「心臓の暗号」

定期的に連絡を頂くこのブログ読者の方から一冊の本を紹介して頂いた。この本の題名は、我々心臓病経験者にとってとても興味深い。

「「心臓の暗号 心臓は思考し、細胞は記憶する。」 ポール・ピアソール著 藤井留美(訳) 




早速購入してはみたが、正直、前半は読み進めるのにかなり根気がいった。原文が外国語でそれを訳したものであり、興味がある心臓の話とは言え、専門領域的な文章が一般人の理解に入り込みにくいからかもしれない。

だが、第二部は、一変して一気に読み終えてしまった。

大まかな内容は次の通りである。心臓は思考する力を持っており、人体の75兆個の細胞は記憶をすることができる。現代科学では人の記憶は脳がつかさどっていると理解されているが、それに加えて、心臓にも記憶を持つことができる。心臓は「Lエネルギー」を発している。心臓移植を受けたレシピエントがドナーの性格や気質を受け継ぐ例があることなどから、現実の科学では認められていないこうした力の存在を紹介したい。

健康と病気、愛、癒しなどに心臓がどのように関わり、どういう働きをしているかを述べている。心臓は血液を全身に送るだけの機能的なポンプだけではないのだと実感できる。

共感させられる文章が多々あった。そうした頁に付箋を付けていったら、13枚付いた。幾つかの文章を紹介すると・・・
「健康のイメージは大地を踏みしめて揺るぎなく立っているというより、棒でたえずバランスをとったり、体重のかかりかたを調整しながら綱渡りをしている感じなのである。」
「私たちは何かによって癒されるのではなく、ともに癒される。癒すエネルギーを発散させる心臓が、あえて何かをやろうとするのではなく、ただ患者の心臓のそばを取りまけばよい。」
「ネガティブな才能を持たないと、いつも楽しいのが生まれながらの権利だと思ってしまう。だからそれがかなわないときには、本来持っているものを奪われたように感じるのだ。」

もし興味を感じられ方は、読んでみては如何でしょうか?良かったら感想をコメントでお知らせください。

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

御礼

カンバックハートさま

(今回の内容とは関係ありませんが...)
ごぶさたしています。
時々、ブログ拝見させていただいています。

文面から、カンバックハートさまのご活躍のご様子を感じることができ、
また定期健診の際に南淵先生との話題にも使わせてもらうこともあります。

これからも更新を楽しみにしています。

先ずは日頃のお礼まで。
来年も良い年となりますよう。

TAKECHI

こんにちは。

TAKECHI さん、こんにちは。

コメントありがとうございます。お久しぶりですね。

来年春ごろ、また皆さんと集まりたいと思っています。
再会を楽しみにしております。

良いお年をお迎えください。

南町田病院

「心臓の暗号」、いつか読んでみたいです。
このブログの記事のことについて、ある人が、 「心臓に考える力があるとしたら、きっと自分を治してくれた南淵先生のことが好きだね。」と言っていました。
なるほど。そうかもしれないですね。

さて、2~3ケ月ほど前のことなんですが、南淵先生の外来をいつもの東京ハートセンターではなくて、南町田病院で受けました。
理由は、南町田病院の方が自宅に近いので一度は外来を受けておこうとおもったことと(ようするにカルテを作っておきたかった)、その病院の様子が見たかったことかな。
南町田病院は診療科の多い病院なので、もちろん受付から待合室までいろんな方がいらっしゃいました。

私は心臓病に関しては、大和成和病院・東京ハートセンターと、心臓専門の病院にしか行ったことがなかったので、人の多さにまずびっくり。
でも、地域密着型の総合病院という感じで、温かみのある病院ではありました。 術後の経過で診察を受けるのでしたらいいような気がしました。

午後の診察時間に遅刻していらした南淵先生に、「先生~、遅れて来たでしょう~!」と話し掛ける年配のご夫婦が何組かいらして、失礼ながら微笑ましく感じてしまいました。
近所のクリニックの先生と、馴染みの患者さん・・・と思わせるような光景でした。

先生の診察はどこの病院でももちろん同じで、安心でしたよ。
今日はちょっと南淵先生を思い出す出来事があったので、南町田病院ルポを書かせていただきました。

今年はこのブログで随分元気をいただきました。 ありがとうございます。
来年もよろしくお願いします。

ありがとう!

三つ葉葵さん、

今年は沢山のコメントありがとうございました。

手術後の生活を、色々なイベントを通して一緒に進んでいける仲間が
いるということは素晴らしいことですね。

来年もよろしくお願いします。

No title

お久ぶりです。 

日々の生活に追われていて、自分のブログも更新ままならず、というところでしたが、久しぶりにブログ訪問させていただきました。とてもお元気そうで、何より!

さて、この「心臓の暗号」の原著なんですが、もしお手元の訳本に原書の名前がありましたら、お教えいただきたいのですが・・・

Amazon で著者名で探したら、「The Heat's Code」という本がヒットしましたが、これかな~と・・・・。カバーが違うので自信ないですが・・・・

主人に読ませてやりたいと思いまして・・・・

No title

たびたびすみません。

あ~、本の写真をよ~っく見たら、書いてありましたね(汗)

「The Heat's Code」 間違いないですよね~。 Amazonで Paper Back で購入できそうです。ヴァレンタインのプレゼントにしたいと思います。

ありがとうございました。 当方、なかなか身体の不調が改善してなくて、少々モチベーション下がっていますので、少しポジティブ思考に持っていきたいと思ってまして・・・・。

お久しぶりです!

kumiさん、お久しぶりです。

こうして、たまにこのブログに舞い戻ってきて頂けると嬉しいです。

相方様の調子はいかがですか? 食事や適度な運動は心がけると良いと思います。
今の時期は、インフルエンザとかも怖いですから、十分に気をつけて下さい。

この本、きっと良いプレゼントになると思いますよ。前半はちょっと難解ですけどね。
訳文より原文の方がすんなり理解できるかもしれません。無理に日本語に訳すと
かえって不自然な表現になってしまうのかもしれません。心臓についてのちょっと珍しい
思考の内容なだけにストレートに訳しにくいのかなと想像しています。

また近況などお待ちしています。

No title

こんにちは。

カムバックハートさん、皆さまいかがお過ごしですか?

「心臓の暗号」、まだ途中ですが、興味深い本ですね。
ゆっくり読んでいきたいと思います。

さて、インフルエンザがとても流行っていますね。
私もインフルエンザかどうか定かではないのですが、熱を出しました。
術後初めての熱だったので、ちょっとドキドキしてしまいました。

たまたま近所のかかりつけ医が休診だったので違う病院に行ったのですが、
手術のこと、薬、アレルギーなどを最初から説明しなくてはいけなく、
ちょっと面倒&不安でした。
やっぱりかかりつけ医は大事だと再認識したところです。

勤めている方などは、また状況が違ってくるとは思いますが。

皆さん、インフルエンザなどには気をつけてくださいね!




長期間の発熱は要注意

三つ葉葵さん、

おっと、発熱ですか・・・発熱することで、体の体温を上げる、そうすると免疫力がものすごく
上がるそうです。なので、発熱は体が悪い菌と闘っている証拠。解熱剤ですぐに熱を下げてしまうのは
免疫力を高めるのを防いでいるようなものとか・・・
でも、熱が何日も続くようだと心臓にその悪い菌が入って、感染症とかを起こす可能性が
あるので、抗生物質の処方が必要になると先生が言っていました。

そういうことを知っていれば、いざという時にも適正な判断ができると思います。

葵さんはもう、大丈夫かな?
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード