心臓手術体験者の集まり

心臓病になっていなければ決して巡り会うことが無いであろう人達との出会いの機会を持てることが、手術後の私の楽しみの一つである。

ブログ開設以来、沢山の方からメールやコメントを頂いてきた。コンタクトを頂く方々の年代的には、何故か、20代後半と、40代前半の両グループの方が大半だ。

本日12時、川崎のショッピングセンター内にある、とある中華レストランのテーブル席に見た目、無茶苦茶元気そうな男女7人が集まった。20代グループの3人と、40代グループの3人、そしてその内一人の奥様の計7名。皆さん、弁膜症手術の体験者達である。私が大和成和病院に入院していた同時期に入院されていたOさん、術前に相談のメールを頂き一度大和成和病院でお会いしていたTさん、旦那さん思いの遠藤(仮名)さんの奥さんと先日ばったり外来でお会いした遠藤(仮名)さんご本人、入院直前にお会いしていた若田部(仮名)さん、それから、「たけしの部屋」のたけしさんと、私である。

術前にお会いして、今日、術後の再会を果たしたTさんと若田部さんの顔色を拝見して、あまりに色つやが良く、健康な様子が満ち溢れていて、やっぱり手術して心臓病を治した人は、見違えるように元気になるんだなと改めて実感した。術前のご両名の写真をローライコードという二眼レフで撮影していた。自分で引き伸ばしたモノクロプリントを今日、彼らに手渡して、再び、今度は術後のお姿を撮影させてもらった。術前と術後のご容姿の変化を記録として活用してもらえたらと思う。

手術自体については、皆さんもう終えてしまった過去のことなので、今後の関心は、術後のフォローだと思う。一旦健康体に戻ってしまうと、またそれが当り前となった日々の生活を送るのて、心臓手術という一大イベントについても、日が経つにつれて記憶が薄れていく気がする。

今日、このような集まりを持てたことによって、心臓手術によって再起した体験を脳裏に再び呼び起させ、人生の貴重さ、時間の大切さを感じることができたのは、私だけではないのではなかろうか。

場所を変えてのオープンカフェでの二次会は、天気が良かったとは言え、11月下旬の冷たい空気の中だったので、皆さん風邪などひかれなかったか少し心配になった。今度は、暖かい場所をちゃんと予約しておこう。入院中に私の仲介で知り合われた遠藤さんと若田部さんは、その後もコンタクトを続けておられ、先週は一緒に韓国に旅行に行かれたとのこと。韓国海苔のお土産を頂いた。実は、韓国海苔は、うちの子供達が大好きなのだ!ありがとうございます。

今日お会い出来なかった皆様、是非次回の集まりの際は、お会いしてお話しましょう。松本良順さん、タコスさん、Sさん、getanouraさん、Kumiさんと旦那様、ユキさん・・・・ひょっとして、南淵先生にも声かけたら来てもらえるのかな・・・??

心臓手術体験者の仲間を作りたい方も、術前、術後を問わず、お気軽にこちらのメールへ ご連絡頂ければと思います。

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

No title

こんばんは。遠藤の妻です。
今日は皆様にお会いできて、とても楽しかったです。
このような機会を作って頂き、有難うございました。
また機会があったら誘って下さいね!

ありがとうございました!

遠藤さん、本日はご夫婦で参加して頂きありがとうございました。
遠藤さんの奥様の、ご主人様に対する思いがいつも頂いているメールから伺われます。

南淵先生の本にも、心臓病患者を支えるのはいつも女性だと書かれています。。それは、母親、妻、妹、娘たちであって、彼女たちは病気のこと、病院や医者のことなど、情報集めをして、なんとか患者を助けたいという思いと行動力の強さでは、決して男性に負けないとのこと。

確かに、僕のブログを見てメールを下さる方の中には、ご主人、彼氏、兄弟の心臓病について相談を寄せてくる「女性」が結構いらっしゃいます。

これからも、ご主人様のこと、ケアなさってください。また、お会いしましょう!!

No title

近い将来、私は都に凱旋帰国します!そのときまで、おたがいエンジョイして生活しましょう!

待ってますよ!

松本良順さん、

松本良順さんは僕とまるで違うタイプの豪快な方なので、心臓病仲間に対する
アドバイスもアプローチがいつもかなり違う気がしています。

他の心臓病患者に本気でアドバイスされていたあの文章をCCで読んで感激しました!

是非次回はお会いしましょう!お待ちしています。

ありがとうございました

たけしの部屋のたけしです。
たくさんの素敵な方に会うことができて、本当に楽しかったです。
オープンカフェは寒かったですが、風邪は引いてません。
元気です。
iPhoneの話やドイツの話、韓国の話、仕事の話、手術の話などいろんな話をたくさん聞けました。
ありがとうございました。

No title

皆さんでとても楽しく有意義な時間を過ごされたご様子ですね。
私は土日が必ず休みとは限らないのでいつ一緒に参加できるか分りませんが、次の機会を楽しみにしております。

No title

たけしさん、今回も来て頂いてありがとうございました。
また会って、情報交換しましょう。

げたのうらさん、いつかご都合が合えばいいですね。
楽しみにしています。

No title

お久しぶりです。
寒くなりましたが、体調はいかがでしょうか?

いろいろな病気を抱えている私なのですが、10月に小脳の失調で、大病院の神経内科に、緊急入院し、4週間して、ようやく退院。

現在、春の職場復帰を目標に、その大病院の神経内科に通院、治療、リハビリの日々です。

現在の神経内科の処方薬も健康保険がきいても、1日2回、朝晩一錠ずつの内服薬が14日分で1万円を超えました(!)
薬価は、1錠1200円弱というところでしょうか。

薬といえば、最近の報道では漢方薬が保険適用外になりそうだとか!

「大病院+かかりつけの内科(心臓病・慢性膵炎など)+耳鼻科+眼科」というように、あちこちの医者にかからないといけない私のような人にとっては、かかりつけの内科と耳鼻科で漢方薬が出されていますが、今話題の「漢方薬が保険適用外になる」っていうのは、本当に困るんですよね。

長妻厚労大臣は、漢方薬については考えて見るというような主旨の発言をされていましたので、仕切りの見直しを、切に願っている一人です。

これから、本格的な冬ですね。
どうぞ、お体ご自愛下さいね

コメントありがとうございます

TOMさん、お久しぶりです。
コメント頂きありがとございます!

薬の服用は、経済的にも確かに大変ですね。
できることなら、薬の服用のない生活を送りたいものですね。
私もまだ術後の薬が継続していますので・・・

昨日、季節性インフルエンザの予防接種を受けてきました。
新型も我々は基礎疾患ということで、病院から一筆もらえば
優先枠で受けれるそうですが、私は受けなくてもいいかなと
思ってます。

TOMさんも体調に気を付けて下さい。
そして、「逃げない方が楽なんだよ」的人生を楽しみましょう!

どんなコメントでしたっけ??

カムバックハートさん、

ぼくのコメントで感激されたとの事、うれしい限りです。
で、どんなん書きましたっけ?

今月は上京してセミナーの講師やります。怪しいやつじゃなくって、いまはやりの「お天道さまで電気をつくろう」関係。仕事しかせずに戻りますが、今度はゆとりをもって上京したいです。
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード