(元)心臓病アンケート: 心臓病に左利きが多いのか?

以前の記事で血液型と心臓病の因果関係はあるかないかというアンケートをさせて頂いた。
結果、関係なしが結論のような気がしている。

先日の(元)心臓病仲間の集まりの2次会のあるテーブルでは、左利きの人が9人中4人もいた。統計的には、左利きは1割程度と言われているようなので、9人中4人=44%は明らかに偏りが発生している。(たまたまかもしれませんがね。)

基本的に世の中のインフラは右利きの人を対象として作られている。よって、左利きだと長年のストレスが蓄積・影響して、心臓に負荷がかかりやすいのかなとあまり根拠のなさそうな想像をしている。

ということで、アンケートを行いたいと思います。(もう既に誰か企画されていたかな。)

心臓病を経験されている(いた)皆さんが、「左利き」なのか「右利き」なのか、コメント欄でお知らせ頂ければ幸いです。

私(カムバックハート)は、「左利き」です。(実は左利きにも色々なパターンがあるようです。私は、字を書くのだけは矯正により右ですが、それ以外は基本的に左です。不思議なもので、字は右で書くけど、絵を描くときは左の方が創造的になれる気がします。)ちなみに、血液型はO型です。

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

No title

こんにちは。ご無沙汰しております。

私は、右利きです。

ちなみにO型です。

どこかの研究結果で(弁膜症かどうか忘れましたが)、
O型の人は心臓病で死ぬことが少ないというのを見かけたことがあります。

両方ともどうなのでしょうね?!

No title

おはようございます。なかなか横浜へ行けませんが、そのうち伺います。

4割というと、野球なら殿堂入りですね(笑)

僕は右利きです・B型です・三人兄弟の三男です・長崎出身です。

結果にはなにかの原因があると思いますが、医者もそこまで気にはしてくれないようです・・・

左利きです

こんにちは、ご無沙汰しております。

基本的には左利きですが、利き手判定サイトによると左利き気味のクロスドミナンスと出ました。

その時のブログ記事です。

http://blog.goo.ne.jp/mame-papa/e/d361109996ec488b09d4bb6def741fa3

鉛筆を右手で持って、消しゴムは左手で持つ、間違った時さっと消せますので、羨ましがられた記憶があります。

血液型はA型、妻も同じで娘2人もA型です。

私も 左利きです

お久しぶりです。
私も 左利き、 そして 典型的な A型です。
包丁・ハサミ・カッターナイフ・爪切りなど 刃物類は 完全に 左 、
字を書くのは右なのに 色を塗るのは左 、
お箸は左なのにスプーンは右 、
右投げ、右打ちなのに
ラケットを持つスポーツは すべて左です。

左利きの人には 各々のパターンがあるようですが
包丁などの「刃物類だけは必ず 左」 の人が多いのでは
ないでしょうか?

「左利きと心臓病の関係」
私自身は 心臓病全般的には関係はない、と思いますが
「弁膜症」に限ってはどうなのか? 興味深いところです。

コメント

konpekiさん、早速のレスポンスありがとうございます。
O型の人の比率は元々高いですからね。アンケート結果がどうなるか楽しみです。

かんちゃん、また集まりへの参加お待ちしています。
前回、カブでの関西⇔関東間を往復には驚きました。

豆パパさん、カワセミさん、
以前関西版集まりでお会いした時に、左利きの話になりましたよね。
あの時は、4人中3人が左利きでした。

確かに私も刃物については、ハサミも包丁も小刀も左でしかできません。
より本能的なこと、生命に影響するようなことは左重視のような気がします。

皆さん、コメント投稿お待ちしています。

No title

私は右利きです。
本態性振戦症という病気(自己診断)で右手が震えます。
このため左手で箸を持つたり字を書く訓練をしていますが、うまく行きません。
6/18の集まりの北京飯店では左で箸を使っていました。
血液型はO型です。

No title

はじめまして。

2年前に僧帽弁形成しました。
術前から読ませていただいてました。
術前は非常に参考になることが多く、有り難いサイトです。

ちなみに、右利きです。

6月の集まりに参加できなかったのが残念です⤵️
私は右利きのO型です。
結果が楽しみですね〜
また関西での集まりも企画していただければと思います✨
よろしくお願いします。

右利きです

こんばんは、お久し振りです。
私は右利きのO型です。でも左利きだったら良かったのに、と思っています。
心臓手術の後に心臓ペースメーカー(PM)も植え込みましたが、左上大静脈残存(さじょうだいじょうみゃくざんぞん)という血管の奇形があって左肩に植え込みが出来ず右肩にPMを植え込んでいます。右利きの私は右肩の方を良く使うし力も入れるので右肩にPMがあるとちょっと不便なんですよねぇ~。
ところで前回のオフ会ではマラソンをされている方がいらっしゃったそうですが、たかしげさん以外でですか?いらっしゃるのなら次回は是非参加して一緒にお話しがしたいと思っています。

右利き気質です。

血液型はお任せします。(汗)

No title

左利きのB型です

改札口を通る時 大変です!

左利きを尊敬しよう。

 黒鉄は左利きですね。 ちなみに、母も妹も左利きですね。

 良く訊かれるので先回りして答えると、文字は皆が右で書きます。
しかし、日本語も英語の文字も、右手で書き易い様にデザインされているので、右手で書くことは利き手を見分ける参考になりません。それを尋ねること自体が右利きの人だから発想する質問なんです。

 自然な左利きを見分けるのは、カードをシャッフルする時とか、マッチを擦るとかが適していると思います。ただし、トランプは右利き用の遊び道具です。左手でカードを扇状に広げると数字が隠れてしまう。 したがって、百人一首の絵札とか花札は両利き用の遊び道具です。

 世の中の、ほとんどの物は右利き用に作られています。 キーボードの左右上下の→とか、PCのスイッチの位置、デジカメのカメラボタンの位置、SUICAカードのセンサーゲート、スナック菓子のzip開封の持ち手、ストップウオッチのスタートボタン、包丁の刃の向き、シャツのボタン、
ズボンのチャックの向き、水道の蛇口の取り手の位置が横の場合それは右側にある。
  お札も右利き用のデザインです、盲人用のお札やQuoカードやテレカの窪みも右側から近い位置にある。ミシンは明らかに右利き様の器械ですが、針山やチャコも安全ピンも右利き用。
物差しも分度器も右利き用。それから、折り紙のTEXT-BOOKも右利き用の説明展開図です。

 こういった、間接的なたくさんの使い難い身の回りの物の僅かなストレスが、左利きに対して働いていると思います。 

 直接的には、剣道やフェンシングそしてボクサーのサウスポースタイルは、敵に対して心臓が近い側に面している。体の側面から攻撃を受けた時に、弱点が敵に近い側にある。ダメージを受けやすいと思う。
 左利きの人は、左側が右よりも前に来る機会が多い。
 心臓疾患を持つ人は、その僅かな距離が生命存続の分岐に為る場合があるのではないでしょうか?

 そもそも、心臓が体の中央に有れば良かった。 

 補則:
この伝説は本当なのか?
http://www.maktabatalarab.com/3.html
結婚指輪を左手の薬指にするのは薬指が心臓に近いからという伝説がある。
 
ところで、黒鉄の場合は、
心筋梗塞の手術の前後、とくに手術後のまだ心臓が回復過程にある時期は血行が悪くて、特に左手の薬指を中心に痺れやすくなっていた。 周囲の患者さんに聞いたが、一部の患者には見られるものの、全員に有る症状ではない様だ。しかしながら、左利きの場合は、左手を頻繁に使うので、影響が大きいのだと思いました。右利きの左手薬指は(頻繁に使わないので)痺れにくいのだ。

 さて、昔の心臓病人の体験から、左手薬指と心臓がつながっていると勘違いは始まった。そこで、心臓と同じくらい大事な結婚指輪を
左手の薬指にする習慣を始めたのは左利きだと思います。
 
あまり深い意味はないけれど、
世界中の既婚者は左利きを尊敬して欲しい(笑)少しの憐れみも込めて。
 
 


右利きです。

こんにちは。keloです。
6月の集まりは欠席してしまいましたが次は是非伺いたいです。

僕は右利きのB型ですね。
左でボールは投げられますが包丁やハサミを扱うとか絵を描くとかは無理ですね。

南淵先生とかお医者さんの方とこの話題されたことはないんですか?




結果

皆さん、コメントありがとうございました。
今回のアンケートでは、右利き8人、左利き5人という結果でした。
左利きの比率が高そうに思えますが、一概に心臓病の人に左利きが多いとは
判断できないと思います。
統計を取るにはサンプルが少なすぎますし、このようなアンケートを行えば、
左利きの人の方がより反応してコメント下さる確率が高まり、公平な調査結果にならない
と思われるからです。
ということで、血液型のときと同様に、結果はあくまでもご参考まで。

晴耕雨読ぶどう園さん、
右利きの方が左手でお箸を使うのは難しいことだと思います。
ましてや大人になってからだと特に。

かずさん、はじめまして。
術前から読んで下さったとのことで、ありがとうございます。
このブログが何かお役に立てたのであれば嬉しく思います。

tarasaさん、
関西での集まりは、3年前に滋賀に住む私の妹に会いに行った際、豆パパさん、
カワセミさん、かんちゃんとお会いしたのでした。
関西在住の仲間の方も何人かいらっしゃるので、何か機会を持てればいいですね。

げたのうらさん、
マラソンは、黒鉄さんです。プロフィールを伺ったら、心筋梗塞になられるまでは相当な
マラソンマンだったようです。記録もげたのうらさんと同じくらいかも。是非どこかの機会で
お話してみてください。(黒鉄さんとは考心会で出会ったので、考心会で会えますよ。)

黒鉄さん、
貴重な情報ありがとうございます。
上記のげたのうらさんは心臓手術されてからもフルマラソンを完走されています。
心臓手術は、人が生きていく上で何かを制限するものではないようですね。
左利きを尊敬しようというのには、ちょっと疑問を感じますが、結婚指輪と心臓の
関係は興味深いです。実は心臓って、身体のほぼ中心からやや左にあるくらいで、
みんなが思っているほど左の方にあるわけではないようです。

keloさん、
南淵先生とは、「心臓病になりやすい血液型ってあるのでしょうか」という質問は
以前したことがあります。
あっさりと、「関係ないと思います」が、先生の回答でした。







ここ最近、夏バッテバテでいたら・・・

締め切られてる!けど書いちゃいます!

右利きのA型です~。
右利きだけど、ストレスの高さなら自信ありますよw
(5年前くらいからやっと落ち着いてきてますけど、
それでもストレスが高い思考の癖が抜けない(汗))

こういうアンケートは面白いですね~♪

No title

左利き、B型です。利き足も左です。

字を書くのと箸は強制的に矯正されたので右ですが、ナイフは左、包丁も左です。
ボールは左で投げます。

ゴルフは右で打っています。練習場で打席が圧倒的に多いのと、道具が安価に揃うこと、岡本綾子やベン・ホーガンも左利き&右打ちだからいいんだと、伯父にアドバイスを受けました。
右打席だと、引く力=左手主導になるので当たれば飛びますが、常にスライス対策が必要ではあります。

最新結果

ゆきにゃん、元お多福さん、
コメントありがとうございます。

最新結果は次の通りです。
右利き9人、左利き6人 (左利き率 40%)

引き続きコメント頂ける方は、よろしくお願いいたします。

No title

初めまして。
去年の2月に先天性バルサルバ動脈瘤破裂と
珍しい心臓病で手術をしたものです。
この心臓病は心室中隔欠損症の合併症から
なるのが多いのですが、私は合併症ではありません。
心臓病でも珍しいようですが幸い機械類は埋め込まず、
軽度の心臓病(心膜で穴を塞いだ手術の為)で
薬も飲まなくても大丈夫。
手帳は持てないグレーラインのどっちつかず
の人間です。それでもハンデはあり、体力が無く
風邪をひきやすいです。
私も左利きで(矯正で文字を書く、お箸を持つは右)
後、0型です。

はじめまして。

ヒサヤさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

バルサルバ動脈瘤破裂は聞いたことはあるような気がしますが、珍しい心臓病なの
ですね。手術は成功し、服薬もないとのことで何よりです。
手帳は、弁形成では持てず、弁置換かペースメーカー埋め込みの方が基本ですから
私も持っていません。

O型、左利き、文字書きの矯正有りは私と同じですね。
私の場合は、お箸は矯正されずに左のままです。
プロフィール & メール

カムバックハート


Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード