手術から17日目

時が経つのは早いもので、今年も残すところあと三日となってしまった。年賀状は年明けに書くことになるかなと思っていたが、退院が早かったので、年内に出し終えることができた。

処方されていた痛み止め(ロキソニン60mg)がなくなってきたが、昨晩は痛み止めなしで寝た。夜中、少~しだけチクチクしたけど、もう痛み止めはいらないなぁ。創も胸骨もかなりしっかりしてきた感じがする。動きもかなり楽になった。ひょっとして、来年早々にでも仕事に復帰できるのでは?という感じだが、焦りは禁物。少なくとも、次回外来診察の1月下旬までは、家でのんびりした生活を送ろうと思う。

大和成和病院から、「手術結果報告書」が郵送で届いた。A4の紙にカラー写真入りでプリントアウトされたもので、本来宛先は、紹介元の内科医に紹介後の報告を行う書類である。大和成和病院の場合は、紹介元の先生への礼状やこうした報告書も、患者にちゃんとコピーを配ってくれる。手術日時、執刀医、手術内容、人工心肺時間、心停止時間、手術時間、輸血の有無、現在の処方などが記載されている。術野と切り取った僧帽弁後尖の不具合部分の写真も盛り込まれていた。なんだか、卒業証書をもらったような気がする。

この手術結果説明書は、CCで患者に送られてくるものである。患者は、例えば、将来、歯の治療を受ける時に、どのような手術を過去に受けたのか説明を求められる時がある。そういう際に、この書面を見せれば患者自身の言葉による説明だけよりも、より客観的に事実を伝えることができる。そういう使い方をしてもらえたらと思って配っているのですと、後日、南淵先生から話を聞いた。

心臓手術報告書
さて、ご参考までに、術後16日目の創をお見せしましょう。ちょっと、痛々しい画像なので、小さめのサイズで。(全然痛くないんですけどね。)創の長さは21cmでした。カサブタもほとんど取れています。創の縫い目は皮膚が少し盛り上がったような状態。ドレーンの跡が腹部に二つあります。首に入っていた二本のカテーテルの跡はほとんど消えました。

創 術後16日目術前
左:手術後(16日目) 右:手術前

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

はじめまして

はじめまして、健と申します。
心臓病掲示板から飛んできました。
私の体験から、傷跡が気になりましたのでコメントさせていただきます。
術後16日目の傷跡が少し盛り上がったような状態ですが、ケロイドは手術後3ヶ月位から目立って来ます。少し早いかな???
痒くはありませんか?
アレルギー体質(花粉症等)ではありませんか?
治療は早く掛かるほど早く治ります。
皮膚科に相談してみてはいかがですか?

参考まで
http://a-bk.com/keloid.html

コメントありがとうございます。

健さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

痒くはありませんね。アレルギーも持ってません。

次回外来が1月下旬なので、その時に聞いてみようと思いますが、
もっと早めに何か手を打ち始めた方がいいんでしょうか。
それとも、外科ではなく、皮膚科に相談するべきなのでしょうか。

また、アドバイス等ありましたらよろしくお願いいたします。

おはようございます

カムバックハートさん、早速のご返事ありがとうございます。
相談は皮膚科ですよ、外科医は専門外ですし・・・皮膚科に相談して下さいと言われたりして・・・
ケロイドはよく動かす部位はなり易いので、胸の骨が接着する、2ヶ月~3ヶ月は無理しないで下さいね・・・
アレルギー体質でないのなら、1~3ヶ月、縫い目は皮膚が少し盛り上がりが大きくなるか、様子をみて下さい・・・

アドバイスありがとうございます。

健さん、アドバイスありがとうございます。

もうしばらく様子を見て、皮膚科に相談してみようと思います。

また、何かお気づきの点などありましたら、よろしくお願いいたします。

はじめまして

丁寧なブログありがとうーございます。
私、50代半ばー❣❣
一通りの検査を終えて、8月に弁膜症の手術受けます。受けなければ確実に心不全になって先は長くないと言われてます。不安少しですがとれたような気がします。30年以上前は、胆嚢除去で腹部にも傷あります。あのときは、さほど怖いとも思わなかったのですが、今回は怖いという意識がさきにたってただ怯えている日々を過ごしています。その気持ちを和らげてくださってありがとうございます!

はじめまして。

ゆうかさん、はじめまして。
コメント頂きありがとうございます。

ブログを読んで頂き、書いてある記事が少しでも参考にして頂ければと思います。
ここに書いてある通りに、入院~手術~退院~術後の生活が進行した方もいらっしゃれば、
人それぞれ別の展開になる方もいらっしゃいます。

新しい経験ができるのだ、心臓手術を楽しもうというようなお気持ちになられればと
思います。

進捗などまたお知らせ頂ければ幸いです。

こんにちわ❢

無事ー❣❣に手術終わりました!自分の弁使えましたー❣❣人工弁輪だけ、使用なので
ワーファリンも、3ケ月の服用で済みそうです。パート勤めなんですが、職場復帰もできます。今また、頂いた命も大切にしていきたいと思います❣
ブログ本当にありがとうーございましたー❣

おかえりなさい

ゆうかさん、こんにちは。

術後のご連絡ありがとうございます。
予定通りに手術が進んだようで、加えてコメントの文面から順調に回復されている様子が
伺えてうれしく思います。

術前より体調も気力も上がってくると思いますが、調子に乗り過ぎないようにご注意ください。最初のうちは、心臓の慣らし運転です。

術後の生活でのご質問などございましたら、いつでもお気軽にコメントなりメールなりで
ご連絡下さい。沢山の(元)心臓病仲間がいますので色々参考になる話ができると思います。
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の49歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード