胸に創のある美女二人との夕食

なんとも怪しげなタイトルの今日の記事・・・

このブログを通じての心臓手術仲間との「出会い」、それは私にとって貴重な財産だ。

かねてより、メールでお互いの術後の状況や雑談を交わしていた美女お二人と都内の某ヘルシー(?)料理のレストランで夕食を共にすることができた。

下記の写真をよ~く見てもらいたい。二人とも、胸の創を隠すこともなく、まるでそれが自らの勲章であるかのように堂々と胸元の空いた服を着ている。まずはこれに私は少し驚いてしまった。まさか心臓手術仲間の集まりだからとあえてそのようなファッションを選んできたとも思えない。実際、そのことを本人達に聞くと、人前で創を見せても全然気にならないそうな。さすがに、ビキニの水着は少し抵抗あるらしいが・・・ひょっとしたら、創痕を少しでもきれいにしようと皮膚科にマメに通っていた私なんかより、よっぽど大胆なお二人なのかもしれない。



お二人とも、いつも私に明るく楽しいメールを絵文字や顔文字入りで、しかも長文でくれるので、読んでいて楽しくなる。そして、実際にお会いしてみると、やはり想像通り、心臓手術後の典型的特徴(?)を醸し出した明るいキャラのお二人であった。実は、その内のお一人は、弁形成術後、トラブルがあり、現在、検査中。このまま継続観察するか、再手術を行うか、近い内に判断が必要な状態であるとのこと。そうした彼女にエールを送りたい気持ちが急速に高まり、急遽、本日集まった訳だ。だけど、会って何かできる訳ではない。ただ、お会いしてお話を聞いて、頑張って下さいということしか私にはできない。自らの病気には自身のみが立ち向かえる。そのアシストを行うのが医者と、そして、我々偉大なる心臓手術仲間である。そういう意味で、実際にお会いして彼女のとても前向きかつ明るすぎる性格と顔色の良さを確認して、私は安心し嬉しくなった。

お二人は、子供の頃から心臓病と診断されており、境遇がなんとなく似ている。メールの文調も似ている。元々、私のブログを見てもらって、個々にコンタクトを頂いたのだが、其々の話を聞いて、お二人を巡り合わせたら、女性同士だしきっと良い情報交換ができるだろうと思って、お互いを紹介した。これは成功だったと思う。

こういう集まりの時間はあっという間に過ぎていくものだ。次回、再会の日を楽しみにすることにしよう・・・

ところで、昨年11月に心臓手術仲間の集まりを開催してから、第二回をやりたいなと思いつつ、数ヶ月経ってしまった。その間、コンタクトを頂き、是非集まりの際は声をかけて下さいと言ってくれた方は沢山いる。さて、どうしましょう・・・

<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード