術後十六回目の外来

目黒川近くにある大崎病院東京ハートセンターの周辺もきっと散り始めた桜が綺麗だろうと思いながら、術後十六回目の外来に行ってきた。昼時のオフィス勤めのサラリーマンをフレームに入れないように桜の写真を撮るのに苦労しながら、13時過ぎに東京ハートセンターに到着。午後の受付には既に多くの患者さんがいらっしゃった。

これまで3カ月毎の外来で必ず心エコー検査を受けたきたのだが、前回の外来で言われた通りに今回はエコー検査は無しであった。採血、胸部レントゲン、心電図だけの検査。ちなみに外来診察の周期が同じ三つ葉葵さんとは同じ外来日で検査メニューも同じであった。

三つ葉葵さんの採血風景

南淵先生の診察室においてあった患者への説明用の生体弁のサンプル(撮影者:三つ葉葵さん)

聴診中の南淵先生。(撮影者:三つ葉葵さん)

レントゲン写真を見た先生曰く、「心臓が小さいねぇ・・・」。術前は大きく肥大していた左心房と左心室も、今は正常なようだ。心電図も問題なしとのこと。血液検査の結果も問題なし。検査結果表をプリントアウトしてもらう。

南淵先生は口癖のように「全く問題ないですね~」と仰る。先生の仰る「問題なし」は「問題なし」。例え多少の体の不調があったとしても先生に「問題なし」と言ってもらうと気持ちが晴れて、自らの身体が本当に問題なしの方向に向かっていくようだ。

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

No title

ご無沙汰してます。
外来での検査お疲れさまでした。「問題なし」とのこと、また写真のお顔拝見しても健康そのものですね。

第四回目の(元)心臓病仲間の集まり楽しみにしています。今回は私と同じように術後マラソンをしている仲間にも連絡して一緒に参加したいと考えています。今から楽しみです。

ご無沙汰しております。

5月6日開催の「考心会」総会は出席予定です。

久しぶりにお会いできたらなと思います。

こんにちは!

げたのうらさん、越後人さん、

こんにちは。。。近いうちに再会できそうですね。今回の集まりは人数20人くらいで
開催しようと思っています。一度にお話できるのはそれくらいが限度かなと。あと
場所の関係で。その代り、秋にも開催して年2回くらいできたらよいかなと。
後日、ブログで呼びかけして返信もらった方から受付したいと思いますので、宜しく
お願いします。

5/6の考心会も参加予定です!

いよいよ開始

9時に手術開始です。午後にはICUでリハビリが待っています。再生に向けてチャレンジです。

ICU滞在

還暦かやっかーさん、

今頃は、ICUでの滞在を楽しまれている頃でしょうか?

術後のご連絡楽しみにお待ちしております。

No title

初めての訪問です。先日三つ葉さんから「奇跡は続く」を頂き、10カ月前の手術を振り返り読んでいます。
10年前元気で勤務していた頃の状態に復活したようです。
(元)心臓病仲間の集まりに初めて参加したいと思います。
よろしくおねがいします。

再会

たかしげさん、お久しぶりです。
術後にお会いするのは初めてですね。
再会を楽しみにしております。

還暦カヤッカーさんへ

始めまして。三つ葉葵です。

術後いかがおすごしですか?
何をするのにも胸の創が痛いころではないでしょうか。
私は術後の入院生活を一喜一憂して過ごしていました。

数日前に、入院中に書いていた日記を読み直しました。
忘れているつもりはなかったのですが、またいろいろと蘇ってきました。

のんびり回復してください。
でも、順調な回復をお祈りしています。

たかしげさま

先日は突然に思い立ち、「奇跡は続く」をお届けしました。
(徒歩数分のご近所さまなのですよね。)

次回の集まりでお会いできることを楽しみにしています。

術語9ヶ月目となりましたが、今月末、野球の試合に参加します。どれくらいまでプレーできるかわかりませんが頑張ります。
昨年は、県大会準決勝まで勝ち上がりましたがあと一歩のところで敗退。
リベンジ戦のつもりで挑みます(自分自身にも)。
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード