術後三十四回目の外来(稲波脊椎・関節病院)

毎水曜日午前の稲波・脊椎関節病院での南淵先生の外来診察は、訪問患者の数が増えてきて、待ち時間も長くなっていると、外来仲間からの噂で聞いていた。東京ハートセンターの外来でも混んでいる日は結構な時間をロビーの椅子に腰かけて時間を潰す必要があった。外来仲間とおしゃべりしていればそんな時間もあまり苦になるわけではないのだが。

今日の外来は、朝9時に受付。採血後、心電図検査、次に心エコー検査を行っている最中に南淵先生が検査室に顔を出しに来られた。心エコーのモニター画面を見て技師さんと一言二言、専門用語を交わされていた。心エコー検査も素早く終わり、ロビーに戻ると、すぐに診察が開始され、会計を済ませて病院を後にしたのが、10時半。なんと、受付から終了まで1時間半しか経っていない。過去の外来における最短記録かも。しかもちゃんと心エコーの検査も行い、採血や心エコーの検査結果も診察室で聞いた上でである。

ちなみに、診察室の机の上には、病院に来る前にコンビニで買ったと思われる、南淵先生の朝食用のアンパンとジュースがそっと置いてあった。前回の外来後、ハンバーガーを片手に、車に乗り込んで午後から診察を行っている南町田病院に移動されるところを目撃したという(元)心臓病仲間の情報もある。そして、南町田病院の外来が終わった後は、昭和大学に戻って会議だとか。先生、深津さん、お疲れさまです。

小回りの効く外来は、勤め人にはありがたい。半日休暇で職場に向かうこともできる。私は外来終了が遅くなることを想定して、今日は全日休暇を申請していたので会社にはいかない。平日の街中を少しブラブラして家路につき、早速このブログ記事を書いている次第である。

前回の外来でご一緒させて頂いたIさんとお嬢様にロビーで再会。定期的に出会える仲間がいると外来も楽しくなりますね。



<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

早いですね!

どうもkeloです。

そちらの病院も検査~診察と速やかに進んでいて快適そうですね。
家の近くの総合病院でひどい風邪ひいて薬貰うよりも全然早いと思います。

東京ハートセンターは昨年末に検査を受けに行ってきましたが
こちらも非常にスムースに進んでました。
計ってないけど2時間以内で終わってた気もします。
結構患者さんいらっしゃいましたが滞ってる感じはなく、
かと言って相変わらず磯村先生も一人一人時間かけて丁寧に
診察されていて急いでる感じはありませんでした。

手術さえなければ名医の方がいる病院の検査とか
早いのかもしれないですね。

また飲みなどあればお誘いください。

No title

カムバックハートさん
ご無沙汰しています。
外来検診は3ヶ月毎ですか?
私は3ヶ月毎に検診しています。

外来

keloさん、こんにちは。

その後の東京ハートセンターは磯村先生がご活躍のようですね。
大学病院や総合病院と違って、民間の専門病院の方が小回りが利くようです。
今年も集まり開催しますので、その折、または何かの機会でお会いしましょう。

晴耕雨読ぶどう園さん、こんにちは。
はい、服薬している薬の処方が90日分づつなので、外来診察は術後3か月毎に続けています。服薬がなければ、半年や1年毎でも大丈夫かもしれません。
今年のブドウ、楽しみですね。一度見学に行きたいなと思っています。
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード