第六 & 七回(元)心臓病仲間の集まり開催案内

恒例となりました(元)心臓病仲間の集まりを開催いたします。今回は、二日続けての連日開催です。両日参加ももちろんOKです。

◆日時:第六回開催 6月15日(土) 13時~17時
     第七回開催 6月16日(日) 13時~17時

◆場所: 神奈川県横浜市元町付近(港の見える丘公園近く)
◆参加人数: それぞれの開催日毎に20名づつ
◆参加資格: 心臓病経験者(術前、術後、かかっている病院を問わず)及び、心臓病の医療関係者
◆参加費: 会場代と飲み物代を最後に割り勘(二千円前後の実費分のみ)

今回の開催場所も昨秋と同じ畳の貸切和室になります。靴を脱いで床に座る形になります。貸し切りの会場なので病気のことなども周りを気にせず話しやすい雰囲気です。また席の移動も容易なので参加者同士のコミュニケーションもとりやすいと思います。

一次会終了後は、いつものように横浜中華街で夕食になると思います。ご都合の付く方は引き続きご参加下さい。二次会は参加者同士打ち解けてきて、一次会以上にいつも盛り上がります。

参加ご希望の方は、参加希望日(両日でもOK)をご明記の上、カムバックハートこと鍋島まで必ずメールをお送り下さい(初めての方は簡単なプロフィールもお願いします。)。基本的に先着順にて参加受付させて頂きますが、術前の方向けに優先枠を両日数名分開催直近まで確保しておきます。出席者のみに配布する参加者名簿を今回も事前作成したいと思いますので、後ほど簡単なプロフィールの記載をお願いいたします。

これまでに開催した集まりの様子はこちらの記事をご覧頂ければ雰囲気など感じてもらうことができると思います。

今回も皆様のご参加をお待ちしております。

カムバックハート(鍋島)

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

お疲れ様

お疲れ様です。

遠藤両日ともに参加します。

No title

こんにちは。
土曜日に参加希望です。よろしくお願いします。

参加希望ありがとうございます

遠藤さん、かんちゃん、

参加希望のご連絡ありがとうございます。
受付いたしました! かんちゃんは2年ぶりの再会ですね。遠くからの参加ありがとうございます。
当日、よろしくお願いします。

No title

6月の集まりの段取りごくろうさまです。
私も参加でよろしくお願いします。
今回は2日連続なんですね!自分は土曜日希望でお願いします。
楽しみにしています。

集まり

ルーニー兄さん、

参加ありがとうございます。土曜日了解です。
また色々お話しましょう!

参加希望します

遅くなりましたv-30
v-315土曜日参加希望します。
二次会も参加しま~すv-275

v-433定員オーバーでしたら、日曜日へ変更可能です。
よろしくお願いいたしますv-254

参加受付しました!

une燦々さん、

6/15(土)のご参加で了解いたしました。人数はまだ大丈夫ですよ。
いつものメンバーに加えて初めて参加して頂ける方も何人か連絡を
頂いています。
とても楽しみです。
プロフィール & メール

カムバックハート


Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード