天皇陛下の心臓バイパス手術

今日、天皇陛下の心臓バイパス手術が予定通り終了した。手術時間3時間56分。夕方にはICUに移動され、既に麻酔から覚めて皇后さまとお話をされた模様。

夕方6時過ぎ、執刀医をはじめとする医師団の記者会見が行われた。NHKと民放1社の2チャンネルで生中継。

執刀医である順天堂大学の天野篤先生の、「手術が成功かどうか判断するのは、天皇陛下が公務に復帰された時であって、今の時点で成功かどうか言葉にするのは時期尚早だと言いたい」とコメントをされたのが印象的であった。

手術は当初からの予定通りに進行し、想定された通りの経過状況なのだと医師団の会見を聞いていて想像できた。「手術は大成功です!」と国民に対して早く宣言したいところをあえて慎重な発言をされた天野篤先生は、やはりものすごい医者なのかもしれない。

記者会見を生中継していたNHKのスタジオには南淵先生が登場。会見後の解説をされていた。やはりその時にも天野先生の慎重な発言のことを真っ先にコメントされていた。

南淵先生、最近ダイエット中とかで、テレビの画面でもスマートに見えましたね・・・

心臓手術が世の中の関心を多く集めているここ最近です。そのせいか、このブログのアクセスカウンターも沢山回っているようです。

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

ひさびさ

今晩は、遠藤です。
ひさびさの登場です。
フェイスブック初めました。

こんにちは。

遠藤さん、こんにちは!
6月頃、集まり開催したいと思ってます。
また、楽しくやりましょう。
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード