手術から二ヶ月目

今日で丁度手術から二ヶ月になる。回復は概ね順調と思われる。前回外来で処方されたアーチスト錠であるが、どうも服用量を間違っていたらしい。一回2錠を一日2回飲むべきところを、一回1錠を一日2回しか飲んでいなかった。どうも薬の減り方が少ないなあと思って気付いた。薬を替えても相変わらず脈拍が早いので少し心配していたが、そのせいかもしれない。後は、血圧の特に下の方が最近やや高め(90~95)になってきたのが気になるところ。それを除いては、至って元気で、最近は電車やバスに乗っての移動も結構している。比較的長時間歩いても、以前に比べたら明らかに疲れ具合が違う。

先日、近所の開業医の皮膚科医院に行ってきた。手術の創痕については、男なのでそんなに気にする訳ではない。でも、プールに行ったり、温泉に行くこともあるし、出来るだけ目立たないようにするにこしたことはない。

診察室で、二ヶ月前に心臓手術を受けたことと、現在飲んでいる薬を先生に伝える。ベテランの皮膚科の先生曰く、「僕も若い時には、医者の研修として、心臓手術に立ち会ったことがあってねぇ。あれって、実は医者も結構怖がって手術してるんだよね~」

「患者も怖いが、医者も怖い」とは、南淵先生の本で読んだようなセリフ。

大きな虫眼鏡のような器具で覗いた創痕は、本当かどうか分からないが、外科手術の割にはきれいな方らしい。メラニン色素が残ると色が付いて目立っちゃうらしい。その他の詳しい説明は良く分からなかったが。

創の部分に、スプレーをシューとかける。そして、薬を処方してもらった。また飲み薬が増えてしまう。

・リザベンカプセル100mg 毎食後
・シナール錠200(ビタミンC) 毎食後
・軟膏(アンデベート0.05%、ゲンタシン軟膏1mg、スタデルム軟膏 5%、サトウザルベ軟膏10%の混合)一日二回塗り付け

ご参考までに、術後二ヶ月ちょうどの創の写真です。やっぱ、こうして見ると21cmですが結構長い創ですなぁ・・・私の場合は、「創あとが目立たないように短めに切って下さいね。」なんていうリクエストを先生にしていなかったので、手術しやすいように思いっきり長めに切られてしまったのかもしれません(笑)。

創 20090211創 20090211_2

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

No title

傷、きれいですね。
胸にどでかい傷があって、肉体労働者の身体を持ち、がにまたで歩く私は、スーパー銭湯に行くと周囲2mに真空地帯ができます。出入りでついた傷じゃないんですけどね(苦笑)。

ちなみに、個人でコンサル事務所を主宰してるんですが、なまえを「ポーラースター リサーチLLC」といいます。友人から「お前は胸に傷があるから、北斗を継ぐ者、ケンシロウか!?」とちゃかされ、「お、それいい、会社の名前にするわ!」ってな感じで、北斗=ポーラースターに”調査”をくっつけただけという、安直な名前です。

No title

私も、リザベンカプセル100mg 毎食後飲んでいましたが、前立腺肥大の副作用がありますので、ご注意を・・・
今度、泌尿器科を受診する予定です・・・

アドバイスありがとうございます。

>松本良順さん
傷はそんなにきれいな方じゃないような気が自分的にはしていますが・・・
銭湯とか公共の場ではまだ傷を公開していませんが、周りがどんな反応を
するか少し楽しみでもあります(笑)

>健さん
そうですか・・・副作用心配ですね。ネットで検索すると結構出てきますね。
飲み始めて10日程になりますが、今のところこれといった体調の変化は感じ
ていませんが注意しておきたいと思います。アドバイスありがとうございました。

お久しぶりです

こんにちは。
軟膏をgetされたようで良かったですね~!
個人的には塗りすぎかな?っていうくらいマメに塗った方が効果あると思います。
仕事が始まるとそんなに何度も塗る時間がなくなってしまうので、
悔いのないように(?)今のうちに思い切り塗りましょう!

ちなみにメキシコは行った事ないのですが、
タコス&タコライスが好物なのでこの名前にしました。
もし宝くじが当たったら都心でフットサルコートを貸しつつ、
隣のカフェでタコス&タコライスを作るのが夢です。

ブログ右上の写真ってブラジルの大きなキリスト像ですよね。
この写真を見て、いつか南米行ってサッカー観戦したいなぁって思いました。

ではまた~!


こんにちは。

>タコスさん

こんにちは。軟膏毎日塗ってますが、今のところあまり変化ないですね。
今日、皮膚科の先生のところに行ってきましたが、「まあ、半年くらいすれば
少しはましに見えるようになるでしょう。」とのこと。気長に頑張ります。

あと、その皮膚科の先生が言っていたのは、「外科の医者は、皮膚がひっつけば
それでいいと思ってるからなぁ。皮膚科や形成外科の人間が縫えば、この倍くらい
ハリ通して縫うんだけどなぁ。。。」って言ってました。外科は基本的に創には無頓着
な方なのかもしれません。

そう、トップの写真は、ブラジルのリオデジャネイロに行った時に撮ったキリスト像
(コルコバード)の写真です。ぜひぜひ、ラテンの国に行ってみて下さいな。。。
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード