術後3年半の体の調子

過去の記事に、術前術後の体調の比較を書いた。術後3年半を過ぎて改めて自分の体の状態を客観的に評価してみた。

(1)子供の頃から虫歯はあって継続的に歯医者に通っていたが、前回歯医者で治療したのは5年前。術後は歯医者要らず。毎年、会社の健康診断の際に歯科検診があるのだが、虫歯はなく歯石もほとんどついていない、歯磨きも丁寧に出来ていますと褒めてもらえた。ちなみに、歯磨きは食後できるだけ早く、朝、昼、晩の最低3回、時に4回丁寧に行っている。電動歯ブラシは使っていない。歯と歯茎の境目を丁寧にブラッシングしたり、一本一本の歯を10回づつ磨くことを意識したりしている。また一日一回は歯間ブラシを使用。それでも取れていない汚れがあるので、楊枝のようなもの(金属製の細長いもの)でそっと掃除。やりすぎは歯を痛めるので要注意。術前はよく歯茎から出血したり冷たい水を口に含むと痛かったりしたが、術後はそういう不具合は全くなくなった。
(2)術前は体が疲れると良く大量の鼻血が出たが、術後は一回もそういうことがない。バイアスピリンを飲んでいるから血液サラサラで出血すると止まりにくいと言われているが、そもそも出血しなくなったので問題がない。
(3)血液検査は、3か月毎の外来と年1回の会社の健康診断で年間5回も実施。中性脂肪がやや高めだったが、ここ2年は脂質、血糖、コレステロールの全てオールA。尿酸値だけは以前から高く術前から服薬を続けている。アロシトール200mgを一日一回。その結果、検査値は常に正常値を維持している。血圧も以前はかなり高かった。術前から降圧剤を服用。術後は、心臓の動きが元気過ぎたので働きを抑えるアーチストやワソランを服用していて、それらが血圧を下げてくれている為なのか、現在は120/80以下。
(4)ウエストサイズは、手術を受けた頃は恐らく80cmくらい。今は71cmになった。BMIはやせ気味と表示されるが、現在の体重が私にはベストの状態だと感じている。
(5)心電図検査をすると必ず出るのが、完全右脚ブロック。これは心臓手術で心臓の壁を開けるのにメスを入れた際に何かしらの繊維か何かが切られた結果だと本で読んだ記憶がある。心臓の働きには特に問題ないようなので無視している。
(6)術前は多少あった不整脈も今は全くない。そういえば最近は不整脈が無いなぁと思い出して気付いたくらいだ。ちなみに、周りに話を聞くと、不整脈とはどのような症状なのか分からない人が結構多い。これが不整脈だと実際に経験しないと、「脈が飛ぶのが不整脈だ」と言われても実感を得ることができないのだ。
(7)仰向けに寝れない状態が術前数年から続いていた。術後は胸骨をかばう必要性もあるので仰向けに寝ざるを得なかったが、その後再び仰向けに寝るのが何故か困難になった。寝入る際は横向きでしか寝れないが、夜中や朝方、目が覚めると結局仰向けに寝ていることが多いので単なる癖かなと思っている。
(8)右方向の首の痛みは術前からあったのだが、術後はかなり改善した。
(9)便秘も下痢もなく、お腹の調子はすこぶる快調。
(10)いつでもどこでも比較的容易に寝ることができる性格だが、最近、夜、美味しいコーヒーを飲むと眠れないことがあった。カフェインに敏感になったのか?
(11)早起きが辛くなくなった。これは年のせいだろうか?
(12)切羽詰まった時や、焦ったときでも落ち着いてゆっくり行動をとることができるようになった。それが副交感神経に作用し体をうまくコントロールしている気がする。

ところで、3度目の手術後、早くも約1カ月になるマダムアリスさん。やはり色々な体の変化が起きているようだ。こんなメールが今日届いた。
--------------------------------------------------------------------------------

後、皆の顔が今までと全く別人に見える人と、前以上に、綺麗に整って見える人と…不思議なくらい違いがあるんだけれど…( →_→)なんなんだろう…豚さんの弁が移植されたから!?まさかよね~???
心が清く、優しく、強く、響きやすくなったのは納得出来るけれど、見る目!?脳の発信角度が変わったの!?
受ける眼球が変わったの!?

本当に驚く変化なのよねっ、誰か弁置換した方で同じような体験者いるかなぁ~。
次回の集まりで、聞いてみ~ようd(⌒ー⌒)!

マダムアリス
--------------------------------------------------------------------------------

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

はじめまして。

実は、手術前に読ませてもらってました。
僧帽弁を機械弁に変えました☆
今年の4月25日に、南淵先生にオペしてもらいました。
5年前には、脳動脈瘤で、上山博康先生が東京に来てくれてオペしてくださいました。

橋本病など他にも病気があり、なかなかすぐに元気に!とはいかないので、ゆっくりと過ごしています。

入院中に仲良くなった伊豆に住むおばあちゃんちに、泊まりに行く約束をしているので、いつか実現させたいです。
では、では(^_^)

P.S.不整脈は、私も体験したこと無かったのですが、ICUで急に、トクトク…ドクン!とデカイのが来て南淵先生に『このドクンって不整脈?』『最初だけだよ』と言われて、それ以来ありません。ビックリしました。

追伸です。

blogのアドレスをパソコンから貼りつけましたので
多分こちらからのほうが、ちゃんと見れるかと思います。
たびたび失礼しました。

コメントありがとうございます

たまちゃん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

最近南淵先生の手術を受けられたのですね。我々の世代の心臓病患者さんって
思ったより多いような気がします。特に最近は女性の方が増えたのか、はたまた
女性の方からのコンタクトが増えただけなのか分かりませんが。

貴ブログ拝見しました!芸能界には疎いのですが、何やら羨ましいような・・・
病気についてもフランクにお気持ちが書かれていて皆さんの参考になると思います。
私のブログにリンクさせて頂いても宜しいですか?

そのうち外来でお会いすることもあるかもしれませんね。
今後も宜しくお願いいたします。

どうぞどうぞ

リンク貼って頂けると有り難いです(^o^)/☆

たまに、私のblogを見て、元気もらえた!とかコメントやメッセを頂けるのが、すごーく嬉しい今日この頃です☆

脳や心臓の病気の方からのメッセが多いです。

私も、また7月13日に、ハートセンターに診察に行くので、ついでに、徳田さんにマッサージしてもらってきます(笑)

こちらこそ、よろしくお願いいたしますm(__)m☆

リンクしました

早速リンクに追加させて頂きました。

私の次回外来は7/6なので、ちょっと日程違いかな。
でも、そのうちにお会いする機会がやってくるでしょう。
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の49歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード