入院二日目

入院二日目、今日の検査は、コロナリーCTという造影剤を点滴しての胸部CT撮影、それから、頭部CT、腹部エコー、首部分のエコー、腕と足の血圧差測定(ABI)、最後に、24時間心電図(ホルター)の取り付けを午前中に行った。検査らしい検査はこれで終わり。後は、手術当日まで体調を万全に整えておくだけ。

朝、担当の看護師さんに点滴を打たれる。暫くベッドでゆっくりした後、検査室のある一階フロアまでその点滴を持ちながらエレベーターで降りる。夜勤明けの看護師さんが検査室まで付き添って案内してくれた。その時の空気感は何故かとても不思議な感じでいつまでも忘れられない印象的なものであった。その看護師さんがいてくれたお陰で検査に対する不安は全く襲って来なかった。

コロナリーCTの検査では、造影剤を点滴部分から注入される訳だが、その液体が腕の血管を破って体の中に漏れてるんじゃないかと思うくらい勢いよく注入されるので、瞬間的に辛い。まあ、数十秒の辛抱なのだけど。造影剤が体に入ると、体の芯が熱くなる。なぜかお尻の穴までも。でもそれも数分だけ。造影剤による副作用は全く無かった。

このCT検査では、心臓の外観を3D立体画面で上下左右360度から見ることができる。心臓の大きさや位置、冠状動脈の具合などが分かるようだ。私の場合は、心臓の中の弁に問題があるだけなので、左房が少し大きくなっているが、心臓の外観の状態には全く問題ありませんとのこと。ちなみに、私の手元にこの3D画像のプリントアウトが記念においてある。

心臓3D画像

恐らく、検査の中で一番体に負荷がかかるであろう心臓病定番のカテーテル検査は、なぜか行う必要ありませんとのこと。既に、エコー検査で逆流のレベルも把握できていた為なのかどうかは、あえて質問しなかったので不明。最近の心臓超音波検査装置は以前のものに比べると大変優れているらしい。カテーテル検査やらずに済むならば、それに越したことはないと思った。経食道エコーも必要なかった。胃カメラを飲んだことのない私にはそれもありがたかった。でも、結果的に手術中には無意識下で経食道エコーは修復後の弁の状態をテストするのに行っていると思う。

バイパス手術を受ける人は、術前と術後退院前にこのコロナリーCTの検査を受けて、バイパスした血管に血液がちゃんと流れているか判断しているようだ。

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の49歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード