(元)心臓病アンケート: あなたの心の歌はなんでしょう?(企画:黒鉄さん)

黒鉄さんから、新たな(元)心臓病アンケートの企画を頂きました。
皆さんのコメントをお待ちしております。

私(カムバックハート)の場合は、特に思い当たる曲がないんですよね~。
管理人がノーコメントで申し訳ありません。

カムバックハート

------------------------------------------

(以下、文面は黒鉄さんより)

アンケートテーマ:あなたの心の歌はなんでしょう?  
      (選曲の条件は、「心臓」、「ハート」、「心(部位含む)」入りの歌詞)

 心臓の病を抱えて以来、心、心臓、ハートという単語に敏感になりました。
ましてや、心という単語の入った歌に感度が高くなった。

{黒鉄の場合}、指原莉乃with AKB-Gr”恋するフォーチュンクッキー”には特に思
い入れがあります。
救急車で運ばれ緊急手術、新曲発表。 そのあとの本手術の頃にはCD発売。

なによりも、タイトルの漢字にも心が入ってますから印象深い曲ですね。
入院の頃にyoutubeで、企業やご当地のMVダンスが披露されたりして、随分元気づけ
られました。
      
もしかすると、カムバックハートさんの場合は長渕剛「COME BACK TO MY HEART」で
はないかと思うのですが、あまりに安易ですかね?

なにはともあれ元心臓病患者は、心の文字が入った歌詞に対して、健常者よりも鋭
敏・敏感だと思うのです。

他には、甲斐バンドの「レイン」の”あまりに冷たいハートじゃ君さえ暖める事は出
来ない”という歌詞は自分が無力の様で切ない。
だけれども、おなじく甲斐バンドの「ハートをROCK」の場合、途中からアップテンポ
に変わるので随分と救われます。

それに「ハートに火をつけて」というタイトルが同じでも、
ドアーズが歌うか、ZARDが歌うか、初音ミクの誰がどのように、どんな歌詞と曲で歌
うかによって随分と違う。

そういう違いに相乗して、聴く側の元患者の思いが加われば、随分と興味深い企画に
なると思います。
------------------------------------------

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

No title

自分は
イースタンユースの東京快晴摂氏零度って曲です。

歌詞に「目まぐるしいスピードは心臓のビートなんだろう
摂氏零度に色が弾ける」

ボーカルの吉野さんも心筋梗塞で緊急手術の経歴ありです。

https://www.youtube.com/watch?v=U8BgdyBl8ws

術後は
普段聴くより 歌詞がすんごい染みた事記憶してます!

目まぐるしいスピードは心臓のビート

 目まぐるしいスピードは心臓のビート、のとこが確かに良いですね。
 
さらに、その部分の英訳詩のThe dizzying speed is probably like heartbeat と云う部分が妙に良いです。2003年作曲で rapid ではなくてdizzyingというのは、2009年の心筋梗塞を暗示しているのでしょうか? その後の右往左往の影とか、彷徨うという歌詞があるので、当初からdizzyingで書いていますね。

 ここはThe dizzying speed --- heartbeat、青春の蹉跌というのが本来の意味かなぁ、歌詞のセンス良が良いね。
 
 このイースタンユースさんは初耳かと思いましたが、(諸星大二郎ファンなので栞と紙魚子は知ってました)2008年のTVドラマ化の主題歌の人たちですね。TV主題歌に抜擢された翌年に、心筋梗塞とは不運ですが、無事に復活されて良かった。

 

No title

諸星大二郎の話がでるとは、、、 自分も好きです!(と言っても数冊しか読んでないです、、) アダムの肋骨 日常に潜む闇の雰囲気が好きです!

黒鉄さんの 英訳の掘り下げ方 イースタンユースファンとして 気付かなかったです!
プロフィール & メール

カムバックハート


Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード