第十一回(元)心臓病仲間の集まり 開催報告

第十一回(元)心臓病仲間の集まりを横浜で開催した。

23名の参加者。初参加の方が8名。術前の方2名。大動脈弁の手術をされた方が7名。僧帽弁の手術をされた方が15名。
毎回遠方からの参加者もいて、今回も遠くは兵庫県から参加頂いた。最近の南淵先生の東京ハートセンターご退職の影響なのか、今回の集まりは南淵先生の手術を受けられた患者さんが普段よりやや多くて14名。盛大な会となった。


(目線をくれているのは毎度参加の常連仲間たちですね。私のシャッタータイミングを良く知ってのことか?)

初参加の方が多かったので、自己紹介も時間をかけて参加者一人一人にご自身の心臓病の経緯や体調のこと、趣味、仕事や信条など、自由に語って頂いた。

いつもは手術をしてこんなに元気になりましたというメッセージ色が強く、術前の方にも手術後の元気な身体になる期待を得て頂くのだが、今回はそれに加えて別の側面での話も多かったと思う。

特に、心臓病以外に抱えていたり、突然発症した病気のこと。心臓自体は手術を受けて治り経過良好だったが、突然一過性の脳梗塞を起こした方が何名か。原因の一つは、生活の中で強いストレスを受けたことではないかとのこと。「ストレスとは、人類の長い歴史において、戦いで人が敵に刺されたときに無意識に自己の血管を引き締めて血液の体外流出を避けることで生命を維持しようとする本能的な現象」であると、ある内科の先生から聞いたいうお話をされたときに、私もなるほどなと思った。

60兆個の細胞の集まりでできている各自の身体は、ほどよいバランスを保ちながら「生きている」とう状態が保たれている。ちょっとしたバランスの崩れは、人それぞれいつどこでどの部位に起こってもおかしくない訳だ。

ほとんどの皆さんが毎日何かしら飲まれている薬の話もいつもの定番。ワーファリンに替わる最新の抗凝固剤を飲まれている方が結構いたのが目新しいところ。

「○○先生は、今度海外の病院に留学するんだって!」「どこの国かしら?」「私、おっかけだから追いかけていかなくちゃ」
「でも、飛行機に乗って海外に行くのはイヤ!機中で心臓のトラブルがあったら怖いわ。ツアー会社で 循環器の医者を機中アテンドしてくれるような海外ツアーがあればよいのに・・・」

「巨乳の人は仰向けに寝ると胸の重みが創を引っ張るのでケロイドになりやすいんだって・・・」

「ICUに面会に入れるのは大人3人なんですよね。母と夫と、子供二人。さて誰が一人抜けるかで・・・・」

心臓病を経験した仲間の間にしか湧きあがらないこのような会話が、あちこちから聞こえてきくる。興味のある方は是非次回の集まりにご参加を。



2次会は雙十節のイベントで、心臓には悪い爆竹の音が賑やかな中華街。いつもと比べるとやや寂しく13名の参加者。だけど、その内男子は2名だけ。まるで女子会のような雰囲気。2次会に参加されなかった男性諸君は残念でした。

いつもの手順で集まりの開催は終了。初参加の方々から、「今日は参加してホント良かったです」という声を頂けたのがいつもながら開催を続ける励みになった。今回参加できなかったけれども参加したかったという方の声も沢山聞こえてきた。

次回の開催は来春の予定。こんなプログラムをやってはというアイデアがあれば是非お知らせ下さい。



<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

大動脈弁→機械弁に置換

今回(2015年10/10)初めて,元気なカンバックハートの会に出席しました、shinnaryこと 長谷川です。
2年前、大動脈弁置換手術に遭遇し、担当医師とインフォームドコンセント、治療方法についての交渉を進める上で、鍋島さんからの情報に助けられました。
信教上の理由で“無輸血手術”を希望していた患者だったからです。
幸い信頼できる医師にめぐり合い、命だけでなく“健康”を取り戻すことができました。

★ Shinnaryのマイ・プロフィール。

出血を伴う手術で一般的になりつつあるようですが、血液をリンゲル液で希釈(薄めます)。

http://www.despojapan.com/comeback_H/jikoketsu_kisyaku.JPG
↑フィジオ140(500ml) リンゲル液を点滴。(手術室に向かう前の写真)

http://www.despojapan.com/comeback_H/jikoketsu_kaisyu.pdf
↑手術中は、自己血を即回収し、洗浄して患者の身体に戻します。


開胸し、胸骨を切り、大動脈(機械)弁の交換 無事手術(3時間弱)
→ 私の場合、手術終了とともに、血液クリーニング装置の中に、薄まった自己血が1L程残ったようです、私の場合は 再び“濃縮”しながら(2~3時間かけて)戻しました。いわば回収した自己血を輸血しているわけですが、他人さまの血を入れる危険とリスクを考えれば 絶対安心な方法であることは言うまでもありません。

執刀医師の説明によると 血液を希釈し、一度 体外を巡回した血液は、酸素運搬能力が落ちます。 術前に13あったヘモグロビン値が、手術直後は10。

術後3日経過して「8.1」まで落ちたとき、微熱があってさすがに具合悪かった記憶があります。 ここで、気持ち悪いなどと訴えると「では 輸血しますか?」と 勧められることがあります。

僕の場合は、「輸血同意書」未提出でしたから、ドンドンご飯を食べて 自分で増血しなさい!という指示がでました。術後、一回目の食事はデザートで、次は“おかゆ”かな?と思いましたが・・・なんと 朝・昼・晩 毎回200gのご飯とおかずが出されるではありませんか! いつも完食してましたが、みるみる元気を取り戻し、2週間後に退院する時は ヘモグロビン値10に回復したと記憶しています。

私の経験した手術の内容が また色々な仕方で 他の患者さんのお役にたてて頂ければ 幸いです。

★人体の治癒力について
http://wol.jw.org/ja/wol/d/r7/lp-j/102015452

近況追記します。

先日は、ありがとうございました。今回参加できたこと、また、仲間が増えたことに感謝します。

【近況追記】

先月(9月)、糸ようじで食べかすを取り除こうと引き抜いた瞬間、銀歯抜けた。
 ↓
翌日、歯科クリニックに電話。ワーファリン内服している旨を伝え、予約終了(お薬手帳の持参を促された)。

この翌日に受診。銀歯を新しくする為に型を取り、翌週に銀歯ドッキング完了。

以降、虫歯治療中。(約10年ぶり)

ope後、初めてのクリニックなので、耳にしていた「主治医に電話して下さい」だとか、正直不安はありました。歯の痛みがあるたび、我慢して受診するかどうか迷っていました。(宮崎先生が代わりに診察で入った時に聞いたことはあります。)

こうして感じたのが、不安があれば思い切って聞いてみたり、調べてみたりと。このことに限らず。

大きな一歩が必要だということを、つくづく感じました。

集まりが終わって

shinnaryさん、

今回の参加どうもありがとうございました。メールでは何度もお話していましたが
ようやくお会いすることができました。焼き芋、美味しかったです。
情報も色々教えて頂きありがとうございます。皆さんの参考になると思います。
また次回もよろしくお願いいたします。

緑の旅人さん、

歯の治療は心臓病を患ったものには神経質になることの一つですね。ワーファリン
を飲まれている方は特にそうかもしれません。

私は術後約7年、虫歯なしで過ごせているので歯医者には行っていません。
もし今後治療となると、確かにちょっと不安はあります。そういう時にこそ、集まりでの
仲間のネットワークで適切な情報を得たいと思います。

2次会行けず残念でした!

その日の朝からかなり腰が痛く、
楽しみにしてた2次会には出席出来ず残念でした。
そんな体調悪い中でしたが
輸血なしでの手術方法のお話であったり、
関西からわざわざ出席された方がいらっしゃったり、
一過性の脳梗塞の貴重な体験談など興味深いお話を伺えて良かったな〜と思います。
気にしすぎるのもどうかと思いますが心臓手術をした、という事実は受け止めた上で、
ストレス対策とか脱水症対策とか考えていくのは必要だな、、、と思いました。
次回は自分の心臓病の主治医はどこの病院にいるのか、、などまたお話しできればと!

お礼

こんにちは! TTおじさんです。

カムバックハートさん、幹事さん、そして集いに参加された皆さん!
楽しいひとときをありがとうございました。

この集いでは、若い青年から人生のベテランまで幅広い方々に出会い
そしていろいろなお話が聞けるのが何より楽しいですね。

また次回を楽しみにしてます。

(追伸)
11月の考心会でお会いしましょう!

盛会おめでとうございます

盛会の様子がよく分かります。
私は前回初参加しましたが、今回は所用で参加できませんでした。
元気な皆さんの様子が写真から伝わってきます。
次回は参加したく思います。

みなさまへ

Keloさん、

腰大丈夫ですか?顔色が良くなかったと思いました。
あの場所まで辛かったのではないでしょうか。次回またお会いしましょう。

TTおじさん、

今回もありがとうございました。考心会、楽しみにしています。

晴耕雨読ぶどう園さん、

貴HPを拝見しました。ぶどう狩りしてみたいです。
僕は乗りませんがバイクでツーリングや温泉、楽しそうですね。
季節の良い折、集まりの遠足版を是非企画したいです。

来秋は山梨でどうですか

来秋もしくはサクランボの季節にでも山梨で”遠足板”をご計画ください。

ありがとうございました!

今回もすごく楽しかったです♪
いつもながら内容がすごく濃い!情報満載!
初めての方も多かったですが、盛り上がってない人がいない!
話すことがない人なんていないんじゃないかしら?
カムバックハートさんが、皆のプロフィールまとめてくれてるお陰ですね~。
本当にいつもありがとうございます。
また次回も楽しみにしています♪

数多の病に打ち克って

いつもお世話様です。
 一生、無病息災を願っても叶わぬことです。しかし、心臓手術の試練を乗り越え また、これから手術の試練に立ち向かう方の心情を交えての話しを聴きながら当時の不安や焦燥を想い出しました。難病もあります。それでも社会生活は健やかに和やかに送りたいと思い、その一環としての集まりは八十路を下る元患者に勇気を与えてくれたと感謝します。
心臓手術に加えて別の病を体験されている方たちの話にはズバリ私は?重苦を抱えているので身につまされる思いでした。生身の身体です、加齢とともに四百四病がつきまといます。医学の知識はほどほどにして健康保持の知恵と行動に気を配り、メンタル面は粘り強く、しなやかに持ちながら歩みたいですね。ほどほどにガンバリましょう!

今回も参加ありがとうございます。

ゆきにゃん、たかしげさん、

コメントありがとうございます。
プロフィールはやっぱり初対面でも話題を作り易いので準備必須ですね。
今のスタイルでの集まり開催は私にとってはルーチン化していますので
あまり負荷をかけずに、自然の流れで開催しています。また次回よろしく
お願いします!

> ほどほどにガンバリましょう!
その通りです。術前も術後も、ストレスが心臓にもその他の部位にも大敵ですから
ほどほどが何よりですね!
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード