術後五回目の外来

昨年の12月に手術を受けて、8ヶ月が過ぎた。今日は、術後五回目の外来検査と診察であった。いつもと同じ検査をいつもと同じ手順で済ませる。8月のお盆真っ只中だというのに、病院は普通に営業活動を行っている。

我家を建てた時にお世話になった大工さんや左官、電気などの職人さんもそうであったが、職人の休みと言えば日曜日だけ。大工さんはお盆もほとんど休まず仕事を続けてくれていた。職人さんは業種が違えども、休みが少なく大変だと思う。きっと医者も同じなのだろう。大変だと思っているのは、平凡な週休二日の会社員である私だけかもしれないが・・・

最近、急に立ち上がった時に、立ちくらみがすることがある。また、長距離歩くと足が疲れやすくなることもあった。そのことを南淵先生に伝えると、原因は活発過ぎる私の心臓の働きを抑える為に飲んでいる薬のせいらしい。術後、未だに脈拍は術前に比べるとかなり早め。なかなか術前の70回台/分には落ち着きそうにない。こちらの原因はよく分からないが、私の心臓は、術後、まだ試運転の段階にあるためのようだ。それで、アーチストとワソランという心臓の負担を軽減する薬の服用が続いている。その薬のお陰で、本来血圧を上昇させてパワーを上げなくてはならない瞬間に、パワー不足が発生して立ちくらみが起こるメカニズムらしい。ひょっとして夏バテで栄養不足なのかと思い、栄養補給ドリンクを飲んだりしていたのだが、その心配はなくなった。原因が分かったので、何も怖いことはない。

明日(8月15日)の夜は、サマーフェスティバルというお祭りが病院前のスペースで開催されるらしい。看板が掲示してあった。

Summer Festival

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

No title

「たけしの部屋」の掲示板のの方にも書きましたが,このたび,僧帽弁形成術と心房細動手術を受け,1ヶ月たって,やっと退院できたキチンハートです。術前,様々な人の手術体験談を読ませてもらったことが,手術の不安をなくしてくれましたが,特にカムバックハートさんの体験談は詳細で大変参考になりました。改めてお礼申し上げます。
ところで,カムバックハートさんの現在の心拍数は現在でも早めだそうですが,具体的にはどの程度でしょうか。私は,心臓周りに少し水(心嚢水)が少したまっていて,それがおそらく心臓を刺激しているとかで,毎分100回を軽く超えています。心拍数があまりに速いと,なんだかすぐ疲れてしまうような気がしますが,カムバックハートさんはお元気そうなので,気長に落ち着くのを待とうとは思っているのですが。

No title

キチンハートさん、お久しぶりです。無事に手術終えられたようですね。よかったです。無理をせず、徐々に回復に努めて下さい。

脈拍は、術後数ヶ月は100回/分を超えるような状態でしたよ。半年を過ぎてようやく安静時は80回台までになってきましたが、ちょっと動くと今でも90台です。心拍数が早くて息苦しかったり、違和感があったりすることは無いので、全く気にはなりませんが・・・一年くらいは元の体の状態に戻るまでかかるようなので、私も気長に体調の変化を楽しんでいます。

また、回復の状況など、お知らせください。

No title

早速のご返事ありがとうございます。
数ヶ月は100回/分を超えていましたか。しかし,こういう先輩の情報をあらかじめ知っていると,後輩としては不安なく過ごせます。ありがとうございました。

安心

私も脈拍が早いから気になっていたけど先輩達の声に安心します
形成した僧帽弁って一生持つのか心配です
その辺はDRから聞いていませんか?私の主治医は神に祈るしかないって言ってました

No title

「形成した僧帽弁って一生持つのか???」
どうなんでしょうね? まあ、もしもたなくなった時は、その時で、また考えます。
今は、元気に人生楽しむだけです。(笑)

形成弁の耐久度

あつこさん

1991年7月から2006年12月の間に,半蔵門循環器クリニック院長で,僧帽弁形成術の専門家,加瀬川先生が榊原記念病院で行った僧帽弁形成術517例(平均年齢56.3歳)で見ると,手術後,5年,10年,14年で,高度逆流が回避された割合は,それぞれ,94.2%,82.8%,77.5%だそうです。後尖逸脱のみの場合には14年で98.4%だそうです。

手術法も進化して,結果の改善も得られているそうなので,この数値はまだ上昇するかもしれません。術者による差も大きい手術だそうなので,全体の平均を表しているわけではないと思いますが,参考までに。

チキンハートさま

初めましてm(__)m
詳しく調べて頂きありがとうございます。またまた安心する事が出来ました。弁膜症になって運動も制限されていたので今までやっていたバレーボールやバトミントン徐々にdrに相談しながら復帰していきたいと希望も持てました
まだまだ楽しまないと
本当にありがとうございます。

お久しぶりです

20歳代後半の若田部です。8月31日に大和成和に術後初の外来に行ってきました。南淵先生が急用で遠藤先生に話を聞いてきました。経過は良好で、だいぶ傷もきれいになりました。
 9月1日より早くも仕事への復帰の許可がでたので行っていたのですが今日9月3日の朝動悸が起こり地元の協同病院へつい先ほど行きました。復帰したことで自分では平気と思っていましたが、体はそうじゃなっかったみたいです。自分でも驚くほどの脈のぶれがあり心電図の音も早くなったり、遅くなったりとあきらかに普通じゃなかったです。その後車椅子で運ばれストレッチャーに乗せられ車に乗って別の建物へいきました。ここの病院は、内科と循環器科がべつの建物で成和病院の紹介状を書いて下さった先生が救急で見てくれるとのことでそこへ移されました。その先生は火曜日と水曜日のみ内科の外来をしていて自分が行ったときにはカテーテルの治療をたまたま終えたとこらしく飛んできてくれました。
気になる結果ですが心房細動がおこっていたようです。その後それを止める薬を点滴で投与してもらい脈も落ち着き何とか帰ってきました。また、このまま成和に入院かと、びびりました。
カムバックハートさんも飲まれてるワソランという薬が処方されました。その薬ついてもしわかることが教えていただきたいです。ちなみに発作が起きたときだけ飲むように処方されました。
長くなりましたがまたお会いできるのを楽しみにしてます。しかし、体は正直ですね・・・・。

こんにちは!!

若田部さん、こんにちは!! 
平松です(笑)

おやおや、心房細動とは驚きですね。。。でも、直ぐに病院に行かれて、原因が分かった
ようなので大きな心配はいらないのかなと文脈からは安心いたしました。

術後、数か月から一年くらいは慣らし運転なので、おやっと思うようなことも起こるのかも
しれませんね。心臓が新しい生活のペースに馴染むための活動をしているのでしょうか。

ワソランは、一日三回、40mgを毎食後飲んでいます。あまり効用は体では感じないのですが、
脈を静めるためだと聞いています。夏場良く起こった立ちくらみはこの薬を飲んでいたことが
原因らしいのですが、ここ最近は立ちくらみもしなくなってきました。

また、お会いしたいですね。術前に撮らせてもらった写真、よく撮れてました。
術後のお写真を、例のレトロなカメラで撮らせて下さい。
そして、私の暗室で自家プリントした写真を見比べてください。
手術を乗り越えられて、成長された若田部さんの大きな違いをきっと感じられることと
思いますよ。楽しみにしています。
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード