術後二回目の外来 & 患者仲間との出会い

廊下
処置室
採血
心電図

寒く、雨と雪の降る中、術後二回目の外来診察に行ってきた。いつも通り、血圧・体重測定、採血、レントゲン、心電図、エコー検査をこなす。その後、南淵先生の診察。

回復は順調で、弁には全く問題ないけれど、相変わらず心臓が元気すぎる(?)ようだ。脈拍がその後も100くらいある状態が続いている。自分の子供達よりも脈拍が早い。

再び、処方が変わった。

現在飲んでいる薬を整理すると、

朝食後:
 バイアスピリン錠 100mg
 ワーファリン錠 1.5mg
 アーチスト錠 10mg
 タケプロンカプセル150mg
 ワソラン錠40mg (←new!)
 リザベン100mg
 シナール錠200

昼食後、夕食後:
 ワソラン錠40mg (←new!)
 リザベン100mg
 シナール錠200

結構たくさん飲んでいる。ワーファリンは今回で終わりかと思ったが、まだしばらく継続のようだ。

新しく飲むことになったワソランという薬が、カルシウムの働きを抑えて、心臓の負担を軽くし心臓の働きを改善するらしい。これで状態が少し変わるのか観察だ。

それから、12月上旬からお休みをもらっていた仕事に3月から復帰することにした。会社に提出する診断書を用意してもらう。面倒なことに、会社を二週間以上休むと、復職時に診断書を持参して会社指定の産業医と面接をしてOKをもらわないと職場に行ってはいけないらしい。

本来ならば、次回外来は3ヶ月後となるところだが、脈拍が早く薬の処方を変えたので、また一ヶ月後に外来の予約をとることになった。

血液検査の結果のコピーをもらった。検査項目は、ほぼ全ての機能項目をカバーしていると思われる26項目だが、なんと全項目が基準値内。驚いた。というか、これが本来普通かな。術前は、肝機能の数値が悪い時期や、中性脂肪やコレステロールが高い時期もあったが、ここまで数値が正常化したのは久しぶり。道理で体調も良いはずだ。とてもありがたい。

診察後、入院していた時から少し気になっていた病院の目の前にある喫茶店で昼飯を食べた。オムライス風だけど、中に焼きそばとライスの両方が入っているようなメニューをオーダーする。これがなかなかうまい!

喫茶店_昼食

食事後、2階病棟に顔を出す。前回の外来の記事で、「もうここは自分の居場所じゃないような気がしたので足早に立ち去ることにした」と記した。今日、再び、そこに足を運んだのには一つの理由があったからだ。

今月中旬、Sさんから一通のメールを頂いた。「実は明日、大和成和病院に入院して、○○日に手術を受けるものです。入院前日の今日、あなたのブログを見つけて、慌てて内容を拝見しました」というもの。ブログを通じて何人かの方とコンタクトを取ってきたが、私と同じ大和成和病院で手術を受ける・受けた方とのブログを通じてのコンタクトは初めてであった。その後も、無事に手術を終えて順調に回復されている旨のメールを頂いていた。

外来で病院に出向く今日、それじゃ、是非Sさんに会いに行こうと思った次第である。お会いすると、術後僅か数日なのに、無茶苦茶元気そうに回復されているのを見て驚いた。ハートハガーももう取っちゃってるし、声も普通に出ている。(私は、気管に入っていた管のお蔭で術後数日はしゃべりづらかった。)

しかも、明日、退院できるらしい。術後9日目退院の私も回復が早い方だと思っていたが、それ以上のスピード退院。年齢は私より上だが、フルマラソンやトライアスロンの経験もあるそうで、お話を聞いて、体の鍛え方が違うなぁと納得。

病院にあまり長居は禁物なので、ナースステーション前で看護師のSさんと一緒に写真を撮ってお別れした。ご退院された後、(元)心臓病患者の集まりを行う時には是非再会したいものだ。

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

出会い

 
 はじめまして
 りです。

貴方と同じ病気がある私は最近、心臓が”ワクワク”しています。最初言われた時、一年前ですが
最近はなんだか心配になってきました。インターネットで検索したら貴方のブロックを見つかりました。お蔭様でいろいろ情報がいただきました。一気に拝見いただいて今日はここでコメントを残りたいと考えて書きました。
  ちなみに自分は今週末に大和成和病院へ検査しに行きたいと思っています。
  
  PS:日本人好きの中国人です。
  PS2:日本語が間違ったらすいません。

はじめまして!

りさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

ブログを参考にして頂けてありがたいです。
大和成和病院で検査とのこと、ご不安な点や分からないことなどは先生や看護師さんに
質問すれば丁寧に教えてくれると思います。頑張って下さい。また、進捗など教えてもら
えたら幸いです。
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード