術後八回目の外来

3ヶ月毎に大和成和病院での外来検査と診察を続けている。南淵先生の術後患者の外来診察は金曜なので3ヶ月に一度、金曜日に会社の休みを取り、病院に向かう。今日も、とても良い天気。気温も高く夏日状態。このような日は病院への足取りも軽い。



受付で診察券と予約表を出したら、「今日は南淵先生は休診になったので、別の先生が外来診察します」とのこと。先週の考心会の講演の感想を伝えようと思っていたので、少し残念。南淵先生の外来が休診というのは、私には初めての経験であった。

いつもと同じ、採血、レントゲン、心エコー、心電図の検査を行う。採血の時は、いつも、まじまじと注射針の部分を見ているのだが、毎度ながら、看護師さんの針を刺す動作が上手。ほとんど痛みを感じない。バイアスピリンを飲み続けているせいか、取られた血液は見た目も、とてもサラサラ状態。

そして、ロビーで待つこと、それなりの時間・・・

んんん・・・オペ室看護師長の深津さんが患者を診察室に案内している。深津さんは南淵先生の専属秘書のような方。ひょっとして、南淵先生いるのか・・・?

何人かの患者さんの診察が終わり、診察室に呼ばれる。やっぱ、南淵先生がいた!どういう理由で休診にしていたのか知らないが、無事、南淵先生の診察を受けることができて非常に安心した。術後、極弱いレベルの逆流は続いているらしい。もっとも、術後時間と共に悪くなっているものではないし、今のレベルであれば健常者にもあり得る逆流のレベルらしい。エコーで弁を見る角度次第では逆流の兆候も見えない場合もあるし、心配のいる状態ではないとのこと。弁形成術で再手術になる場合は、術後すぐに不具合が現れ始めて早期に状態が悪くなってくるらしい。術後数年経ってから、急に再手術というケースはあまりないそうだ。

自分の心情的には、仮に今、何らかの理由で、「心臓の再手術が必要ですよ!」と宣告されたとしても、全く不安はない。心臓手術に大きな痛みがないことも分かっているので痛みに対する恐怖もない。その時になればその時さ、と、今は十分に心構え(?)ができている状態と言えると思う。最も、これは、私が受けた心臓手術が幸いにもうまくいったお陰なのだが。

但し、その不安が無い最も大きな理由は、南淵先生に定期的に診てもらい、南淵先生にいつでも手術してもらえる環境にあるから。先週の講演会でも、「あと10年は現役の心臓外科医として現場で手術やっているでしょう」とおっしゃっていたが、南淵先生が現役でいる間はもちろん、その後も大和成和病院が現在のポリシー通りに運営されている限り、私に不安はない。

このブログを読んで大和成和病院で手術を受けることを決められる方が結構いるそうだ。ひょっとしたら、ちょっとした循環器内科医より、紹介件数が多かったりして(笑) 以前も書いたが、私にメールやコメントを下さる方が沢山いるが、そうでない方で大和成和病院に行かれた方も当然ながら沢山いらっしゃるようだ。考心会では年配の方々しかお会いできなかったのだが、心臓手術を受ける患者の中には20代、30代、40代の方々もかなりいらっしゃる。少なくとも私にコンタクト下さる方はその年代の方ばかりである。インターネットを容易に使える世代だからだろう。

さて、南淵先生から、そうした若い世代のネットワークを築いて情報交換するのに協力して欲しいというようなお話を頂いた。具体的なことは分からないが、何か他の心臓病仲間のお役に立てることができるのであれば是非協力したいと思う。

昼過ぎに会計終了。病院の向かいにある喫茶店「SAKURA」でランチ。注文は、これまたいつもの、オムそばめしのセット。余談であるが、考心会の会員は、この「SAKURA」での飲食代金が10%OFFになる。本日、その恩恵に授かることができた。

術後は、行きも帰りも、南林間の駅から徒歩で大和成和病院まで往復している。でも、今日は、昼食後、バスの時間に丁度だったので、送迎バスで駅まで運んでもらい、その後、街の散策をしつつ帰路に着いた。

平日の昼間は、街中に人が少なめで、穏やかな雰囲気があり好きだ。3ヶ月に一回の金曜日をこのようにして満喫できるのも、心臓病になったお陰かな!?


<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

No title

こんばんは。初めて訪問させていただきました。
詳しい情報ありがとうございます。

私も大動脈弁閉鎖不全症で、ちょうど今日医者に行ってきたところです。
まだ手術前で薬を飲みながら経過観察中ですが、これから1~2年で
手術になるだろうと言われております。
いろいろ心配なことが現実的になってきましたので、、、

勝手ながら先輩として参考にさせてください。
また来ます。

はじめまして!

tomoさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

手術になるだろうとのこと、今が一番不安な時期ではないかと思います。
そうした不安をこのブログで少しでも解消できるお役に立てれば幸いです。

ご質問などありましたら、私だけでなく、弁膜症患者仲間が沢山いますので
助け合えるかと思います。お気軽にご相談下さい。

ではでは。


お久しぶりです。
私も少量の逆流があるそうです。さらに思わぬことに、軽度の僧帽弁狭窄と言われました。
あまりよくない条件の下での手術だったこともあり、将来的に再手術は覚悟しないといけないかなと思っていますが、技術は確実に進歩するし、何より手術仲間がいるだろうと思いますので、前向きに考えたいです。

頑張りましょう

cocoroさん、こんにちは。

そう、いつでも心臓手術仲間が居ますのでご心配なく。
お互いの心臓を直接治すことはできないかもしれませんが、
少なくとも前向きな気持ちを持続させるお手伝いは
皆さんできると思います。お互い頑張りましょう!!

No title

お久しぶりです。
先日まで、心臓病とともに~負けるな~のブログ管理人をしていた者です。

現在は、陽のあたる場所へ~成人先天性心疾患とともに~とタイトルを変更し、URLも変えてしまいました。せっかくLinkしていただいていたのに申し訳ありません。

カムバックハートさんは良い医師とめぐり合い、信頼関係にあるようでうらやましく思います。
残念ながら、私はまだ医師探しの途中です・・。
これから良い医師とめぐり合い、長くお付き合いをしていきたいです。

こんにちは!

それいゆさん、コメントありがとうございます。

信頼できる医者と病院に巡り合うことは重要ですね。私の場合、運良く、そういう巡り合いがあったので、本当にありがたいと感じています。それいゆさんも、積極的な行動と情報集めと、ちょっとした運で、きっと信頼できる医者に巡り合えることと思いますよ。陰ながら応援しております。

新しいサイト、検索で見つけました!新たにリンクさせて頂いてもいいでしょうか?

こんばんは

ぜひ、よろしくお願いします!

実は、カムバックハートさんのブログから訪問してくださる方も少なくないので。
心臓病を抱える方は何かと不安で、いろいろと情報を求めているのだと感じます。
私自身も例外ではありません。

今後もよろしくお願いいたします。

リンク更新しました!

それいゆさんのサイト、リンク更新しました!
お互いのサイトから情報を得て、励ましあえる人達が沢山できるといいですね。
ではでは、記事の更新を楽しみにしております。

No title

おひさしぶりです。

バイアスピリン&定期健診、まだ続いてるんですね。ごくろうさまです。

ぼくは暇つぶし&日銭稼ぎで、ガソリンスタンドのバイトを始めました。
まー、43歳にはきつい’笑)。しかも、こっちは心臓切ってるし。

でも、U20の若者以上に動けてます。栄養と休息のケアさえしてれば、まだまだいける!
ぼくは筋肉の量が普通の人より多く、しかも新陳代謝が激しいので、給水&ミネラル補充が
いちばん重要なんです。
それがより深く理解できたので、きついバイトも役に立ちました。

No title

松本良順さん、こんにちは。

コメント復帰ありがとうございます。

お仕事、お疲れ様です。
僕は、心臓治して体力増えましたけど、確かに今の年で、肉体労働は
ちょっときついかなという感じです・・・・




プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の49歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード