第24回川崎ジュニア文化省 受賞作品 「憧れの白衣」

川崎市幸文化センター内に市の図書館があり良く利用している。昨日、そこに行ったら、「第24回川崎ジュニア文化賞(小学生の絵画と作文のコンクール) 受賞作品」の展示が行われていた。原稿用紙4枚の作文が数点と、水彩絵の具で描かれた写生が数作品、ロビーに並べられていた。借りていた本の返却ついでに何の気なしにそれらの展示を眺めていたら、一点、興味を惹かれた作文があった。

「憧れの白衣」と題された小学5年生の女の子が書いた作文だ。その子が将来医者になりたいと思うようになったきっかけのエピソードが書かれている。作者である女の子が小学1年生のとき、その子のおばあさまが心臓手術を受けられた。内科から心臓血管外科に紹介されて、そこで出会った外科医は・・・

「とても背が高く、体はがっちりているけれど目は優しそうな先生だった」
「『一緒に頑張りましょう』といって手を握ってくれた。その先生の手は、とても厚くて大きかった。とても人の体にメスを入れるように思えないくらいあたたかかった。そして私の不安な気持ちを優しく、力強く包んでくれたように感じた」
「退院の日、嬉しいはずの祖母が少しさみしい表情をみせたように感じた。毎日会っていた先生と会えなくなるのが悲しくなったのかもしれない」
「先生は祖母の病気だけでなく、病気と闘う祖母の辛い気持ち、私達家族の不安な気持ちも受け止めて、心に寄りそって力強く支えてくれる存在だった」
「・・・退院してきた後も、先生とは切れない心の糸でつながっていると信じている」
「先生に会うと、祖母の心臓がより元気になったのではないかと思える。それは、先生の手術の技術だけではなく、先生のあたたかい人柄が患者の心や体をより健康にしてくれたからだと思う」
「私も、先生のように体だけではなく心も元気にできるような医者になりたいと思った」
「そして、友達との出会いを大切にして、心と心の交流を深めてあたたかい心を大きくしていきたいと思う。また、祖父母、両親と過ごす時間を大切にして、命のつながりや健康のありがたさも忘れずにしていきたい」
「いつの日か、憧れの白衣を着て、憧れの先生に会いに行きたい」

素晴らしい文章です。小学1年生の子供の持つ感受性の豊かさに驚かされました。そして、それを彼女が小学5年生になった今、文章として再現している訳ですが、その感受性と観察眼の鋭さが見事に表現されています。

心臓手術を受けた当事者の皆さんならこの文章に共感されることでしょう。手術を受けた当事者ではないのに、祖母の心臓手術の体験から感じた気持ちをここまで書けるものなのかと驚いた次第です。しかも小学生が書いた文章です。いやいや、受けた感情を余計な知識や経験で歪められることなくそのまま正直に表現することができる小学生だからこそ書けるのかもしれませんね。あと、なぜかこういう内容の文章はほぼ100%の確率で女性にしか書くことができないようです。この点については私なりの考察がありますので、いずれ別の記事で紹介したいと思います。

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード