第4回お姉さま会 開催報告(三つ葉葵)

先週末開催された(元)心臓病仲間お姉さまシリーズの集まりの報告が三つ葉葵さんから届きました。15人も集まって女性同士で皆さん有意義に楽しんだようですね! 
カムバックハート

-------------------------------------------------
よく晴れた冬の日曜日(1/11)、第4回お姉さま会を東京駅近くの某レストランで開催いたしました。参加お姉さまは15名。みなさん術後の方。そのうち3名の方が初めて参加される方でした。みなさんお元気で、とても15名全員が心臓手術経験者とは思えない顔色の良さ。今回はお姉さま会ということで、おいしいランチを食べながらお話が始まりました。



 まずは自己紹介。初めての方は少し詳しくお伺いして、残り12名は近況報告程度。初めての方とは、またいつものように初めて会ったような気がしない、何かお互いに通ずるものがある感覚を覚えました。病気のこと、そこにいきつく心の動き・悩み、術後の不安など、いろいろな話が飛び交い、あっという間に一次会の2時間半が過ぎてしまいました。

 二次会は一つ下のフロアのカフェに場所を移し、また話に花が咲きました。もともと女子会なので話が尽きることはないのですが、そこに心臓の話が加わるものだから、話の花は満開になるわけです。ある方は、「生きのいい豚(牛?)の生体弁が入ったから、それを入れておいた。」と先生に言われたなど、お腹を抱えながら笑う場面もあり、まさに和気あいあいと時は過ぎていきました。さすがお姉さま方、美容の話にも花が咲いておりました。

 2次会が終わり、東京駅をバックに記念撮影。ニッコリ、パチリ。



 その後数人で、すぐ近くで仕事中の(元)心臓病仲間のtanyさんのお店を訪ね、ご挨拶。tanyさんは、お姉さま会番外編参加かな?!(お仕事中、お邪魔いたしました。)
 
今回のお姉さま会もとてもいい会となりました。一年程先になるかもしれませんが、また開催したいと思っています。(カムバックハートさんに「続けていくことに意義がある。」とも言っていただきました。)
またみなさん、ぜひお会いしましょう!
みなさんの元気なお顔を見ることができてとてもよかったです。
このような繋がりが持てたのも心臓病のおかげです。ありがとう、ハートちゃん!



三つ葉葵

-------------------------------------------------

<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

カムバックハート


Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード