第十三回(元)心臓病仲間の集まり 開催報告

この集まりが開催される日はいつも天気に恵まれている。今回も雨と雨の間の晴天日和での開催。参加者は患者23名に加えて、南淵先生と深津さんにお越し頂いてのスペシャル版。

例によって、参加者の手術方式による内訳は、大動脈弁置換術8人(生体弁5人、機械弁3人)、大動脈弁形成術1人、先天性疾患ファロー四徴症による幼児期手術&成人後の三尖弁形成術1人、僧帽弁置換術3人(生体弁2人、機械弁1人)、僧帽弁形成術が12人(手術は重複を含む)。弁膜症サンプルの展示会ができそうだ。そして、来月大動脈弁の手術を予定されている方が1名、心臓が悪いと言われたが、さてどこの先生に執刀してもらおうかと情報集めされている方が1名。

いつも通り、参加者の自己紹介からはじまり、一巡した後、特別企画その1。私と三つ葉葵さんが2013年と2015年に南淵先生執刀の心臓手術の現場を見学させてもらった時に映した動画を上映。南淵先生や若手の先生達、器械だしの深津さんや人工心肺の技師さん等の働かれている様子が良く分かる。TVドラマではない、本物の心臓手術が行われている手術室の中の雰囲気を味わってもらえたのではと思う。引き続き、我々(元)心臓病仲間の一人、三つ葉葵さんが2年前にTVの医療番組に出演された時のハイライトを上映。更に、近年開催を予定している(元)心臓病仲間のポートレート展(写真展示会)の予告編と題して、ここ数年私が撮りためている仲間のポートレート写真の一部を先行公開。という訳で、集まりでは初めてやってみた約20分間のプロジェクター投影による上映会であった。

そして、本日のメインイベント。昭和大学北部病院教授の南淵明宏先生によるミニ講演会&質問タイム。先生と深津さんには折角の日曜日にこのような手作りのささやかな集まりにお越し頂いて、我々患者としては嬉しい限りです。今回第十三回目の開催ですが、これまで南淵先生と深津さんには過去4回も参加して頂いています。


南淵先生のお話

生体弁と機械弁のどちらを選ぶか、それは当事者にとって本当に悩ましい課題だと思う。どちらを選んでもそれなりのメリットデメリットがあるからだ。若くても再手術覚悟で生体弁を選ぶ方もいるし、80歳超えても機械弁で再手術された方もいる。年齢だけではなく、心臓以外に抱えている病気など諸々の状況も含めて決定する必要があるようだ。患者に選択を任せる医者もいるし、専門家である医者がその患者にとってベストな意見を与えてくれるのであればそれを患者なりに良く聴いて自分の判断につなげればよいと思った。来月手術を受ける予定の今回の参加者BNR34さんは、集まりの手術経験者から得られた体験談も参考にして近いうちに選択されることになるが、果たしてどちらを・・・

ワーファリンに関連する質問も毎回良く出される。南淵先生の分かり易い説明でみんな理解を深めて納得の様子。生体弁や形成された弁を長持ちさせる方法はないのか?と質問してみたが、そういう論文は世の中に発表されていないそうだ。

そんなこんなで、いつも間にかワイワイガヤガヤと自由歓談の状態へ流れ出すのはいつも通り。あっという間に時間が経ってしまい、記念の集合写真を撮影。(この写真は、今回都合で参加できなかったメンバーが、「あっ、誰々さん、元気そうだ!」「あれ、あの人最近参加してないね~」という噂話をする役に立つのだそうだ。)




中華街での二次会。13名参加。1次会は都合で参加できずとも2次会からでもわざわざ顔を出しにやってきてくれる仲間がいるところが嬉しい。ということで、まりさんのタッチフォーヘルス講座にみんな興味深々。オサミンさん、要コメントです!




お酒好き(?)の最近の(女性)メンバーの影響か、今回も3次会へ突入。場所はここしかないということで、いつものクラッシックなバーへ。8名参加。余韻たっぷりで、翌日になっても別世界にいるような気分の今回の集まりであった。

南淵先生と深津さん、参加頂いた皆様、どうもありがとうございました。


3次会のバーにて。

<=PREV NEXT=>

南淵先生ご出演のTV番組 ドクターG

この番組の放映は終了しました。

--------------------------------------

今週水曜日、南淵先生ご出演のテレビ番組が放映されます! お見逃しなく!

11月16日(水) NHK総合 午後10時25分~午後11時15分 「ドクターG」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ドクターG

<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード