアの補助のためのセルフケアツールです。
    西洋医学の病気がなおるわけではありません。
    体感も個人差があり、効果を保証するものではないです。
    上述の点をご理解▪ご同意の上ご参加お願いいたします。

申し込み先: 
 当ブログの管理人 カムバックハートこと鍋島までメール下記事項を記入の上、
ご連絡ください。 (メール宛先: come_back_heart-blog@yahoo.co.jp)

 ①名前、②メールアドレス、③当日の連絡先電話番号
 ④傷病名、⑤どこの病院で手術したか
-----------------------------------------------------

<=PREV

(元)心臓病仲間の新年会

先週は関東に大雪が降ったり、異常に気温が下がったりしましたが、絶対いますね、最近の(元)心臓病イベントの参加者の中の誰かに・・・「晴れ男or女」が。いつも天候には恵まれる集まりです。

横浜の某飲食店で13時に開始。17時まで尽きることのないおしゃべりで、刹那的時間経過の速さ。
10名の参加者。昨年から連絡を取り合っていた小笠原諸島在住の仲間に初めてお会いできて嬉しかったです。


(マダムアリスさんは先に帰られたので集合写真に映っていません。)

2次会も当然やりました。お酒を沢山飲む人が多いです。初めてこの集まりに参加された方は大体驚かれます。みんなの飲みっぷりに。心臓を患ったことと、アルコールの摂取について因果関係はなさそうです。飲む人は飲むし、元々飲まない方は飲まないし。

次の企画のご提案待ちです。

<=PREV NEXT=>

(元)心臓病仲間の新年会

下記の新年会の開催は終了いたしました。
--------------------------------------------
新年あけましておめでとうございます。

(元)心臓病仲間の新年会を下記要領で開催いたします。
昨年南淵先生の手術を受けられた遠い南の島の仲間と初めてお会いする予定です。参加ご希望の方は、カムバックハートこと鍋島までメール、または当ブログに参加希望の旨のコメントをお送り下さい。

日時: 1月27日(土) 13時~
場所: 横浜駅から徒歩圏内の飲食店
人数: 10名程度

<=PREV NEXT=>

術後四十一回目の外来(稲波脊椎・関節病院)

今日は、術後丸九年を過ぎた直後の定期外来検査&診察@稲波脊椎・関節病院です。

朝の受付開始前から患者さんが普段より沢山ロビーにいて、あっという間に受付番号が進行していく。私は、再診察なので自動受付機に診察券を差し込んで簡易受付完了。患者の数に関わらず、血液検査、心エコー、心電図検査は待ち時間のストレスもなく迅速に進行。看護師さんや技師さんの手際がよく、検査の順番を臨機応変に入れ替えたりなどの効率を上げる対応を取られていた。

3か月毎の外来では、前回の外来の時にロビーで見かけた同じ方を、今日も見かける。前回私に声をかけて下さった二人組の女性患者仲間とも再会。お二人には先日の集まりに参加して頂く予定であったが、原因不明の斑点が脚に出て通院のため残念ながら欠席された。今日お会いしてお元気そうにされていたので一安心。

南淵先生の診察もいつも通りにはじまり、いつも通りに素早く終了。外来の流れが全てスムーズ。病院スタッフの方々の対応も良くて、時間待ちも少ない。待合ロビーも広い。以前、日々の飲み薬の量を間違えて失神してしまった時の救急病院からの問い合わせに対する迅速さも好印象など、結構気に入っている稲波脊椎・関節病院であるのだが、次回の外来は、新横浜ハートセンターに転院することにした。次回からは、日曜日午前の外来となる。

あと、稲波脊椎・関節病院に隣接している友愛薬局。ここも処方箋提出からの薬の手配が早く、また、薬剤師の方が親身に薬の相談にのってくれるのでお気に入りの薬局です。薬そのものと価格はどこの薬局でも同じなので、どうせ買うならば気持ち良く薬を買えるところがいいですからね。(大手量販店系の薬局は時間がかかるし対応がどうしてもマニュアル的な気がします。)新横浜ハートセンターに転院を決めた後、実は薬局も代えなくちゃいけないと気付いて、少ししまったかなと思っています。ちなみに、友愛薬局は千葉県にはあるけれど、神奈川県にはないそうです。


30分前に受けた心エコーの検査結果を、当日の外来で直ぐに見せてもらえます。


今日の南淵先生と深津さん。


久しぶりに南淵先生とのツーショット。

午後は、心臓手術から6年経った今年夏に脳梗塞で倒れられた(元)心臓病仲間のお見舞いに行ってきました。心臓は元気なのに脳梗塞のために現在不自由にされています。我ら仲間のマダムアリスさんが言っている「逆境の時にこそ気持ちは強く!前向きに!」の心で、倒れられた仲間にはリハビリを頑張ってもらい、また(元)心臓病仲間の集まりでお元気なお姿を拝見したいです。

<=PREV NEXT=>

術後九回目の誕生日

12月11日。自分が心臓手術受けたこの日は何年経っても忘れません。子供のころは、誕生日プレゼントをもらうためなのか、自分の誕生日を忘れないものだが、大人になると段々忘れがちになる、若しくは、あえて年齢を重ねるのを忘れたくなるものです。しかし、第二の誕生日(=心臓手術日)は子供のころの誕生日のように、私にとっては毎年やってくる記念すべき日であり、術後今日この日まで元気に過ごせていることを改めて感謝する日なのです。

毎年書いている過去の術後の誕生日記事。欠かすわけにはいかない感じなので、今年も開胸後9年経った胸の創の写真をアップします。もう経年による変化らしい変化はありません。幸いにもケロイドにならなかったので、創についての悩みや心配はこれまで持つに至らず、温泉でも公衆浴場でも全く気にしたことはありません。



そういえば、(元)心臓病仲間のTさんは12月7日、私は12月11日、BNR34さんは12月13日と、結構近い日付に3人の心臓手術日が重なっていました。そして、その3人が12月9日に集まりの幹事役を行ったのでした。何かの縁でしょうかね。

<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の49歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード