座談会のこと、南淵先生と深津さんのこと、そして、打ち上げ

「誰にでも経験できる訳ではない心臓手術の経験談を、他の患者さんの為に生かしたい」という声を、多くの(元)心臓病仲間の方々から聞いてきた。手術体験を綴ったブログやホームページが近年相次いで開設され、その数が増えている。

私が、かねて、南淵先生から依頼を受けたある企画。それも、そうした心臓手術の体験をこれから治療を受ける患者さんや医療関係者に役立ててもらうためのものだ。

昨日、その企画の一つのテーマである(元)心臓病患者による座談会が開催された。

場所は、大崎の東京ハートセンター。集まったのは、南淵先生の執刀で僧帽弁形成術を受けた南淵チルドレン5人。遠藤さん(仮名)、Tさん、若田部さん(仮名)、三つ葉葵さんと私。大崎ゲートシティで待ち合わせて、ランチを共にしてから、全員一緒に会場に向かう。

通常、患者は立ち入ることができない東京ハートセンターの最上階にある応接室に案内された。小ぶりな部屋に丸いテーブルと椅子が置かれている。窓の外は、グリーンテラスだ。プロカメラマンの方がスタンバイされている。深津さんも外来の時と同じいつもの笑顔で我々を迎えてくれた。

南淵先生と我々南淵チルドレンの座談会。詳細内容については、後日、発表可能な形になればお知らせできると思う。

座談会の内容とは異なるが、いつか書こうと思っていたブログネタがある。昨日の座談会でも、そのことを感じさせる出来事があったので紹介しよう。

それは、南淵先生と深津さんお二人のこと。いつから一緒にお仕事をされているのかは知らない。心臓外科医と手術室看護師(& コーディネーター)という病院内での間柄。このお二人が、お互いにベストパートナーであることは、患者の誰もが理解していることだ。

南淵先生はよく、外来診察の患者の前で、「アレを持ってきて!」「アレはどこにある?」「コレをやっといて!」という調子で、深津さんに指示を出されている。時にはその指示代名詞さえ無い場合もある。昨日の座談会でも、南淵先生が討論されている最中に、部屋のエアコンの設定温度を変える指示を深津さんに指先だけで出されたのだ。一度は、温度を上げる指示。次の時は、逆に下げる指示だった。瞬きすると見落とすような出来事。だが、先生の意思通りに調整をされた深津さん。一瞬の出来事だったが、その場にいた南淵チルドレンは皆なそのことを見て関心していたのを後で知った。

「アレ」「コレ」「ソレ」が、何を示しているのか? 先生と深津さんの間では意味が100%通じているのは確かだ。

きっと、手術室の中でも、同じような調子で手術が進められているのだろう。希望する患者に配られる手術DVDに音声は録音されていないが、術者とその周りのスタッフの全く無駄のない手の動きの映像を見ていると、周りの人間が状況の一歩先を把握して、言葉で指示を受ける前に実際に動いていることが見て取れる。

実は、私にも経験がある。かつて、気の合った舌足らずの会社の上司からの仕事の指示がそうだった。「アレやっといて!」「あの件、よろしく」「アレ、もう終わった?」・・・深津さんと同じように、私にもその時の上司の指示は100%理解できていたし、言われる前に、何をやるべきか先回りが出来ていたと思う。

以心伝心、阿吽の呼吸での行動と言ったことなのだろうか。

次回は、「南淵先生と深津さんのお仕事の進め方」をテーマに、南淵チルドレン主催による座談会を企画したいと思った。

座談会終了後、南淵チルドレンが向かったのは、先日の外来診察後に行った生ビールの美味しいお店。一仕事終えた後の充実感を感じながら、乾杯! 比較的若い世代で心臓手術を受けた我々であるが、その手術時の年齢は20代、30代、40代と幅がある。住んでいるところも、就いている仕事も違う。ただ、南淵先生の僧帽弁形成術を受けたという共通項があるだけ。心臓病になっていなければ、お互いに知り合っていなかったであろう仲間達。不思議な縁をまた改めて感じた。





<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

No title

カムバックハートさん

先日はお疲れ様でした。
座談会&打ち上げ楽しかったですね!

心臓病の話題ついてたっぷり話せて、
共有しあえる本当に素敵な仲間達です。

次回会える日を楽しみにしてます。

では
Tより

No title

皆さま、先日は座談会お疲れさまでした。

私はご一緒させていただいた他の南淵チルドレンの皆さまとはちょっと内容が違いましたが、
お話を聞くことが出来て、様々なことでとても参考になりました。
それに、南淵先生、さすがお話上手ですね。
東京ハートセンターって意外と広いんだ・・・と思いました。

座談会後も楽しかったですし!

またの機会を楽しみにしています!

No title

お疲れ様です。

今日、診察に行ってきました。
問題なし。
まずは一安心。

一足先に僧帽弁その1のチェック物を読ませて頂きました。
感動する出来です。
手術前にこれが読めればかなり安心できる内容です。
三つ葉さんの投稿も感動しました。

次回も宜しくお願いします。

おつかれさまです

イヤーホントに笑いあり、緊張あり。いい会をありがとうございました。今思うとむしろ手術してよかった。本当にそういう気持ちになります。きっと皆さんも同じ気持ちかなって思います。自分も励まされ、今がありこれからの人たちにも力になれると自分は思っています。

これからもよろしくお願いします。

No title

遠藤さん、

その1、チェック物見たんですね!
私、まだ見てないんです・・・。
早く見たいな。楽しみにしています。

はじめまして

44歳のサラリーマンです。今年の2月に僧坊弁形成術を受けました。今はゴルフも出来るほどに回復しました。術前に色々と参考になることを読ませていただきありがとうございました。とても助かりました。

座談会ありがとう!

カムバックハートさんとその仲間の皆さんへ

はじめまして!

小生、この座談会の後席(たしか三つ葉葵さんの隣席)で急遽見学させていただいたおじさんです。
若い南淵チルドレンのご活躍、頼もしく聞かせていただきありがとうございました。
その時はまだ術後2週間(入院中)でもあり、それに大変励まされました。
(先日東京ハートセンターでTさん(?)とバッタリお会いしました)

今は自宅で鋭意療養・リハビリ中です。
カムバックハートの次回会合には、よろしければ声をかけてください。

では・・・・。

TTおじさん

はじめまして&こんにちは

コペノオヤジさん、はじめまして。
このブログを参考にして頂いて嬉しく思っております。
術後7カ月ですね。ゴルフも再開されているとのこと。でも、まだ暑い日が
続いていますので、くれぐれも無理はされないようにご注意ください。
術後一年目までは、慣らし運転ですから。

TTおじさん、こんにちは。
先日は、座談会の場で、我々にもTTさんのお話を聞かせて頂きありがとうございました。
多くの南淵チルドレンが集まったあの日は、とても有意義で楽しかったです。
次回の集まりは・・・いつになるでしょうか・・・是非その折には再会して、ご回復の状況
など聞かせて頂ければと思います。

No title

お久しぶりです。復活します。

自分も色々とお医者様に迷惑をかけてしまった。

お酒やら、心臓の薬を自発的に止めるなど。心臓の脈ではなく何かがある。

今改めて救っていただいた南淵先生に感謝です。

深津さん、ハートセンターの皆さんにご迷惑かけたこと大変悔やんでおります。

少し天狗になった自分がそこにはいました。色々と影響受けたものがありまして・・・。

って何コメントしてるんでしょうか。自分。
そんなわけで積極的にこの集まりやらに参加したいです。又連絡いたします。


お久しぶり!

おっと、若田部さん、お久しぶり!
またやってきてくれると思ってましたよ。
そのうち、再会しましょう。
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の49歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード