たかしげエッセー 『心臓人工弁の終り』

たかしげさんから昨年頂いていたエッセーをご紹介します。
たかしげさん、今年も引き続きよろしくお願いいたします。
カムバックハート
------------------------------------------
八十路をいく身となると同年代の著名人の訃報に関心を持つようになる。自分自身にもひしひしと迫ってくる感じがする。人工弁やペースメーカーで命を支えられているから尚更だ。過日義兄が他界し葬儀に参列した。杖に援けられ心臓を患っている身体だと手を合わせるだけで、ただの参列者のような立場とならざるを得ない。

火葬が終わり骨上げの時、一つのお骨を二人で骨箸で挟んで骨壺に納めながら考えた。自分の場合は大動脈弁と僧房弁が機械式人工弁に置換されている。また、大動脈血管を10㎝ほどの長さを人工血管に置換してある。オマケのようにペースメーカーが左鎖骨下側に埋めてある。いろいろな人工物で補われた心臓で生きている。いや、生かされてるのかもしれない。しかし、いずれにしても生きてる者は「生者必滅、会者定離」だからいずれ逝くだろう。

火葬した後、ペースメーカーや機械式人工弁はどうなっているのか、焼けて跡形も無くなるのか ふと、脳裏をよぎる。1982年大動脈弁置換手術を受けた時に医師から機械式人工弁の材質はチタニューム材と聞いた。更に、2011年東日本大震災が発生した時は僧房弁置換手術を受ける待機中だった。血液抗凝固剤のワーファリンを服用するから同じに半永久的に寿命がある機械式人工弁に置換手術を受けた。

最初の手術からほぼ30年経過しているので不確かだが主材は新素材の炭素繊維らしい。
遺体の火葬温度は体格などで調整されるらしいが800~950℃程度らしいので機械式人工弁の残骸が残るのか、それとも跡形もなく焼けて無くなるのか興味がある。生体弁は当然人体と同じに焼却されるだろう。

自分の場合は骨上げの時に係員がどんな説明をするのだろうか、
副葬品の一部として見過ごされるかも知れないと思いながら係員の説明に耳を傾けた。
親戚縁者の前に置かれる遺骨は係員が選別したのだろう、ステンレスの塵取り風受け皿で机上に置かれた。それぞれのお骨の説明をしながら骨壺に納めていた。どのようなことでも知識と関心が無ければ聞き流してしまう。前述のような身体だから耳をそば立てて聞いた。

それぞれの身体の部位について喉仏・顎骨・背骨・頭蓋骨・・・・と骨の名を挙げて説明しながら骨盤から頭骸骨へと順序よく骨壺へ積み重ねて納めている。脚や腕の長い骨は納骨には長すぎるからか見当たらない。大きさが決まっている骨壺だからだろう。蓋が閉まるよう周囲を骨箸でザクザクと突いている。厳粛な儀式にしては抵抗を感じた仕種(しぐさ)だった。蓋を閉め、透明のビニールテープで密閉した骨壺を桐箱に入れて金襴(きんらん)緞子(どんす)の化粧袋がかぶされて喪主に丁重に手渡された。

一連の火葬納骨のプロセスで感じたことは、いま、30年余り命をつないでくれているペースメーカーや人工弁を遺品として残したいが火葬だから無理だろう。永年埋め込まれた人工弁などの鼓動を意識して助けられて来た愛着のあ命の源だ。今後も活躍を願い、火葬・骨上げの様子を視点を変えて興味深く眺め振り返ってみた。

  了
たかしげ
2016.10.20

<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

カムバックハート


Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード