スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後四十二回目の外来(新横浜ハートクリニック)

前回予告した通り、今日の外来から新横浜ハートクリニックに転院した。南淵先生の外来は、引き続き稲波・脊椎関節病院でも行われるし、なかなか気に入った病院だったのであえて移る必要はなかったのであるが。。。移った理由としては、仕事の都合で平日に有給休暇を取得することが以前より難しくなり、日曜日に行われる新横浜ハートクリニックの南淵先生の外来の方が都合が良いため。本当は平日に外来&街の散策して定期的に日頃の生活に息抜きを入れるのが心地よいのだが。休日返上で日曜日にまで外来を持たれている南淵先生と深津さんに感謝。大和成和病院で南淵先生の手術を受けてから、東京ハートセンター、稲波脊椎関節病院、新横浜ハートクリニックと4か所目の外来病院となった。

朝9時半受付開始とのこと。9時前に到着するとまだ開いていない。近くのファーストフード店でコーヒーを飲みながら時間を潰す。9時半少し前に出直すと、受付は開始されており、ロビーには受付を終えた患者さんが既に10人以上待機中。折角一番乗りしようと思っていたのに、油断して出遅れてしまった。

ビルの2階が受付、採血、心エコー、3階に徳田さんの心臓リハビリ室とCT、レントゲン、心電図室がある。検査着を来たまま、階を移動するのは少し面倒。今日の検査は、採血、心電図と心エコー。どの看護師・技師さんも患者とコミュニケーションを取って丁寧に対応して下さるので、その分時間がやや多めにかかるのは仕方のないところ。心エコーは技師さんによって流派のようなものがあるそうで微妙に患者の姿勢の取り方なんかが異なる。今日の技師さんのパターンも初めて。患者と技師さんの相性のようなものもあるのだろうか、今日の心エコー後の後味は今一つ。しばらくして呼ばれた診察室の中の南淵先生と深津さんはいつものご様子でした。先生に「聴診問題なし」と言って頂き、また元気が出てくる。血液検査と心電図の検査結果を紙でもらう。血液検査はHDLコレステロールと中性脂肪が僅かに上限超え以外は概ね良好。BNPは41(基準値範囲0~125)。心電図の検査結果は、波形を読めないのでなんとも言えないが、術後のいつもと同じ結果の模様。私の場合、術後は毎度、完全右脚ブロックが見られるが、特に不整脈がでる訳でもなく問題なし。会計を終えたのが、12時半であった。
大型の薬局&ドラッグストアがクリニックのすぐ近くにあり、日曜日にも関わらず比較的早く処方薬を用意してもらえた。

新横浜駅と直結で近くて便利だが、クリニック内はやや狭いのでロビーで患者同士でおしゃべりをするような雰囲気ではないですね。外来が終わった後に出向く飲食店は周辺に多数あり困らないと思います。次回外来は6月。



<=PREV NEXT=>
スポンサーサイト

術後四十一回目の外来(稲波脊椎・関節病院)

今日は、術後丸九年を過ぎた直後の定期外来検査&診察@稲波脊椎・関節病院です。

朝の受付開始前から患者さんが普段より沢山ロビーにいて、あっという間に受付番号が進行していく。私は、再診察なので自動受付機に診察券を差し込んで簡易受付完了。患者の数に関わらず、血液検査、心エコー、心電図検査は待ち時間のストレスもなく迅速に進行。看護師さんや技師さんの手際がよく、検査の順番を臨機応変に入れ替えたりなどの効率を上げる対応を取られていた。

3か月毎の外来では、前回の外来の時にロビーで見かけた同じ方を、今日も見かける。前回私に声をかけて下さった二人組の女性患者仲間とも再会。お二人には先日の集まりに参加して頂く予定であったが、原因不明の斑点が脚に出て通院のため残念ながら欠席された。今日お会いしてお元気そうにされていたので一安心。

南淵先生の診察もいつも通りにはじまり、いつも通りに素早く終了。外来の流れが全てスムーズ。病院スタッフの方々の対応も良くて、時間待ちも少ない。待合ロビーも広い。以前、日々の飲み薬の量を間違えて失神してしまった時の救急病院からの問い合わせに対する迅速さも好印象など、結構気に入っている稲波脊椎・関節病院であるのだが、次回の外来は、新横浜ハートクリニックに転院することにした。次回からは、日曜日午前の外来となる。

あと、稲波脊椎・関節病院に隣接している友愛薬局。ここも処方箋提出からの薬の手配が早く、また、薬剤師の方が親身に薬の相談にのってくれるのでお気に入りの薬局です。薬そのものと価格はどこの薬局でも同じなので、どうせ買うならば気持ち良く薬を買えるところがいいですからね。(大手量販店系の薬局は時間がかかるし対応がどうしてもマニュアル的な気がします。)新横浜ハートセンターに転院を決めた後、実は薬局も代えなくちゃいけないと気付いて、少ししまったかなと思っています。ちなみに、友愛薬局は千葉県にはあるけれど、神奈川県にはないそうです。


30分前に受けた心エコーの検査結果を、当日の外来で直ぐに見せてもらえます。


今日の南淵先生と深津さん。


久しぶりに南淵先生とのツーショット。

午後は、心臓手術から6年経った今年夏に脳梗塞で倒れられた(元)心臓病仲間のお見舞いに行ってきました。心臓は元気なのに脳梗塞のために現在不自由にされています。我ら仲間のマダムアリスさんが言っている「逆境の時にこそ気持ちは強く!前向きに!」の心で、倒れられた仲間にはリハビリを頑張ってもらい、また(元)心臓病仲間の集まりでお元気なお姿を拝見したいです。

<=PREV NEXT=>

術後四十回目の外来(稲波脊椎・関節病院)

品川区の稲波脊椎・関節病院での南淵先生の外来。朝一に受付し10時過ぎには会計を終える超ハイスピード。

日曜午前に南淵先生が新たに外来を持たれている新横浜ハートセンターには未だ行っておりません。次回、3か月後の外来は引き続き稲波脊椎・関節病院で受けることにしました。もちろん南淵先生の外来です。

平日の水曜午前に病院通いというタイミングはオフィシャルに仕事の休みを取る口実になります。慣れてきた青物横丁~天王洲アイル界隈の街の雰囲気と、また、稲波脊椎・関節病院の待合ロビーで本日知り合った仲間の方々との次回の再会も約束しましたので。

<=PREV NEXT=>

術後三十九回目の外来(稲波脊椎・関節病院)

今日は、2008年12月に心臓手術を受けてから39回目の外来診察。ほぼ3か月毎。そして、そのすべてが南淵先生による診察。

豆パパさんの場合は、手術を受けられたのは私より2年近く遅い2010年9月。なのに、豆パパさんのブログによると59回目の外来受診を今月9日に受けられている。術前の診察も含まれているのか、また、受診のペースも違うのでしょうかね。

今日の看護師さんの採血は見事でした。スッ~と、一体いつ針が刺されたのかも感じられないくらいのスムーズさでした。それに比べて、自分の勤め先の会社で受ける定期健康診断の際の採血は、残念ながら毎年下手な方にあたります。

さて、今後の外来診察は、8月4日にオープンになる新横浜ハートセンターで南淵先生の診察を受けるか、それとも稲波脊椎関節病院での南淵先生の外来を継続するかは未定。でも、とりあえず、新横浜での外来模擬(?)患者になってくる予定です。レポートは追ってこのブログにて。


今日の外来仲間

<=PREV NEXT=>

術後三十八回目の外来(稲波脊椎・関節病院)

今年から勤務先での仕事が忙しくなった。達成感・充実感も増している。毎日、元気に仕事ができるということはありがたいことである。

勤務時間が長くなると、どうしても食事の管理が甘くなる。普段は昼と夜の2食だが、猛烈に脳細胞を使って仕事をしていると、糖分が不足するような気がして甘いものが欲しくなる。職場の同僚から差し入れされるおやつや自分で作った自家製酵母のパンを机で仕事しながらかじったりしている。また、自家焙煎した珈琲豆で点てる一日2杯のコーヒーは、仕事に欠かせないカフェイン補給の必需品である。夜遅く、家に帰る道すがら、急に缶ビールが飲みなくなり、これまた普段自宅では滅多にお酒を飲むことのない私が晩酌なぞというものをしてしまうここ最近。

ということで、今日の術後の定期検査と外来。乱れた血液検査の結果を予想する。が、前回同様、特に数値に問題なし。中性脂肪もコレステロールも、肝機能値も正常。体重も増減なし。良い方向に予想が外れた。この冬はこれまで風邪もひかず、もっとも、心臓手術後、免疫力が高まったお蔭なのか2009年5月以来、寝込むような風邪や発熱は一度も起こっていない。客観的状況では健康体を維持できているようで安心した。

南淵先生の診察でもいつもの通り問題なしとのこと。処方箋と次回の予約票をもらい会計。

今日は帰りに天王洲アイルで1997年から営業しているあの有名なT.Y.Harborで地ビールを美味しく飲んできた。以前から行きたいと思っていたお店だが、なかなか機会に恵まれず、ようやく今日実現。また行きたい!


診察室から出てきた外来仲間

<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の49歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。