術後三十六回目の外来(稲波脊椎・関節病院)

元々先週予約していた外来は、仕事を休むことができず、1週間後の今日に予約をずらしてもらった。台風の影響が心配であったが雨に降られることなく外来へ。いつも朝一に受付を済ませるのだが、あまり早い時間に手際よく会計まで終えてしまうと昼食の時間までもてあそんでしまうということで、今日は、ほんの少し遅めに病院に到着することにしてみた。

処置室で採血してもらう時、「毎日色々な人の採血をされていたら、血液を見ただけで、この血液はコレステロールが高そうだな~とか、中性脂肪がたまってるんだじゃないのって、ひょっとしてすぐに分かるもんですか?」と、試験管みたいな容器4本分の血液を採取中の看護師さんに聞いてみた。
ご回答曰く、見た目はどの血液も同じなのだそうだ。ただ、泥酔して点滴をうった後の患者なんかだと血液が白く透明っぽくなっていましたね~とのこと。

心電図と心エコーの検査を受ける。外来ロビーに(元)心臓病仲間のヒメノさんを発見。彼は術後服薬している薬がなく、外来も気が向いたときに来てくれればよいと南淵先生に言われているそうだ。これまでは手術を受けられた東京ハートセンターの外来を続けられていたが、気が向いた今日は南淵先生に会いに稲波脊椎関節病院での初診とのこと。


心エコーの検査結果を説明中の南淵先生


今日の南淵先生と深津さん


外来仲間

会計と処方薬の購入後、以前新聞の記事で紹介されていて行きたいと思っていたお寿司屋さんを目指す。京急の青物横丁駅近く(スーパー平野屋の2F)にある「鮨両」さんのランチメニューを食べてきた。ランチとは言え、目の前のカウンターでマスターがにぎり鮨を握って一巻づつ木の台に出してくれる。リーズナブルでなかなか美味しかったです。
「鮨両」  品川区南品川2-7-12-2F  TEL:03-3458-1550


PS: 来月、10月23日(日)の考心会は、「人は死なない」を書かれた矢作 直樹 先生の講演が予定されています。音楽コンサートや大和成和病院の倉田先生の講演も予定されていて、考心会創設20周年記念出版物(私も投稿しました)の発行もあり、かつてない充実度の高い考心会になるのではととても楽しみです。考心会に興味をお持ちの方は是非参加をお勧めいたします。
考心会ホームページ http://www.koushinkai.net/
考心会連絡先メールアドレス:exam@koushinkai.net

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

No title

今日はどーも!!

鍋島さんの話 面白かったです!!

「能」は自分も見てみたいです。最近 古いモノに実は新しい価値観が含まれてんじゃないかと。

今度は採血のご褒美にお寿司食べにいきます!!
あと漫画心臓手術体験記やります。(宣言)

外来は楽し。

ヒメノさん、

外来で知っている仲間に突然会うのは楽しいものです。待ち時間もあっと言う間。
ヒメノさんの漫画、パラパラとしか見れなかったので、今度はゆっくり読ませてください。
体験記も楽しみですね。

プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の49歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード