スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南淵先生の著書 『ナースのちから(第2版)』

南淵先生の著書『ナースのちから』は、第1版が、CABG手術編という副題がついている冠状動脈バイパス手術がメインの内容だったが、昨年発行された第2版は新たに弁膜症手術の内容が加えられた。



弁膜症手術については、大動脈弁狭窄症(AS)と大動脈弁閉鎖不全症(AR)に対して行われる大動脈弁置換術(AVR)、そして私が受けた僧帽弁閉鎖不全症(MR)に対する僧帽弁形成術(MVP)の実際の術式や術後管理について詳しい説明がある。手術が適応となる客観的検査数値、弁のどこをどのように切って、縫うのか、術後に起こりうる突然の急変や不整脈についてなど、とても興味深い。術後の管理については、バイパス手術でも弁膜症手術でも、同じ心臓手術なので違いは少なそうだ。

『単元や用語を孫引きして活用していただくような本ではない、というイメージです。理系というより文系的な本、解説書というより物語風な内容だ、とご理解ください。』と冒頭に南淵先生が書かれている。心臓外科医が看護師向けに書いた本であるが、医学の専門書的な雰囲気はあまり感じられない。豊富なイラストやマンガは茂木保先生によるもの。ユーモアたっぷりでこれが実に面白い。また心臓や手術中の写真があり、世の中で起こった実際の医療ミスや訴訟などのエピソード、南淵先生自身が手術室で経験されたヒヤっとした場面の描写なども、医学知識の無い、我々(元)患者にも、容易に理解できる内容だ。患者にとって細かい薬の名前や検査の内容などは分からなくても良い。医者や看護師が、患者のどこをどのように診て、判断し、患者への対応を行っているのかが分かるのが、答えを見ながら問題集を説いている学生のような感じで面白い。

既に心臓手術を経験した患者なら、当時、患者である自分を周りの医者や看護師がとってくれた対応の意味を、客観的に思い返すことができるかもしれない。P.200 「いっちゃってる!ICUシンドローム」は、経験された方も多いと思うICUで味わうあの特殊な感覚が何なのか、またその対処方法を医学的に説明してある。ちなみに、ICUシンドロームって、男性にしか見られないそうです。P.213の漫画、ナブチ先生っぽくって笑えますね。P94.心停止の方法。こうやって心臓って止めるのかぁ。 P.31 大動脈弁が正常に三枚ある人が大動脈弁狭窄症になる確率は0.4%なのに、二尖弁の人は50%の確率で大動脈弁狭窄症になると言われているとか・・・

手術はうまくいったはずなのに、術後ICUで、突然原因不明の出血が発生することがあるそうだ。患者を手術室に戻して、再開胸するのか、このまま様子を見るのか。再開胸の判断を巡っての、医療人の心理や精神状態の説明はなるほどそういうこともあるのだなぁと思わせる。そして、それ故、如何に自分自身が信頼できる病院や医者選びが重要かを、この点からも改めて認めることができる。

『ナースのちから』は第1版も持っているので、見比べると、今回の第2版には「あとがき」も追加されてページ数も30頁程増えている。

心臓手術を受けられた方で、心臓手術に関する医学的なことを少しは理解したいという方にはご一読をお勧めしたい。自分は典型的な文系思考だという方でも、問題なく楽しく読んでもらえるのではないかと思う。

<=PREV NEXT=>
スポンサーサイト

(元)心臓病仲間とのミニ昼食会 & 女性と男性の違い

以前、集まりでお会いした北関東在住の(元)心臓病仲間のHさんから先週連絡を頂いた。奥様と一緒にお仕事の関係で神奈川方面に見えられるとのことで、その機会を利用して本日昼食をとることができた。マダムアリスさんもやってきてくれて、にぎやかな雰囲気に。(元)心臓病仲間の輪が広がると、こうしたちょっとした再会の機会も持ちやすい。そして、いつも心臓のことが話題となる。慣れてくると無理したり疎かにしてしまいがちな体調管理のことなどに対しても、改めて気が引き締まって良いものだ。もちろん、心臓以外の話題についても、家庭や職場以外の人との会話は新鮮だ。

Hさんは心臓病で手術が必要だと分かった時、奥様がこのブログを見つけられてHさんに情報を伝えられたのだそうだ。患者本人以外のご家族や知り合いの方がこのブログを見つけて、患者本人に伝えられて連絡を頂くケースは実は多い。

そうした患者本人以外の方が私に連絡を下さる場合、まず例外なく、9割9分9厘と言ってよいのだが、それは女性なのだ。患者の奥様であったり、お母様であったり、お嬢さんであったり、恋人であったり・・・。

つまり、患者本人の場合は男性も女性も関係ないが、そうでない場合は、例えば、男性から「身内が心臓病になったので・・・」という連絡や相談を頂いたことは、ブログ開設から8年以上経つが記憶に無い。(と言い切っていますが、もしいらっしゃったらごめんなさい。それだけレアケースだということです。)

外来の時に、病院のロビーで周りの患者さんを何気なく観察して時間つぶしすることがある。すると、手術を受けるべきかどうかの重要な診察だと思われる日に付き添いに来られている方は、これまた圧倒的に女性なのだ。

この状況は、ひょっとして人類の本能的なものから起こっているのだろうか。女性は出産し子孫を育てるという役割(子育ては男性も行いますが。)があり、自分以外の大事な人の生命に関わる事柄を男性よりも、より真剣に捉えることができるのかもしれない。

南淵先生の本にも、「女性は自分が大事だと思う人をなんとかしようと一生懸命努力する」というようなことが、女性脳と男性脳の違いに触れて書かれていた。

<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の49歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。