朧八大接心と心臓手術

京都の有名な金閣寺や銀閣寺などの住職の有馬頼底さんの書かれた「雑巾がけ」から始まる 禅が教えるほんものの生活力という本を読んでいたら、心臓手術を受けることと通じるものがあるなあと感じられた頁があったので紹介したいと思う。

禅寺のことについては全く無知な私ですが、この本には次のようなことが書かれています。
「禅寺で毎年12月1日から8日にかけて行われる大変厳しい修行に「朧八大接心(ろうはつおおぜつしん)」というものがある。その昔、お釈迦さまが悟りを開いたのは、1週間を一つの単位として座禅を続け、それを7回繰り返した49日目で、それが12月8日であったとのこと。よって、この期間、朝の3時から夜中の12時までほとんど不眠不休でひらすら座禅を繰り返すことで、お釈迦さまの悟りにあやかる。ただひたすら座りこもりきりで1週間を終えて外に出ると、世界が新鮮に輝いて見える。生まれ変わったように、目に入る全てのものが新鮮に映る。周囲は何も変わっていないのに、自分自身の感じ取る力に変化が起きる。そうして、普段の自分が如何に物事を見ているようで実は見ていなかったかに、改めて気づく。ぎりぎりのところまで自分を追い込むことによって、人間本来の力や感覚を研ぎ澄まし、取り戻す」

心臓手術を受けることを決心して、入院して手術を受けリハビリをこなして退院に至る。合併症を併発せずに順調な方であれば術後10日ほどで退院できる。退院後の周りの見え方、ものの感じ方は術前のそれとは大きく異なるのを経験している訳だが、ひょっとして丸1週間ひたすら座禅を繰り返す禅の朧八大接心を終えた時の感覚と心臓手術を終えた時の感覚には近いものがあるのではないかと思った次第である。

この本に書かれていることは、上記以外の部分でも今の自分、今後の自分の生き方の参考になる文章が多かった。もし機会があればお手にして読んで頂ければと思う。

有馬頼底 「雑巾がけ」から始まる 禅が教えるほんものの生活力

<=PREV NEXT=>

術後二十四回目の外来 & (元)心臓病仲間の忘年会

術後5周年の翌々日、術後二十四回目の外来に行ってきた。普段は、午前中は会社で仕事して、午後から半休を取って外来に行くのだが、今日は朝から休みを取っていつもより少し早目の午後1時前に東京ハートセンターの受付に到着。受付から検査終了までは30分もかからず大変スムーズに進行。あまりに順調なのでこのあとの南淵先生の診察まで逆に相当待たされそうな予感が・・・

そうしている内に、今日の外来の(元)心臓病仲間数名が外来診察に現れはじめた。私と同じように検査を終えて診察室に呼ばれるのを廊下のソファに座って、おしゃべりしながら待つ。

南淵先生の診察はいつも通り。聴診してもらい、心エコーの画面を一緒に確認して、終了!
「術後5周年を無事に迎えることができました」と先生に言ったら、手の平をこちらに向けて、一言、「五周年の五!」。


南淵先生の大きな手で示した五周年の五

「患者の忘年会を今日やるんです」に対しては、
「おぉっ、また不穏な動きが・・・患者同士で僕の悪口を言い合うんでしょう~」

先生も忘年会に参加したかったのでしょうね。診察待ちでソファにみんな並んで座っているときに、南淵先生が診察室からできてきて、「ちょっと、トイレへ・・」と言いながら我々の前を横切った。裏に職員用のトイレがあるのに、わざわざ患者用のトイレに行かれたのは、きっと「今日の忘年会の面子はどんなんだ」という興味あって見に来るためだったのでしょう(笑)

外来ロビーに座っていると、前回6月の(元)心臓病仲間の集まりに来て頂いた術前の方とバッタリ再開。彼女はその集まりの後、南淵先生の外来を受けて経過観察されていた。半年後の今日の外来診察で、僧帽弁の手術を勧められて、年内に手術を受ける方向だという状況を教えてもらった。心臓手術を受けることを決定する日の外来診察は誰にとっても強烈なインパクトを受ける瞬間だ。診察室を出てから家に着くまでに、入院中の仕事のやりくりや家族の世話のことを考え、自身の手術への不安で気持ちは動揺しているのが普通だ。病院からどうやって家に辿り着いたか覚えていないという方もいるし、涙を流しながら帰路についたという話も沢山の方から聞いた。

今日の外来の後は、(元)心臓病仲間による忘年会の開催を予定していたので、彼女に急遽参加してもらい、改めて術前に参考になる情報を得てもらうことにした。

忘年会は、東京ハートセンターの近くにあるキリンシティにて11名で開催。美味しいビールを飲みながら、塩分とカロリーが高めの食事を、今日だけは特別だと言い訳しながら楽しく頂いた。常連メンバーが若干名抜けてはいたが、いつものように心臓病仲間にしか理解できない気持ちを伝え合うことができてとても良かった。それが我々のストレス発散にもなっている。


忘年会での乾杯


術後8カ月になったyukiさんの創

<=PREV NEXT=>

術後5回目の誕生日

すっかりブログの更新が遅くなってしまったが、12月11日は術後5周年だった。5年経ってもこの日はやはり特別だ。5年前の朝9持前、ちょうど今頃、手術室に向かっていたなぁと想起する。冬晴れのピリっと引き締まった空気に包まれた天候も5年前と同じだった気がする。

この5年間、術前と比べると体調ははるかに良くなった。心臓手術を契機にして健康面も精神面も大きく変化したのは間違いない。(元)心臓病仲間との交流はブログを介して拡大してきたし、この先もずっと続いていくことだろう。


術後5周年の創あと

さて、今日は外来&(元)心臓病仲間との忘年会です。

<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード