5月11日(日)は考心会です

次回の考心会(心臓手術後の生活を考える会)の講演は、5月11日に神奈川県大和市で開催されます。
南淵先生、深津さん、それから大和成和病院の小坂眞一先生の講演が行われる予定です。

考心会の講演は心臓手術を経験した人にとってとても勉強になります。どこの病院で心臓手術を受けてた方でも考心会(心臓手術後の生活を考える会)に参加することができます。連絡先など詳細は、こちらの考心会のホームページをご覧下さい。過去の考心会の様子はブログの記事でも紹介しています。

毎回、私をはじめ、何人かの(元)心臓病仲間が出席し、講演が終わった後もワイワイやっています。興味のある方は是非参加されては如何でしょうか?

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

講演

次回の考心会、私も参加します。
次回はカムバックハートさんの講演もあるんですよね?!
楽しみです!

講演

はい、10分だけですけど、このブログのこととか集まりのことなどを
お話させていただきます。緊張しています。

カムバックハートさんの講演

今度の日曜日ですね!
楽しみです!

準備中

はい、とちらないように、しっかり準備中です。

先日はメールで…

先日メールさせていただいた、僧帽弁手術予定のゆきにゃんです。
お忙しいところお返事いただき、本当にありがとうございました!

カムバックハートさんの講演をぜひ聴いてみたかったのですが、考心会にはちょっと行かれなさそうです。
南淵先生の講演も聴いてみたかったし、皆さんにもお会いしたかったのですが…残念です。
また機会があれば、よろしくお願いします。

講演会頑張ってください!
陰ながら応援しています~♪

コメントありがとうございます

ゆきにゃんさん、

コメントありがとうございます。

ブログの更新も進んでいるようですね。
今の日々の気持ちを記録に残しておくのは自分の思い出にもなるし、
また別の方への貴重な情報にもなると思います。
是非書き続けてください。

考心会の様子は、終わったらこのブログで紹介したいと思います。。。

思うこと。

自分の心臓の病気のことと、心臓手術をすることを受け止めるのには、その方それぞれの思いや経過があると思います。
早期退院して術後の経過良好な方もいれば、術後の経過のあまりよくない方ももちろんいらっしゃると思います。
(早期退院には複雑な医療制度が絡み、良し悪しがあるとは思います)

手術室に向かう時も不安が拭いきれず、泣きたい思いで行く方もいると思います。すべての方が晴れ晴れした気分で手術室に向かえるとは私は思えません。難しい手術で覚悟しなければならない方もいるでしょう。大丈夫とお墨付きでも不安になってしまう心配症の方もいるでしょう。

いろんな場面で気持ちを表現できずに、例えば軽快している方々の中には自分は入れないと思っている方もいるのではないでしょうか。アクションを起こすことも出来ずに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

大丈夫ですよ。
病状、経過、気持ちの整理などは人それぞれです。
あなたには、あなたに合ったそれがあるはずです。
ゆっくり進んでくださいね。


プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード