心臓リハビリ

心臓手術を受けた後は、心臓リハビリに取り組むという大きな楽しみがある。

心臓手術を受けたら、数カ月はベッドの上で絶対安静。運動なんてもってのほか。危険極まりない。心臓が止まってしまったり、修復した弁が壊れてしまうのでは?と多くの方が思っているように私も入院前はそう思っていた。

心臓手術についての本を読み、入院して入院患者やリハビリ室の理学療法士の先生から直接話を聞いて、その認識は実際とかなり違っているということに気付く。実際には術後は少しでも早く体を動かし始める方が結果的に回復が早くなるのだそうだ。

心臓病専門病院には、それこそ心臓リハビリ室なるリハビリ専門の部門がある。



リハビリと聞くと、辛いもの、動かない体を歯を食いしばりながら無理やり動かして頑張るものというイメージがあるが、心臓リハビリは違う。苦しみとは無縁で、体を動かすことによる充実感、爽快感を得ることができて実に気持ち良い。楽しみと書いた理由はそれだ。

胸骨正中切開した後のリハビリの実際は、まずは、ベッドから自力で起き上がることから。私の場合は手術翌日の朝、ICUのベッドから自力で立ち上がり、そのまま一人で一般病棟まで20m程歩いたのが最初。手術翌日の夜には、トイレまで点滴を持ちながら一人でスタスタと歩いていけるようになった。徐々に歩く距離を増やしていく。階段昇降もやる。そして、術後3、4日もすればリハビリ室へご招待となる。そこでの運動は、自転車こぎやベルトの上の歩行。大きなボールや紐を使った筋力トレーニングなど。



運動内容は、上記に加えて、更に、実際の社会復帰を前提としたプログラムが組まれている。例えば、片手に2kg程度の荷物を持って歩く運動をベルトコンベヤーの上で行ったり、洗濯バサミを挟む訓練を行ったり・・・。退院して直ぐに家事を始めなくてはならない主婦の方にとっても実に実践的なリハビリである。



リハビリ運動中はリアルタイムに心電図や血圧、心拍数が計測されていて、もし何か心臓に異常が発生すれば直ぐに察知できるようになっている。専門の理学療法士の方が傍に付き添って居て下さる安心感は大きい。ちなみに希望すれば退院後も心臓リハビリに通うこともできるようだ。



退院前日の最後の心臓リハビリの日にはリハビリ修了証書が授与される。それを思いがけずリハビリ室長から手渡される時の患者の気持ちは、「心臓手術を乗り越えたぞ! 頑張ったんだぞ!」という自身の気持ちが一気に昇華して涙溢れる瞬間であるようだ。と、まるで人ごとのように書いているのは、実は私はリハビリ修了証書をもらっていないから。私の入院していた頃にはリハビリはあれども修了証書を発行してもらえるというプログラムはまだなかったのだ。進歩しつつある心臓リハビリ室のメンバーが考え出した素晴らしいアイデアだと思う。



退院後も自宅療養においてリハビリは続く。それまで弁の逆流があるが故に人一倍頑張って負荷運動をしていた心臓。術後、治療が施され逆流の分の余計な力が必要なくなった心臓。新たな状況に適応するまでは様々な体の違和感も起こり得る。決して無理はせず、体の回復を暖かく見守り、体調の変化を楽しみながらリハビリ続けることができれば良いと思う。

順調な回復であれば、術後1カ月経てば体の自由はかなり効くようになり、3カ月も経てば術前に比べて数倍の元気な体力と強い精神力を得ることができていると思う。



<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

修了証書

ご無沙汰しています。
リハビリ修了証って良いですね。
私も欲しかったかも。

私も手術することになったと職場の上司に報告した時は、復帰まで早くて4ヶ月かかると思われていました(後で聞きました)。

もうすぐ2年になりますが、手術したと言うことが記憶の底に埋もれつつあったりします。

記憶

豆パパさん、こんにちは。

豆パパさんのご様子はブログでいつも拝見しています。こうしてお互いに自身のブログの更新を続けているだけで、相手の様子を確認できて安心できるのはインターネットという便利なもののお陰ですね。そうでなければ、年賀状や暑中見舞いの葉書がそういう役目を果たすのでしょうか。

手術から時を経るに従って記憶も薄れてくるのが普通だと思います。私の場合は、このブログのお陰で心臓病や心臓手術に継続的に関われているせいで、入院当時の気持ちだけは今でも鮮明に残っています。

リハビリ修了証書、欲しいですよね!

もうすぐ手術から1年です。
まだまだ鮮明にあの時の事を覚えています。

来月の17日、
緑の旅人さんと一緒に外来へ行きます。

七夕がもうすぐ

そういえば、越後人さんの1歳の誕生日の七夕がもうすぐですね!

外来仲間ができると、南淵先生に会えること以外にも外来に行く楽しみができますね。
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード