「闇にあっても光を」 関 茂子

心臓病掲示板「たけしの部屋」にお勧めですと投稿者の方が紹介されていた本です。この度、著者のご親族様から、多くの心臓病関係の方に読んで頂きたいと本の寄贈を受けました。ご希望の方にお送りいたします。詳細はこちらの記事をご参照ください。 (2016.1.25 カムバックハート)

---------------------------------------------------------------------------------------

「闇にあっても光を」 関 茂子著

私がまだ生まれる前、昭和39年に弁膜症が原因で僅か27歳という年齢で亡くなられた女性の体験記という内容を知り、気になって早速購入した。1973年に初版が発行されたがそれは絶版。関さんのご親類の方が多くの方にこの闘病記を読んでもらいたいとのことで昨年暮れに再出版された。

関茂子さん。幼少期の扁桃腺炎、リウマチ熱が原因で僧帽弁の弁膜症を発症。症状に苦しみながらも学校に通うが、入退院を繰り返し、27歳で亡くなってしまう。ご本人の弁膜症に患われた生活の様子や精神面の描写。ご家族や医者の対応。そんな状況でも徹底して軸から振れることなく自分の信念を通し続けている。弱さを見せる言葉を吐きながらも、実はキリスト教への信仰によって常に強靭な精神力を持ち続けている、そんな内容だ。

「病人がもう少し正しい医学知識を知っていたら、病気の治りも早いに違いない」
「私と同じ病と同じ苦しみを持つ人々、かっての私のあがきを再現するように、医学への知識の欠如と焦りがあり、信頼出来る医者を血まなこになって探していた。私はしばし医者?となって、これらの友の悩みを考え、祈った」と書かれている部分が特に印象に残った。

心臓手術を医者から勧められる場面もあるが、結局手術を受ける方向に話は進まない。当時の心臓手術は、治る可能性よりもリスクの方がはるかに高い賭けそのもの。弁膜症を心臓手術で治せるようになったのはここ数十年の話。人類の歴史の中で言えば、ほんのついさっき手術で治せるようになったばかりだ。

現在の一般的な弁膜症の治療方針は、逆流の度合いがある程度まで進行したら心臓が弱ったり合併症が発症する前に早めに心臓手術で治してしまう方向だと思う。では、手術を受けずに弁膜症が進行すると一体人の身体はどうなるのか。

関さんの場合は、下痢、嘔吐、頭痛、むくみ、胸の圧迫感、発熱、不整脈、血圧異常など、あらゆる苦痛の症状が周期的に発生し入退院を繰り返されたようだ。最後は脳梗塞で亡くなられている。今から思えば、術前の私の場合も、体の不具合や違和感が周期的にやってくるのを経験している。

毎日食事がとれる、仕事ができる、本が読める、地に足をつけて歩くことができる、太陽の光を浴びることができる、話をすることができる、手紙や日記を書くことができる、音楽を聴くことができる、パソコンやスマホを操作することができる、電車やバスで移動することができる・・・それら当たり前のようなことが考えようによってはなんとありがたいことなのか・・・

この本の帯や所々に関さんのモノクロ写真が載っている。肌に艶があり陽気で健康そうな普通のお嬢さんだ。本に書いてあるような病気に苦しんでいる人のようにはとても見えない。心臓弁膜症とは各自が内部に抱え込む疾患であり、それと闘っている現場は、身体の表面には現れず周囲からはなかなか理解してもらえないものかもしれない。

この本には心臓病に関係する方には何かしら思いを抱かせるものがあると思う。よくぞ再出版してくれたと感謝したい。興味持たれた方は是非読んでみてください。 「闇にあっても光を」 関 茂子著



<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

この本読んでみたいですね!

よく参加させてもらう(元)心臓病仲間の集まりで必ず話題になるのは、当たり前ですけど「心臓手術」のことですよね。

手術前の患者さんに経験者が自らの経験を伝えたり元気な姿を見せて「心臓手術」に向かう勇気を手渡している、そんな会なのかもしれません。

しかし、その「心臓手術」という手段そのものが選択肢になかったとしたら?考えるとぞっとしますが、時々は考えるべきではないかと、、、。

自分に置き換えてみれば最悪の場合、今ここにいないかもしれないですからね。

この本は是非読みたいです。ご紹介有難うございます!

心臓手術という選択肢

kekoさん、もう読まれましたか?
心臓手術という治療の手段そのものの選択肢が無かった場合、
確かにぞっとしますね。
心臓手術で全てのケースで治せる訳ではありませんが、その選択肢が
あるだけでもありがたいことなのかもしれません。
心臓手術の技術の進歩で救われる、長く生きることができる命が、それが
できなかった時代に比べて沢山あるのは事実でしょうね。

再手術を受けることができた幸せ

カムバックハートさん こんばんは。
紹介されている本は 読んでいないのですが
「手術を受けられる幸せ」 を実感した私自身ですので
久しぶりですが コメントさせていただきました。

昨年は 私も 「再手術という選択肢」 があったことに感謝 の年でした。
1年前の今頃は うっ血性慢性心不全状態でしたが
循環器内科医のお1人は はっきりと
「再手術なんて とんでもない、手術という選択肢は ない 」
別の循内科医にも 「手術は 賛成できない・・・」 と 言葉を濁されました。
そんなふうに 先が全く見えず 次第に症状も しんどくなっていく中
それでも 自分では
「なんとか 手術はできないのか? 手術しかない 」 と
葛藤模索 し続けていました。

今回の執刀医のもとで 「再手術 しましょう」 と聞いた日
その言葉だけで 目の前に 明るい道が
突然 パーッ!と開けた気がしました!
これから先のことは 誰にもわからず
今も いろんな不安は いっぱいありますが
「再手術 という選択肢 」 があり、
それを選ぶことができたこと を とても幸せに感じています。

紹介されていた本 読んでみたいな、と思います。

さて! 
1度だけお会いした たかしげ大先輩 の近況報告 は
相変わらず とても前向きで ご活躍のようす。 本当に素晴らしいですね。
元気をいただき、見習わなくては、と いつもながら 刺激を受けています。


興味あります

ご紹介いただいた「闇にあっても光を」、是非読んでみたいと思います。私と同じ弁膜症で昭和35年に49歳で亡くなった生母の理解を深められるかもしれません。

この記事で久しぶりに生母のことを思い巡らせていましたが、その中で父がサラリーマンを辞め店を開いたのは、症状が悪化し目を離せなくなった母のためではないかと、思い始めました。介護離職のような形?

昭和35年というと国民健康保険制度実施の前年でした。また日本で心臓弁膜症手術が初めて行われた年です。

昭和35年は1960年ですから今から55年前になりますね。

読みました!

Kindoleで500円くらいで購入できたので
早速読ませてもらいました。(おススメです)

本の中で、
関さんに「手術」の選択肢が与えられ
普通の生活が送れるのでは?と関さんが
期待に胸を膨らますシーンがあります。
結局その願いは周囲の反対もあって叶えられないのですが。

同じ病気で手術を受けた読み手としては
その時代の手術成功率も知らず
「チャレンジさせてあげたかった」と
つい思ってしまいますね。

機会あれば是非皆さん読まれると
良いかと思います。色々と考えさせられる本です。

読みました

私もネット通販で買って読みました。
同じ心臓病の私(大動脈弁閉鎖不全症+大動脈基部拡張症)としては著者と同じように感ずるところもあったりして興味深く読みました。
手術(デイビッド手術)がいとも簡単に選択できた現代の私の場合と違い、数十年前手術のリスクが高かった時代の関茂子さんの苦痛と絶望は如何程であったかと同情を禁じ得ませんでした。
そんな中で彼女の前向きに生きていた気持ちには感動しました。

ありがとうございます。

カワセミさん、 豆パパさん、Keloさん、MSさん、

コメントうありがとうございます。返事が遅くなり申し訳ありません。

やはり心臓手術体験者の皆さんにとって何かしらの影響を与えてくれる本のようですね。

皆さんもお勧めの心臓関係の本がありましたら、ご紹介下さい。
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード