術後二十三回目の外来

金曜日の午後、術後二十三回目の外来に行ってきた。術後約5年になるが、3か月毎の診察予約の日に南淵先生に会えなかったことはない。例え、手術が長引いて多少待たされたとしても必ずその日に南淵先生自身の診察を受けることができている。これは素晴らしいことかも。個人の医者と診察アポとっている訳だから、交代の先生ではつまらない。ちなみに今日の外来はとてもスピーディーだった。

血液検査、レントゲン、心電図、心エコーの検査結果は、前回と変わらず良好。服薬している薬も私の体に合っているようで調子良い。レントゲンは毎回撮影していなくて久しぶりだった(1年振りくらい?)が、心臓が小さくなっていて全く問題ないらしい。

前回、3カ月前の外来で南淵先生から紹介して頂いた昨年僧帽弁の手術を受けられた方と再会。明るくて沢山喋られる年齢的には私より少し先輩。

「私は心臓の病気をしたんじゃなくて、ケガをしたのだと思っているんですよ」と、その方が僧帽弁の形成術を受けられた時のことを仰っていたのが印象的だった。「腱索が切れたのも、足のアキレス腱が切れたようなもんだからね!」 うん、なるほど~。

その後、外来にヒメノさんも現れたり、三つ葉葵さんはいつものように同じ診察日だし、ほんと毎回何かが起こるのがこの東京ハートセンターの外来だ。帰り際、これまた南淵先生から昨年暮れに手術を受けられた20代の仲間を紹介して頂いた。

普通の医者は、自分の患者同士が親しくなって情報交換されるのは不都合なこともあるので嫌がるらしい。だけど、南淵先生はその逆。毎回、同じ病気の方や、年齢の近い方など、積極的に私に紹介して下さる。そして、「どんどん患者さん同士で話して情報交換して下さい」とのこと。

次回外来は12月13日(金)。その日の午後にカムバックハート仲間の忘年会(?)をJR大崎駅付近で開催したいと思います。参加ご希望の方はご連絡お待ちしています。



<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード