術後二十回目の外来

東京ハートセンター主催の「第6回 東京ハートセミナー」の参加者募集中!ついでに、(元)心臓病仲間の集まり(番外編)も開催予定です! 詳細はこちらの記事へ。 

-----------------------------------------------

先月の鼠径ヘルニア手術前に急遽アポを取り南淵先生の外来診察を受けたので、術後の外来回数が今日の分で二十回目となった。

最近の南淵先生と細川先生のテレビ番組へのご出演の影響だろうか、午後1時半頃の東京ハートセンターの受付と診察待合ソファが患者であふれている。会計の順番を立って待っている方もいるくらいだ。どうも午前中予約の患者が午後になってもまだ沢山残っているようだ。病院大繁盛!こりゃ、今日の外来が終わるのは遅くなるなと、かなり当たりそうな予感がする。

それでも、体重、血圧測定、血液検査、心電図、心臓超音波の検査を一つずつ着実にこなしていく。採血の時に聞いてみると、年末休暇前なので、ここ2週間は患者さんがかつてないくらい多いとのこと。

心臓超音波検査であるが、技師さんは4人もいて、検査機械も数台あるようなので比較的スイスイと検査は終わる。いつものように上半身裸で左を下にしてベッドに横向きに寝て検査を行うのだが、今日の検査技師さんは他の検査技師さんと違って、検査モニターが患者の足の方においてあるので、エコーを撮りながら患者もその診断画面を技師さんと一緒に見ることができた。いつもは目の前が壁なので薄暗い検査部屋でウトウトと眠りにつくほどリラックスして受けている心エコー検査だが、今日はリアルタイムで自分の心臓弁の様子が見れるので画面に食い入るようにして眺めていたらあったいう間に検査終了となった。ちなみに、一日に何人くらいの患者さんのエコー検査を行うのかとたずねると、15~20人弱とのことであった。

さて、ここからが長い。ただひたすらと待合ソファで待つ訳だが、外来常連客である私には暇をもて遊ぶ時間はなかった。外来に行けば、いつも誰かしら知り合いの患者仲間と出会える。診察日が同じ周期の三つ葉葵さん、ご夫婦で南淵先生の弁手術を受けられた鷺沼(仮名)夫妻、それから、今日は外来日ではないのに来てくれたマダムアリスさんと遠藤さん。そうした面々とおしゃべりしている間に時間は過ぎて、ようやく深津さんからお呼びがかかる。

診察はいつも通りなので、あえてここでの詳細説明は不要。エコー検査の結果良好。血液検査も良好。レントゲン問題なし。聴診問題なし。南淵先生と深津さんのご様子をこのブログで報告するべく短い診察時間の間に外来証拠写真を撮影。



会計を終えたのは午後5時を過ぎた頃だったが、待合にはまだまだ外来患者さんがいる。この調子だと午後7時を過ぎて診察が続いてもおかしくない。お医者さんや看護師さんも大変だが、患者も腹が減る。ということで、事務の方が診察を待っている患者に暖かいお茶をサービスしてくれた。そして、受付にはラップに包まれたおにぎりがあるではないか! コンビニおにぎりなんかではなくて、ちゃんと一つ一つ手作りされた薄塩味のヘルシーおにぎり。これには感激した。一つ手に取るとごはんの暖かさが手に伝わってきた。思わずロビーで頬張って食べてしまう。そして、二つ目のおにぎりに手が・・・。外来患者にお茶を配ったり、手作りおにぎりを配る病院なんて、全国に他にあるだろうか?最も、これはあまりにも混雑して待ち時間が長くなった今日の外来の特別サービスであった可能性が高いので、ブログ読者の方々は過度な期待は持たないようご注意頂きたい。



さて、すっかり暗くなった夜の大崎のビジネス街を歩き、とあるベトナム料理屋で、マダムアリスさん、遠藤さん、三つ葉葵さんと私で外来後の打ち上げ~。それぞれが知っている(元)心臓病患者仲間の近況を伝えあったり、2月9日の東京ハートセミナー後に予定している番外編集まりをどのように開催するか相談したりした。



<=PREV NEXT=>

術後4回目の誕生日

昨年もそうだったが、今年も快晴だった、術後4年目の誕生日は。4年前の手術当日の天気はどうだっただろうか?朝の状況しか覚えていないが、確か同じように良い天気だったはずだ。

先月、不意に、鼠径ヘルニアの手術を経験することになったのだが、心臓の方は4年前の僧帽弁形成術後の経過は良好で、心臓はまさに絶好調! 創の方は、さすがにこの年数になると変化は起こらないようだ。ケロイドになることもなく、十分満足な創の仕上がりと言ったところだろうか。

こうして順調なのも、定期的に心臓専門病院の外来で検査と診察を受け、心臓の状態をフォローしているのが大きな理由だと思う。3ヵ月毎に採血、胸部レントゲン、心エコー、心電図といった検査を行い、心臓専門医(私の場合は、心臓外科の南淵先生)に診てもらい、問題なしと太鼓判を押してもらう。どうでもよい薬剤だと言われつつも処方してもらう数種類の術後の予防薬は正しく服用を続けている。毎回の血液検査では、心臓病以外の成人病(中性脂肪、コレステロール、血糖、尿酸値など)の関連項目も詳しくチェックしている。

自分の体のことをまめにケアし、もし体に何か異常があればそれなりに早い段階で状況把握できる体制で生活している。それにも関わらず、私が生命保険や医療保険の新規加入や契約内容変更を行うには、3ヵ月以内に医師の診察、治療を受けたということや、心臓手術の経験があることを告知書に記入して提出する必要があり、結果はNGとなる。世の中には数年~10年以上も健康診断すら受けず、または、精密検査の指摘をされても受けに行ってない方が多くいるが、そうした方は生命保険会社に告知する必要がなく、保険加入がOKとなる。この点について、納得がいかない方も多いのではなかろうか? 生命保険会社さん、本当にリスクのある人間は誰なのかをよ~く判断してもらえないでしょうかね。

実際のところ、民間の保険に頼らずとも、高額医療補助や身体障害者制度、人によって職場などで加入されている健康保険組合からの補助などで、心臓病であれば治療自体にそれほど多額の自己負担金が発生する訳ではない。日本の医療制度の素晴らしい点だ。それでも決して十分ではないと指摘されている点も多いが、世の中の政治や経済の状況が悪化しようとも、少なくとも現状の制度くらいは維持してもらいたいものだ。

術後4回目の誕生日を元気に迎えたことのブログでの報告を終えて、今日の日は穏やかに過ぎて行こうとしている。明日から術後5年目に向けてのはじまりだ。



<=PREV NEXT=>

心臓手術と鼠径ヘルニア手術の比較

私はこれまでに2度の外科手術を受けた。2008年12月に心臓弁膜症手術(僧帽弁形成術)、そして、今回、2012年11月に鼠径ヘルニア手術。鼠径ヘルニアに関わらず、心臓手術を受けたけど今度は別の手術を受けるという方は少なくない。「心臓手術を乗り越えたんだったら何の心配も要らないよ!」というのが私からのアドバイスになる訳だが、折角なので心臓手術と一般外科手術という種類の異なる手術について、患者の心境や状況の比較を参考までに記してみたいと思う。

①心境
心臓手術を宣告された時の不安は、それは一言じゃ言えないくらい大きなもの。「なぜ自分が?一体この先どうなるんだ?痛いのが怖いなぁ・・・」。その不安と恐怖は、心臓手術というイベントに対する情報を得ることによって徐々に解消される。そして結果的に、「手術前日には不安はゼロ。手術当日は何か楽しいことが起こるのではないかというワクワクした気持ちで手術室に向かうことができる」というのが、私自身を含めてこのブログを通じて知り合った(元)心臓病仲間の多くから聞いてきた心境だ。
その経験が先にあったからなのか、鼠径ヘルニア手術を宣告された時に不安は一切なかった。外科手術はどの執刀医でも同じ結果を出せるデジタル作業ではなくて、職人技が反映されるアナログ作業だということは分かっていたので、誰に執刀してもらうべきかという点のみが考慮すべき点であった。信頼する病院が決まった後は、一切の不安はゼロ。鼠径ヘルニアと診断されてから腹の違和感が徐々に強くなりはじめていたので、早く治してすっきりしたいという気持ちが強かった。

②リスク
「心臓手術は一般消化器系外科手術の6000倍のリスクがある」と南淵先生がどこかで書かれていた記憶がある。心臓手術を受ける際にリスクがあることは十分認識していた。死生観も感じたはずだ。かといって、何も準備することはできなかったのだが。結局患者本人にとってのリスクは0%か100%のどちらしかない。賭けのようなもの。これを両手術で比較するのはちょっと難しい・・・

③麻酔
心臓手術の時は、病室で手術開始1時間前に筋肉注射を打つ。だんだんと気分が落ち着き良い気持ちになってくる。ストレッチャーに寝た状態で手術室へ入場する。点滴から麻酔導入されたのか、筋肉注射が効いてきたのか分からないがマスクを顔にかけられる前に眠りについてしまった。
ヘルニア手術の時は、手術開始直前に点滴。点滴を持って立って歩いて手術室へ入場。手術台に寝て、麻酔のマスクを顔にかけられて、気体状の麻酔で眠りの世界へ・・・

どちらも全身麻酔適応であった。心臓手術の際の麻酔時間は、約7時間(手術時間は3時間25分)、鼠径ヘルニアの麻酔時間は2時間9分(手術時間1時間36分)。前者は気管内挿管を行い人工呼吸を行っているが、後者は気管内挿管は行っていなかった。麻酔の種類も別物だと思うが、覚醒後、後味が良かったのは心臓手術の麻酔の方。創による術後の痛みもほとんどなかった。ヘルニア手術の方は、手術が終了すると麻酔が急に切れてくるのか、お腹のムカムカ感と創部の痛みが突然にやってくる感じがあった。

④ICUとHCU
心臓手術後、ICUに手術翌日の朝11まで滞在した。ヘルニア手術後はHCUに入り、翌日そこから一般病棟をパスして退院した。心臓手術後のICU滞在中は、酒に酔った親父気分で、優秀なICU看護師さんにケアして頂き、良い意味でのICUシンドロームなのか私にとっては居心地はまずまず良いものであった。一方、ヘルニア手術後のHCUでの滞在は、麻酔からの目覚めも早いからなのか、体の回復に精力を尽くさなくてはない気分があり想像以上に辛かった。これは、心臓手術後ICUから一般病棟(HCU)に移った頃と同じイメージだ。ICUにいる時は薬剤で体をコントロールされている面が強いから逆に辛くないものなのかもしれない。

⑤術後
心臓手術もヘルニア手術後も当初はどちらもベッドから動けず、背中や腰が痛かった。気管内挿管の影響で心臓手術が終わり覚醒して数時間の間の喉の渇きは尋常ではない。そして、医者から水を飲むことがやっと許可されて飲む水の美味しさは文章では表現不可能なくらい実に美味しい。これは経験者の誰もが唱える感想だ。ヘルニア手術の方は、気管内挿管がなかったので、術後初めて水を飲ませてもらった時には、美味しさを相当期待して口にしたにも関わらず、「あれ~、これ普通の水じゃん!」としか思わなかった。
炎症反応による発熱はどちらの場合もあった。37度半ばくらい。心臓手術後は、抗生物質でその炎症反応を抑えていたが、ヘルニア手術の際の発熱は1日で自然に消えていった。酸素飽和度はいずれも早期に回復していた。

⑥創と回復
心臓手術は、胸骨正中切開を行い、創は縦方向に21cm。たんを出したり、咳をしたり、くしゃみをすると胸骨に響き痛い。肩などに余計な力が入るので、心臓以外の部分に痛みがでる。この痛みは約1ヵ月でほぼ問題なくなり、術後約3カ月で術前以上の動きが可能になる。
ヘルニア手術は、左足の付け根部分に6.5cmの横方向への切り込み。手術翌日までは強めの筋肉痛っぽい痛みが多少あるが、それ以降は痛みはほとんどない。胸骨を切開していないので、回復は相当早い。

⑦違和感
心臓手術後は、不整脈はなかったが心拍数が早かった。それはあまり気にならなかったが、切開した胸骨の回復が最大のポイントであった。人工弁輪は弁の形成に使用されているが違和感は一切ない。術後約3カ月で胸骨も元に戻ったころには違和感らしい違和感はなく、術前よりはるかに元気で調子の良い体になっていた。
鼠径ヘルニア手術では、メッシュシートが筋肉の補強として埋め込まれている。術後数日では異物が貼り付いている感覚があるが、日毎にその違和感は薄れつつある。筋肉組織と一体化すれば違和感は無くなってしまうと言われている。

⑧再手術
どちらもやはり受けたくない!ただ、もしそういうことになっても、理不尽な病気様と前向きにつきあっていける自信はある、と思う。

⑨達成感
それはエンドルフィン出まくりで、どちらの達成感も大きい!それなりのプロセスを経て、健康体とリスクを天秤にかけて治療を終えた訳なのだから。病院、執刀医、手術室スタッフの皆さん、看護師さん、検査技師の皆さん、受付の皆さん、それから周りで心配してくれた方々に対する感謝の気持ちは強く湧き上がる。

⑩ドラマ性と患者同士の連帯感
心臓手術の周りにはなぜか幾つもドラマが生まれる。それは自分の手術の時もそうだし、知り合った(元)心臓病仲間の体験を聞いてもドラマ性を強く感じる。心臓手術は心臓という人体で唯一鼓動する臓器、生命の源とも言える神秘的な臓器を対象にした手術である。心臓手術と聞くと、「深刻な病気、命にかかわる危険、自分でなくて良かった、若しくは、自分には理解できない別の世界の出来事」と言ったイメージを人は客観的に持つことが多いのではないかと思う。そういうイメージがあるが故に、実際にそのプロセスを経験するものには強烈なドラマ性が発生する、若しくは、感情的なものが想像以上に湧き上がってきたりするのかもしれない。ブログを通じて多くの(元)心臓病患者と知り合うことができ、(元)心臓病仲間同士の連帯感はことのほか強く感じている。
鼠径ヘルニア手術は、病気の診断から手術、そして外来卒業まで1か月強の早い時間の流れの中で一連の過程が過ぎ去っていった。心臓病仲間の中にも、同じ鼠径ヘルニアを患っていますと連絡を頂いたたかしげさんや、子供の頃に鼠径ヘルニア手術を受けたというかんちゃんもいらっしゃる。今後、鼠径ヘルニアを通じて、何かしら連帯感が深まるのかどうかは未知だ。

<=PREV NEXT=>

鼠径(そけい)ヘルニア手術体験記 その3

先日、鼠径ヘルニアの開腹手術を受け、手術翌日に退院。そこまでは過去のブログ記事に記載した。退院後のその後の経過は次の通りであった。

2012.11.18 術後3日目
左足付け根部分にテープが張り付いているような違和感を感じ始める。創部を保護する透明なテープが実際に貼ってあるので、その違和感を感じているのか、若しくは、手術で体の中に埋め込まれたメッシュシート自体の違和感を感じているのかの区別がつかない。それと、術部の反対側である右脚付け根部分に内出血を発見。翌日は外来なので診てもらおう。

2012.11.19 術後4日目
川崎幸クリニックにて外来診察。創部に貼ってあるテープをはがす。創の回復は順調。反対側の足の内出血については経過観察。3日後に再度外来にて状況を確認することになった。

手術結果の説明を受ける。神経に傷をつけることなく予定通りに手術は成功したとのこと。その際、手術記録のプリントアウトを頂きたい旨、お願いする。その目的は、まずは自分がどのような手術を受けたのか、医者からの口頭での説明以上に書き物で理解しておきたいということ。そして、将来何かの病気になったり、新たな手術の必要性が起こった場合に、過去にどのような手術を受けているのか医者に具体的に提示して説明することができるからの2点である。

手術自体は川崎幸病院で行われたが、今日の診察は川崎幸クリニックであったので(診察医は執刀医だったが)、データを患者に渡しても良いか川崎幸病院に確認しますとのこと。診察室から出ようとした際、先生が、「そういえば、ナブチ先生は手術のビデオとか配るんですよね」と聞いてきた。「はい、そうです。今回はビデオじゃなくてもいいんですけど、自分がどのような手術を受けたか分かる簡単な資料は欲しいですね」と改めて伝える。

その先生の段取りにより、当日、川崎幸病院の2F受付でデータを頂けることになった。徒歩10分で川崎幸病院に到着。話が通っていたので、すぐに担当者が応対。データ開示依頼書にサインして、手術画像が添付された外科手術記録をその場で受け取った。

術式:ヘルニア根治術(UHS法)
手術時間:96分
麻酔時間:129分
出血 10cc
輸血 ゼロ
術中合併症:なし

術前の所見や、手術の手順と施した治療内容、手術画像のスナップショットが盛り込まれていた。

手術記録2

その日の夜、内出血が更に酷くなってきた。内出血したドス黒い静脈血が重力で下の方に流れてきて行き場を失い溜まって膨らんでいる感じ。痛みはないが、見た目ちょっと心配。尿管を抜いた後、暫くおしっこする時に痛かったので尿管から出血かもと思ったが、血尿は出ていない。

休薬していたとはいえ、バイアスピリンの影響が体に残っていたのかもしれない。とりあえず、明日の朝まで様子を見ようとうことにして寝た。

2012.1120 術後5日目
内出血は、前日夜よりかなり改善していた。血液が溜まっていた膨らみは無くなっている。だが、皮膚の色がどす黒いままなのが気になる。

術部に埋め込んだメッシュシートの違和感はこの頃がピークだった。それ以降はだんだん慣れてきたのか、筋肉の組織との一体化が始まったのか分からないが違和感は薄れ始める。

2012.11.22 術後7日目
外来。祝日前だからなのか、クリニックが異常に混んでいる。完全予約制の診察なのでいつもは待ち時間がほとんどないのだが、この日だけはかなり待たされた。結果、内出血は問題なさそう。次の日からバイアスピリンも服用を再開してもよいとのこと。脚の違和感は1ヵ月も経てばほとんど感じなくなるらしい。

入院中のレンタル備品(タオルやティッシュペーパーなど)の請求書が郵送で届いた。1日分なので350円。

2012.11.24 術後9日目
夕方、家で刃物を砥石で研ぐ作業を少ししたら、腹に力が入ったのか、メッシュ部分に違和感が出てしまった。夜、シャワーを浴びたらましになった。腹圧のかかる作業はまだまだ要注意。

2012.11.30 術後15日目
夕方、仕事が終わった後、会社からクリニックへ直行。外来診察。問題なし。これでめでたく外来を卒業となった。最後に今回の手術治療についての病院からのアンケートに答えて帰路についた。

<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の49歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード