(元)心臓病アンケート: 弁膜症と血液型の関係?

弁膜症になりやすい血液型って、あるのだろうか?

先日の外来の後、集まった弁膜症手術体験者7人のうち、私を含めてなんと6人がO型。その他にも「私もO型です」という(元)心臓病仲間が何人かいる。血液型と性格、それと、病気との因果関係があるのかどうか? 別に深く研究しようという訳ではないのだが、何故か周りにO型の弁膜症経験者が多かったのが不思議だったので記事にしてみた。

良かったら、皆さんの血液型をコメントでお知らせ頂けたらと思います。

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

No title

カムバックハ-トさん
久しぶりに訪問させてもらってます。
う~ん、私もO型です。

私は・・・・

A、それもガチガチのA型のようです。

20日に長浜で集まるとき、みんなに聞いてみましょうか?
もう3日後になりました。

今日で病気が発覚して丸々一年目です!

私もO型ですが、政治家と心臓病は圧倒的にO型多いらしいんですね( ;∀;)

なぜ?血の気が多いイメージなのかしら?

B型です。

こんにちは。

先月、術後一年を迎えました。
すっごい一年間でした。普通の10年分位生きた気がします!

さて、私はB型です。B型っぽいってよく言われます・・・。
で、たいがいその後笑われます。

そう、心臓病関連の方に、O型の方多いんですよね。 なんででしょうねぇ。

O型ジンクス?

カムバックハートさん
久しぶりのコメントです。

O型のジンクスってあるんですかね?
私もO型ですが。

でも、「血液型、何型?」と聞かれた時、「あの人と一緒」と返ってきます。
とはいっても、その人は心臓病患者ではないんですけど。。。

No title

B型のRh+で魚座です

嫁さまはO型ですが健康優良○です

血液型

2月に僧帽弁形成術を受けたものですが、典型的なA型です・

こんにちは。

私は典型的なA型です。

全く別な話ですが、
考心会事務局へ電話し資料を取り寄せる段取りをいたしました。

ところで、皆様はお元気でしょうか?
お変わりありませんか?

血液型は関係なさそうです

みなさん、コメントありがとうございます。

O型が弁膜症になりやすいかも?というのは、思い込みだったようですね。
元々O型は人口に占める割合が高いですし、たまたま先日の集まりにはO型の
方が多かったのでしょう。 O型のみなさんは案外さみしがり屋なのかもしれませんね。
だから集まりたがる??

越後人さんへ。

お久しぶりです。私は元気にしています。
次回の考心会ではお会い出来そうですね。

勉強になる会ですよ~。

すっかり失念

長浜オフ会の時、血液型を聞くのをすっかり忘れました。
というより、その日の朝からすっかり忘れていたように思います(^^;)

まあ、思い出す間もなかったってことで・・・・

始めまして^_^

始めまして、急にすみません。
僧帽弁閉鎖不全症で、私もO型なのでコメントしました。

コメントありがとうございます。

サナさん、はじめまして。

古い記事でしたがコメント頂きありがとうございます。

O型なのですね。でも、皆さんの話を聞くと、結局のところは血液型と弁膜症の因果関係は無いのではなかろうかと結論づけています・・・


プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード