手術当日 その1 手術前

朝5時頃、目が覚める。眠剤のおかげでぐっすりと眠れた。6時に大便がでる。もし、ここで出ないと、浣腸という手段を講ずることになるが、セーフ、助かった。

朝食はもちろん食べることはできない。水、お茶は、朝6時までなら飲んでもいいそうだ。洗顔、歯磨き、髭剃りをして、荷物を倉庫に預ける。

手術用の浴衣のような服に着替えて、パンツではなく、T字帯という、所謂、フンドシをつける。この付け方が最初分からなかった。フンドシなんてつけたことないぞ!

この格好で、デイルームまで歩いて行って、朝のテレビ番組を眺める余裕もあった。

8時前に、家族が病院にやって来て、準備万端。気分はワクワク!不安のようなものは全く襲って来なかった。病室の前にストレッチャーが置いてあった。これに乗るのかと記念に写真を撮っておいた。

ストレッチャー
病室の前で待機していたストレッチャー (TC-1 + Tri-X 400)

8時15分に、病室でストレッチャーに横たわり、腕に筋肉注射を一本。痛みはない。精神を安定させるような薬らしい。人によっては、これで手術室に運ばれるまでの間に眠ってしまうらしい。私の場合は、20分経っても、30分経っても体に変化を感じない。いよいよ手術室へ運ばれる5分前になっても意識ははっきりしている。「ひょっとして麻酔の効きにくい体質だったのかも・・・手術中に目が覚めたらどうしよう!!」とは思ってなかったです。


手術室に向かう直前。看護師のKさんと。 (TC-1 + Tri-X 400)

手術開始予定時刻の朝9時になり、夜勤担当の看護師さんKさんとYさんがストレッチャーを押し始めた。家族は手術室の入口まで付き添ってくる。「はい、家族の方はここまでです。声を掛けて上げて下さい」と言っている。テレビドラマにありそうな典型的な場面。

更にゴロゴロと数メートル運ばれて、止まった先が手術室。目の前には例の手術用の電灯。ビデオカメラも設置されているのを確認。消毒薬のなんだかいい匂いが漂っている。そして、クラシック音楽がBGMに流れているではないか! これは新たな発見であった。注射した薬が効いてきたのか、とてもハイな心地良い気分になり、興味津々で周りを観察。とても落ち着く神聖な空間であった。自分の右側に女性が一人、左側に男性と女性、頭の後ろに男性が一人いたことまでは覚えているが、声はかけられなかった。手術室に入って2、3分、左手をさすられている内に、点滴の管を入れる痛みも感じず、記憶が止まった・・・

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード