術後九回目の誕生日

12月11日。自分が心臓手術受けたこの日は何年経っても忘れません。子供のころは、誕生日プレゼントをもらうためなのか、自分の誕生日を忘れないものだが、大人になると段々忘れがちになる、若しくは、あえて年齢を重ねるのを忘れたくなるものです。しかし、第二の誕生日(=心臓手術日)は子供のころの誕生日のように、私にとっては毎年やってくる記念すべき日であり、術後今日この日まで元気に過ごせていることを改めて感謝する日なのです。

毎年書いている過去の術後の誕生日記事。欠かすわけにはいかない感じなので、今年も開胸後9年経った胸の創の写真をアップします。もう経年による変化らしい変化はありません。幸いにもケロイドにならなかったので、創についての悩みや心配はこれまで持つに至らず、温泉でも公衆浴場でも全く気にしたことはありません。



そういえば、(元)心臓病仲間のTさんは12月7日、私は12月11日、BNR34さんは12月13日と、結構近い日付に3人の心臓手術日が重なっていました。そして、その3人が12月9日に集まりの幹事役を行ったのでした。何かの縁でしょうかね。

<=PREV NEXT=>

術後八回目の誕生日

今日は術後八年目の記念日。12月11日はここ数年快晴の日が多いようです。
術後3、4年経った頃から、創の変化はほとんどなくなりました。創の写真を毎年アップする意味もあまりありませんが、やはり記念にということで今年もアップしておきます。
創の長さは術後すぐ測った時は確か21cmでしたが、今日久しぶりに測ったら23cmくらいありました。(元)心臓病仲間の間では比較的長いほうです。



<=PREV NEXT=>

術後七回目の誕生日

12月11日。心臓手術を受けてから昨日で丸七年経った。手術後の体調は引き続き良い状態が続いている。
七年前のこの日、この時間に起こっていたことをやはり今年も思い出す。


毎年恒例の創の写真。開胸した心臓手術から7年。創の色はもう変化していません。

<=PREV NEXT=>

心臓手術から六年

2008年12月11日の手術から丸六年。術後最初の一年くらいは脈が速かったが、それも落ち着き、不整脈もなく、血圧も良好だ。心臓手術を受けるという選択を6年前にしたことが、体調以外にも自分を良い方向に導いてくれているのをまざまざと感じる。


開胸した心臓手術から6年目の創

<=PREV NEXT=>

術後5回目の誕生日

すっかりブログの更新が遅くなってしまったが、12月11日は術後5周年だった。5年経ってもこの日はやはり特別だ。5年前の朝9持前、ちょうど今頃、手術室に向かっていたなぁと想起する。冬晴れのピリっと引き締まった空気に包まれた天候も5年前と同じだった気がする。

この5年間、術前と比べると体調ははるかに良くなった。心臓手術を契機にして健康面も精神面も大きく変化したのは間違いない。(元)心臓病仲間との交流はブログを介して拡大してきたし、この先もずっと続いていくことだろう。


術後5周年の創あと

さて、今日は外来&(元)心臓病仲間との忘年会です。

<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の49歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード