健康診断と弁膜症の発覚について

皆さんはどういうきっかけでご自分が弁膜症だと判明したのでしょうか?

定期的な健康診断で突然に、「あなたはいつから心臓病ですか?」「心臓に雑音があるので、一度専門の病院で診てもらって下さい」と言われたという方が、私の周りの仲間に少なくない。しかも、毎年定期的に健康診断を受けていたにも関わらず、ある時、突然に・・・

そう言われた患者の心境はきっとこうだろう。「どうして毎年健康診断を受けているのに、手術適応になるような状態になるまで教えてくれなかったんだろう?」

前の年の健康診断でちゃんと聴診してもらって本当に問題がなくても、その後、一年未満の短期の間に弁膜症が突然発症して状況が進行するということも感染症心内膜炎などではひょっとしたらあるのかもしれない。

若しくは、心雑音は認めるがまだ手術適応のレベルではないので、「患者を不安な気持ちにさせるのは可愛そうだ、時が来るまで知らずに生活させてあげよう」という内科医の親切心なのかもしれない。

「まだあと一年くらい大丈夫そうだから、手術適応の文言を言い渡すのは俺じゃなくて、来年の健康診断で担当する別の医者に任せよう」という人の無意識の行動もあるのかもしれない。

手術直前であろうが、早期の段階であろうが、医者から心雑音の指摘を受けることによって激しい不安を感じるのは誰しも当然だと思う。心雑音指摘から手術まで10年以上の歳月がかかった私自身がそうであったから。

早期に弁膜症の指摘を受けた場合は、不安を感じるのと同時に、その後、無茶な生活を慎み、結果的に病気の進行を抑えたり、他の合併症の発症を防ぐことができるかもしれない。また、病気に対する知識を得ることができて、将来やって来るかもしれない手術の日に向けての心構えが少しはできるかもしれない。

健康診断は、そもそも全ての病気を見つけ出すことができるものではない。検査自体が、人体のある一面を非常にアバウトな画像や数値で表現しているだけだし、健康診断という流れ作業の中で、画像や数値が他の人と比べて特異であった際にはじめて指摘がなされるのだから。もっとも、真剣に聴診してもらえば心雑音は間違いなく発見できるらしいのだが・・・

診察室で椅子に座った健康診断受診者の顔を一回も見ずに、反対方向を向いたパソコンの画面とただ向かいあってデータ入力しているだけのような健康診断の医者には無理かもしれない。

従来は、弁の機能が悪くなってもダメになるギリギリまでそのまま経過観察し、時期を見て弁置換という方法が主流だったそうだ。最近は、特に僧帽弁の場合、逆流のレベルが比較的低い段階で早期に弁形成術で治療する方向にあるようだ。

逆流のレベルが進行して知らない間に治療もできないくらい手遅れになるというような事態だけは避けたいものだ。

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

カムバックハートさん、
お久しぶりです!

三つ葉葵さん、
お元気そうでなりよりです。

心臓病の発覚、判明!!

忘れもしない3年前の夏の出来事です。

汗だくな身体をタオルで拭いてたところ突然、左上腕に違和感がありました。
コリッとした3センチ大くらいのものがあり、
なんだろ??と思いながら整形外科へ。

医師は、『うちの病院じゃ無理だ。ガンセンターへ行ってください』

私 『…マジかよ』

それから数日後、紹介先のガンセンターで診察を受け、

医師 『神経腫瘍です。手術が必要ですので手続きしてください』

私 『それは、悪性か良性なのですか?』

医師 『これは取り除かないとわからない』

私 『悪性の確率は?』
医師 『6割は悪性です』

私 『悪性…ってことはガンですか?』

医師 『そうです』

まぁ、前ふりはこんな感じでしたが、
次なる試練が告げられました。

ほどなくして、手術の為入院をし色々な術前検査。

越後人さ~ん、
内科の外来へ行ってきてくださ~い、と呼ばれ行った時です。
看護士 『越後人さん、大丈夫ですか??息切れとかしてませんか?』

私 『???いや、なにもないですが』

医師と対面。

医師 『越後人さん、明後日手術ですよね』

私 『ハイ』

医師 『問題がありまして…。越後人さん、心臓病なのです』

私 『はぁ??』

医師 『大動脈弁狭窄症という病気です。明後日、手術だよね~。う~ん…。手術は全身麻酔の予定か…かなり心臓にストレスがかかるな…』

私 『先生、俺、明後日手術です。そのためにここに来たのです。』

(かなりの動揺)

私 『で、どうなるのですか?』

医師 『この病気は………………。』

色々と説明をされ病室へ。
マジかよ…悪性かもしれないこの腫瘍と、心臓病かよ。どうなるんだろ…

間もなく整形外科の医師と麻酔科の医師が病室にやってきました。

医師 『越後人さん、内科の先生からお聞きになったと思いますが、全身麻酔だとリスクが大きいので局部麻酔で手術を行います』

私 『あれ?先生に以前聞いたよね。局部麻酔だと痛くてダメだから全身麻酔だって』

医師 『…うん…そうだよね。でも…。』

麻酔科 『しっかり管理しますから』

どうも歯切れが悪いなぁ


そして、手術当日です。





はっきり言って地獄のような痛みでした(涙)

腫瘍が神経に貼りつき、剥離するたびに激痛が…


2時間後終了。


憔悴しきった私に外科部長がいらっしゃいました。

医師 『越後人さん、よく耐えましたね。がんばりましたね。』

私 『シャレにならないくらい痛かったですよ』

医師 『でも、局部麻酔で電メスを使うなんてあるいみ貴重な体験されましたよ』

ふざけんな―!
そんな体験いらんわ!!


腫瘍は良性でした。


長文でしたが、
私は腫瘍を取り除く手術の前々日に衝撃の告白を受けたのであります。

No title

病気の発覚って、ホント十人十色なんですね。

私は毎年健康診断を受けていました。
会社に勤め始めてからずっと。
ですが、一度も心臓の異常を指摘されたことはありませんでした。
なんででしょうねぇ。

昨年、たまたま行った内科で心臓の異常を指摘されました。
それで、そこから怒涛の日々。
初めて心臓の異常を指摘された時に私が言った言葉が、
「え?でも私、毎年健康診断受けてますけど」でした。

越後人さん、すごい経験ですね!
その経験で悟ったもの、人生の糧ですね。
そうであるように、私たちは試練を乗り越えたんですよね。
私はそう思います。







いつもありがとう

越後人さん、三つ葉葵さん、

いつもコメントありがとうございます。

これまで仲間の皆さんの話を聞いていて、健康診断で突然、心臓病を指摘されたって人が
多いです。その一方、何年も何十年も経過観察を続けている方もいます。ちなみに、私は
約10年でした。

どちらが良いのでしょう・・・知らずに不安を感じずに時を過ごすのと、早くから心臓病で
あることを認識しておくのと・・・もっとも、経過観察が続いても一生手術を受けずに済む
という方もいます。

こんにちは。

新潟は週末から雪予報です。

来年2月3日に外来予約しました。
みなさんとはお会いできませんが、
暖かくなりましたらお会いしましょう!!
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード