術後三十三回目の外来(稲波脊椎・関節病院)

9月に稲波脊椎・関節病院での南淵先生の外来を受けて、早3か月。術後の定期外来をこの病院で受けるのは2回目だ。朝8時半から開始している受付に朝9時前に到着。受付票をもらって、早速検査開始。今回は心エコーの検査は行わないと前回の外来で聞いていた。その通り、採血と心電図のみのあっさりとした検査内容であった。心エコーと胸部レントゲン撮影は次回の外来で受ける予定。検査が終わると診察室前の待合ソファーで検査結果が出来上がるのを待つ。その間、深津さんが待合ソファーのところにやって来られたり、白衣を着た南淵先生が検査室に出たり入ったりされると、周りにいた患者たちから声が上がる。

10時に診察が開始された。私は本日3番目の診察であった。診察室前の電光掲示板に受付番号が表示されるので、自分の順番が分かるのだ。診察の内容もいつも通り。聴診器での聴診は毎回必ず行われる。南淵先生の耳で心臓の音を聞いてもらうことで安心する。南淵先生のブログのお話を少しして、別の患者仲間の話も少しして診察終了。会計も早くて、11時には病院を出る。心エコーの検査がなかったので外来は2時間で済んでしまった。

東京ハートセンターの外来の時と同じように、今日も幾人かのなじみの(元)患者仲間と会う。そして、診察室前のソファーで診察開始を待っていた時、隣に座られていた方から「南淵先生の心臓の手術を受けられたのですか?」と突然声をかけられた。昨年東京ハートセンターで大動脈弁置換と僧帽弁形成術の手術を受けられたとのこと。弁の手術を受けた患者同士、ほんの少しお話しただけだが、「同じ体験をした人と話ができて安心しました」と仰っていた。

年に2回開催している(元)心臓病仲間の集まりでも、「これまで何年間も周りに心臓のことを話できる人がいなくて寂しかった。同病の人と情報交換できてものすごく元気が出てきました」と仰る方が多い。考心会は心臓手術後の生活を考える会という名前の通り、そうした期待に応えてくれるし、(元)心臓病仲間の集まりやこのブログで知り合った方とのハートの輪があれば、寂しさは感じない。





<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

検査待ち、診察待ちの番号表示があるが故、待ち時間がこれまでより長く感じました。(会計待ちは長く感じずで)
ちょっとした変化が、感じ方にも変化ありで。

あの方を探すどころか、待ち時間が気になって...。

外来診察

緑の旅人さん、

稲波病院の初外来でしたね。
番号表示があるのに診察待ちを長く感じました?私の場合と逆ですね。

例の件は、別の日になったようです。お騒がせしました。

次回上京の際はゆっくりお話ししましょう。
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の49歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード