人の心の変化  その2

9月1日のこのブログ記事でご紹介した東京新聞掲載の池田省三さんの「ステージ4 がんと生きる」の続編。

前回のエッセーで、「「人間は致死率100%の存在なのだ」と受容した。すると、時の流れが穏やかになり、それと同時に気分がゆったりとして、穏やかになれた」という池田省三さんのお気持ちが伝えられていた。それに対して、末期がんを告知された別の方が同じような体験をするのかどうか、池田さん自身も強い関心を持っておられたようだ。

その池田さんの手元に新聞記事を読まれて同感された方からお手紙が多数届いたとのこと。その紹介記事が2012年9月8日付け東京新聞朝刊に続編として発表されているので改めてご紹介したい。

「私も死を意識して、見つめ直したのは自分の人生」「死はすなわち、生を振り返ることなのかもしれない」「見える風景が変わり、光を感じた」と池田さんは思い感じられた。

池田さんに届いたお手紙の中には、「時が穏やかに・・・とても一日が長く感じると主人が言い出した」、「自分自身がとても穏やかでいられる。それが不思議だとも申しておりました」と、池田さんと同じ感覚を得られた方のお話があったり、亡くなられるひと月半前に上高地にご夫婦で出かけられた方の場合、「何だかこのあたりのものが、すごくキラキラとみえるんだ。日の光で光っているんじゃないんだけど」「今、自然のものが全て美しく見える。不思議だ」と言い出されたとのこと。 「前向きにすべてを受け入れて生きています」「がんと共生して行くことへの勇気をいただきました」という方もいらっしゃる。

ここからは、私の考察。

がんと心臓病では、患者の心境は大きく異なると私は思っている。心臓病は前にも書いたが、多くの場合、適切な時期に適切な治療を行えば健常者として平均寿命をまっとうすることができる病気だからだ。病気を受け入れて、前向きに生きていくことがより容易な病気なのかもしれない。我々の(元)心臓病仲間の皆さんから、「時の流れが穏やかにゆっくりとなったのを感じた」というコメントは聞かれなかった。それは、心臓病が心臓という人の生命の源に関わるとても大きな病気であるにも関わらず、流れている時の先に対して希望を持つことが比較的容易であり、危機の状況でも自身が死を本当に意識することは少ないことからくる当然の結果だったのだろうか。弁膜症で心臓手術適応を指摘されたが自覚症状がないような方には特に当てはまるのだろう。だからといって、心臓病を甘く考えてよい病気では決してない。心筋梗塞や急性大動脈解離で強烈な胸の痛みに襲われ救急車で病院に担ぎ込まれ緊急手術に至る方もいる。また何度も再手術を受けられる方もいる。そこから生還された方は一度や二度、死をより身近に経験されていることと思う。

「心臓手術を受けたら、目に見える世界が異なってみえる」「人の顔が違ってみえる」「豚の生体弁を入れると聞いていたから、手術中、ブタさんの夢を見た!」「術後、自分の生体弁は牛の心幕のものだと聞いた時から、ブタさんの夢は見なくなった!」、とは、マダムアリスさんの3度目の心臓手術時の体験である。

心臓手術を受けると、体に色々な変化が起こるのは確かだ。何が起こるのかは人によって異なるが、心臓手術経験者同士でそれを語り合うのも楽しいものだ。「(元)心臓病仲間の集まりで、同病の方同士が寄り添わないといけないくらい心臓手術を受けて生きていくということは辛いことですか?」と先日、質問を受けた。そんなことはない。(元)心臓病仲間が交流を持つのは、貴重な体験をお互いに自慢したり、不思議と気が合うのがどこか居心地が良いから集まっているのだと思う。

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

致死率

100%であることは、幸せですね。
では、生と死の間をどうやって過ごすか。

「延命治療」。
その言葉は漠然としていて、どこまでの医療処置が延命治療ではないのか、いろいろな見解があります。

私の思う(あくまでも私の個人的意見)「生」とは、自分の力で食事を飲み込むことが出来る時点までをいうと思っています。

食べること、寝ることは生きる大原則です。
それが自分の力で出来なくなった時、私は、医療処置としての栄養管理などを受けないで自然の力に身を任せたいと思っています。
その気持ちを示すために、その旨を一筆書いて持ち歩いています。

すみません、話題が少し重かったでしょうか。

人はいつかは死ぬ

今朝の東京新聞朝刊にも、米国の方で脳の麻痺で首から下が動かなくなった方が、
自らの生を終わらせて欲しいと裁判所に訴えたが受け入れてもられず、結局、最後は
自分の意思で食事を拒み餓死したという記事がありました。
死ぬことのできない辛さというものもこの世の中にはあるようです。

ここに書いていいものなのか?www

以前、相談させていただいた、SAYです。
カムバックさんに教えてもらったように、南淵先生の予約が取れました。明日、行ってきます。
ブログに書いてあるように、深津さんは
とても親切な印象をうけました。
最初、電話をかけたとき
深津さんは、連休を取っていて今日まで休みと言われ。連携室に回してもらい、無事予約は取れたんですが
後日、わざわざ深津さんから電話をいただき
色々、安心させていただきました。

明日、笑顔で行ってきます。

こんにちは!

SAYさん、こんにちは。
今日、南淵先生の診察に行かれたのですね。状況はどうでしたか?
ご自身の納得の行くように治療の方向性を決めて下さいね。
深津さんは色々相談に乗って頂けますから、心配なことや不安なことは
どんどん聞いてみると良いと思います。

半分の月さん、
昨夜私がお返ししたコメントの詳細が間違っていました。
米国の方ではなくて、英国の方でした。「英国で治療中止が認められのは、一年以上
植物状態で回復の見込みがないといった条件を満たし、家族と医師が同士した場合だけ」
とのことです。国によってこの辺りの思想からくる法律が異なる訳です。

こんばんわ

今日、行ってきました。色々話して
思ったことは、南淵先生
面白いっすねwww
深津さんは、物凄い笑顔でした。
で、お話しを聞いた結果。南淵先生に、再手術をしてもらうことになりました。他の病院の尻拭い?的な手術なのに、絶対に成功させます。任してください。
と、頼もしいお言葉。
ニュアンス的に、医者に落胆しないでください。僕が治して見せますから。と、聞こえました。
来月、手術です。また、あの痛み苦しみを、体験するのかと思うと
凄い凹みますが、次は自分が選んだ医者
南淵先生と思うと頑張ろうと思えます。

「生きている」と「生かされている」

カムバックハートさん、丁寧にお知らせありがとうございます。

私はタイトルのようなことを考えさせられる職場にいるので、そのように強く思うのだと思います。

よろしければ今後少しずつそれをコメントしていってもいいでしょうか。


No title

SAYさん、
充実した診察であったようで、よかったですね。
再手術、頑張って下さい!

半分の月さん、
了解しました。お仕事から得られる(元)患者にとって役に立つ情報を
色々提供して下さい。

今、ふと
病院からもらった資料見てたら、カンバックさん乗ってるんですねー
よく見てなかったwww
男前なんですねーwww

パンフレット

その資料って、僧帽弁形成術の座談会のパンフレットでしょうか?
プロのカメラマンの方が撮ってますからね~だから男前に写ったのでしょう(笑)

変化はあります

手術後はあまり「モノ」が欲しくなくなりました。
物欲は明らかに減退したように思います。

本やCDでもよほどのことがないと買わなくなりましたし、長年趣味としてきたオーディオでももう機器のグレードアップや高音質への欲求はほとんど興味が無くなりました。
コンサートは定期的に聴きに行きますので音楽への興味が無くなったのではないと思います。
旅行には以前にも増して積極的に行きたいと思ってますので、対象がだいぶ変わったようです。
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード