術後七回目の外来

春一番の生温かい風が強い中、そして、バンクーバーオリンピックの女子フィギュアスケートフリー決勝のテレビ中継のその時間、術後七回目の外来に行ってきた。

外来がなければ会社で仕事していた訳なので、オリンピックのテレビ生中継を見れなかったことはあきらめるとしよう。

さて、毎度同じ検査コースを回る。体重・血圧測定、採血、レントゲン、心エコー、心電図。そして、いつものように南淵先生の診察。心エコーの画像をモニターで見せてもらった。極わずかな逆流はあるが、正常な人間でもこの程度の逆流はあるらしいので、全く問題ないとのこと。また、聴診器で聞いてもらった心臓の音も、雑音のないクリアーな心音のメロディであるとのこと。南淵先生ご本人がおっしゃったのだが、オペラを観ることを趣味とされている南淵先生は耳がとてもよいとのこと。その耳で聞いた音なので間違いありませんとの説得力のあるご説明。なんとなく納得して安心感を感じてしまった。

このブログを見て、私宛にメールを下さったり、コメントを書き残してくれる人は多い。ブログ開設から1年3カ月程であるが、既に100人以上の方々からコンタクト頂いてきた。その中の一人の方から以前次のように言われたことがある。「カムバックハートさんのブログを見て大和成和病院で手術を受けることを決められた人は私以外にも沢山おられると思います。でもカムバックハートさんにコンタクトせずに大和成和病院で手術を受けることに決められた方も多いと思いますよ」

今日、南淵先生が、「あなたのブログを見て内の病院に来てくれる患者さんが結構いますよ」「今度、手術することになった若い方もそうです」とおっしゃった。

ということは、やはり、私の知らないところでも、このブログが何かしら参考となり、大和成和病院、若しくは、別の病院であっても、弁膜症手術に対しての情報を得ることに役立っているのかと実感した次第である。

心臓手術体験者仲間の集まりを昨年11月に開催したが、次回開催の際は是非参加したいというメールも多く頂いている。病気の治療を通して、結果的に沢山の仲間を作ることができる状況というのは素晴らしいことだと思う。暖かい季節になったら是非集まって、心臓手術体験者にしか分からないような手術の体験や術後の生活についてお互い語り合いましょう!

 大和成和病院の一階受付ロビー前にて

<=PREV NEXT=>

脈拍が通常レベルになってきました

久しぶりの更新になってしまった。術後一年以上経過し、慣らし運転も終わりつつあるのかなという状況でいる。

毎日測っていた体重、体温、血圧、脈拍であるが、ここしばらく測定をサボり気味であった。

仕事の残業のストレス発散(?)のためか、間食や夜おやつを食べてしまうことがあり自らを律することができなくなってきている今日この頃、体重やや増加。でも、まだプラス1~2kgくらいだし、BMIだとやせ気味なのでよしとする。毎日の会社までの徒歩通勤が功を奏しているものと推測。発熱は昨年5月に風邪を引いた時以降、一回もない。血圧良好。脈拍が術後ずっと早く(100回くらい)、なかなか下がってこなかったのが、今日測ったら、77回になっており、やっと70代まで下がってくることができた。術前は70回前後だったので、ほぼそれに近くなってきた感じ。

ここ最近寒いせいか、手の指先がとても冷える。以前はこんなことなかったのだが。体重が落ちて、脂肪が減ったので寒さには弱くなったような気がする。

さて、今月は外来だ。

<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

カムバックハート


Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード