小児の臓器移植

既に報道でご存知の方も多いと思うが、世界保健機関(WHO)が、来月、自国以外での移植の自粛を求める宣言を採択するそうだ。早晩、海外渡航により臓器移植を受けることが不可能になるらしい。現在、日本国内で臓器移植が可能なのは、十五歳以上のドナーからという法律がある。臓器の適応性を考慮すると、十五歳未満で臓器移植を必要とする患者の唯一の助けの道であった海外での臓器移植の道が閉ざされようとしている。

十五歳未満のドナーからの臓器移植を禁止する法律を今後改正するべきか、マスコミでも話題になりつつある。

実は私の比較的身近に、最近、子供さんが海外で心臓移植手術を受けたという方がいる。マスコミで発表し、募金を募り、アメリカに渡って無事に移植手術を終えて、今は元気に回復されているようだ。

また、数年前、私がアメリカ・マイアミに滞在していた際、たまたま知り合ったドクターに、加藤友朗先生がいる。現地に住む日本人同士の集まりの中で、二回程、一緒にお酒を飲ませて頂いた。実は、当時、私は加藤先生の経歴を何も知らなかった。外科医だとは聞いていたが、マイアミ大ジャクソン記念病院で働かれる臓器移植の分野では大変優秀な先生だということを知ったのは帰国後であった。中でも、多臓器同時移植については、多くの事例が報道され世界的にも第一人者の名外科医なのだそうだ。日本からも臓器移植を必要とする沢山の子供たちが渡米して、加藤先生の手術を受けて助かっている。

このような事例が、今後はどうなるのだろうか・・・

ちなみに、加藤友朗先生の著書はこちら。(これらの著書に記されているベネズエラでの事例が起こっていた頃、丁度、私は加藤先生と会っていた。「ベネズエラでやる事があるんだよなぁ・・・」とおっしゃっていた意味が、数年後、この本を読んでよく理解できた。)

移植病棟24時
移植病棟24時 赤ちゃんを救え!

<=PREV NEXT=>

近況報告

最近は心臓病関係のネタも切れてきて、更新が滞りがちになってきた。順調に社会復帰後の生活を過ごせている証拠かと言い訳しておこう。

術後、早くも4ヵ月を過ぎてしまっていることに気付いた。心臓手術を受けたことによる肉体的な行動の不具合は、もうすっかり無くなった。走ったり、重いものを持ったり、運転したり、何でもできる。当たり前に何でもできることが妙にありがたい。

体重は見事に退院時のそれをキープできている。体温も毎日測っているが、発熱することは全くない。血圧も120/80あたりと絶好調。唯一、脈拍がまだ90くらいある。

胸の創は、日増しに色も薄くなり、縫い目もきれいな皮膚の繋がりになってきた。皮膚科で早めに診てもらって、塗り薬をこまめに塗りつけたお陰かもしれない。その内、最新の創口の写真をアップしたいと思う。

心臓手術がこの世で始まってまだわずか60年程(?)。 つまり、人工心肺が発明されて初めて心臓の中を手術することが出来るようになったのだと思う。それまでは、弁膜症にかかってしまえば、寿命として諦めるしかなかったのかもしれない。

弁膜症の治療も、現在は弁置換よりも、出来るだけ形成術を適応させようという方向にあるようだ。私も幸い形成術で生還することが出来た。

これまでに、このブログを見て頂いた何人かの方々からコンタクトを頂いた。私と同じ僧帽弁の形成術を受けらた方々も多く、また、これから手術を受けるかもしれないという方々も・・・。

近い内に是非、これらの方々とお会いしてお話できる日を持てることを期待したいと思っている今日この頃である。

<=PREV NEXT=>

cantabile

先日注文した千住真理子さんのCDが今日届いた。

早速聴いてみた。

感激!むちゃくちゃ癒されます。心臓にも、きっと良い音の響きだと思う。

ちなみに、買ったのは、「cantabile」というアルバム。聴いたことのあるメロディが幾つかあり、普段クラシックを聴かない私にも取っ付きやすい。今夜は、名器、ストラディヴァリウス/デュランティの音色に酔いしれました。今度、コンサートに行って、生で聴いてみようかな。

<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード