術後二十六回目の外来

3か月前の外来の日は変な天気だった。東京ハートセンターに向かう路では快晴。だけど、受付を済ませてロビーで検査を待っている間に結構な量の降雪が短時間集中的にあった。今日の外来もおかしな天気だった。梅雨晴の青い空の下を大崎へ気持ちよく向かったが、病院に到着して受付を済ませた後、ゲリラ豪雨が街を襲った。前線が激しく動いて気圧の変化が起こっているこういう日は、世の中で同時多発的に血管系の体の不調を起こしている人がいるという実例を今日の外来仲間から聞いた。

病院に到着すると、まず、受付ロビーの椅子が写真のような椅子に変更になっているのに気付いた。以前はソファーがあってもっとくつろげたのだが・・・

(東京ハートセンター受付ロビー)


(東京ハートセンター外来ロビー)

外来診察は、今日も問題なく終了。心エコー検査報告書と血液検査結果と心電図のグラフのコピーを頂いた。心電図グラフの読み方が分からない。勉強してみたい。

(心エコー検査機器)

会計を済ませた後、3階リハビリ室の徳田先生にちょっと用事がありお会いしにいく。もし日程の都合がつけば次回の(元)心臓病仲間の集まりに徳田先生が参加して頂けるかもしれないと聞いて嬉しくなった。

東京ハートセンターの小さな売店にカロリーハーフのヘルシーなアイスクリームを売っている。気になっていていつか食べてみようと思っていたが、外来が終わっていってみるとタイミング悪く閉店になっていることが多かった。しかし、今日は無事に購入。外来後のご褒美として味わう。なかなかおいしい。

(東京ハートセンター売店)

外来仲間は予約日が異なったためか今回は少なくマダムアリスさんと三つ葉葵さんのお二人だけだった。大崎キリンシティに向かい三人で食事。このメンバーが知り合ってからもう4~5年にもなる。なんていう話をつくづく語り合う。7月12日は第八回(元)心臓病仲間の集まりを開催予定。沢山の仲間と再会するのが楽しみだ。

(三つ葉葵さんとマダムアリスさん)

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

美味そう!

エ!元心臓手術で大病を患ったご婦人の写真?
美味そうに飲んでるね。私は17日CT、心エコーの定期検査で
横浜市大付属病院へ久しぶりに行ってきました。24日に結果を聴きに行きます。現在の体調から思うと〝ノープロブレム”を予測している。会計でディスプレイを見ると受診者2200余名と出ていました。評判が悪いと聞くが患者の多さに驚き!!
後日雑感をメールします。

美味しかったです!

たかしげさん、

そうですね、二人ともとても顔色というか血色というか、
健康そうな表情していますよね。

たかしげさんも初めてお会いした2回目の手術を決断される直前と
その後、何度もお会いしているときのご様子を比べると、
まるで別人のように元気や若さが溢れているのがうかがえます。
7月にお会いできれば良いですね。

プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード