弁膜症の自覚症状 その2

弁膜症の自覚症状の詳細については過去の記事に体験を書いたが、その後感じていることを書き加えたいと思う。

私は術後になって初めて、術前に自分が抱えていた数々の自覚症状を認識することができた。自覚症状が無かったのではなくて、気付かないか、自ら気付こうとしなかっただけなのだ。

そして、今、術前の自覚症状を改めて認識することが出来るようになって、そのことが、もし将来の自分の体に異常状態が発生した時に、アラートとして敏感に察知する能力を高めてくれている気がする。

例えば、3月11日のあの東日本大震災が発生した後、数日間、私の心臓は暴れていた。心拍数が上がり、軽い動機を感じる状態。ある種の興奮状態か?それが平常時の自分の心臓の状態と異なっていたことを自ら認識できる。何かしらの心臓の異常による自覚症状を単に加齢による体の衰えと安易に思いこむのではなく、冷静に自分の体を診断できる。手術を経て、そういう能力を得たのではないかと思う。その後、桜の開花と共に、私の心臓は元の術後の健常な状態に戻った。

前回、大和成和病院での南淵先生とは違う別の先生の外来診察で、「あなたの心臓には今でも逆流があります」と説明を受けた時、更に、「術前に自覚症状を感じていましたか?」と質問を受けた。
「術前にははっきりと分かりませんでしたが、今から思えば自覚症状は沢山ありました」と説明したところ、その回答に「うんうん」とうなずかれていた。恐らく、その医者は、この患者は、将来の自覚症状を認識できる能力をもう持っているのだと、その私の回答で確認されたのではないかと思う。

もし、ドラえもんのポケットから「握手をしてスイッチ一つで自分の体と他人の体を瞬間的に交換できる機械」が目の前に出てきたならば・・・・「あの人の体ならこんなに元気なんだ!」、「体が軽いし、運動しても全然疲れない!」とか・・・実感できるのかもしれない。また、「この胸の痛みはやはり異常なんだ」「ドクっと脈が乱れる、これが不整脈なんだ」と諸症状を理解できるかもしれない。

病気を患ったからこそ、自分の体調の変化を敏感に感じることができる訳で、これも心臓病のメリットの一つと、少し強引だけど思いたい。

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

No title

自覚症状、私もないと思っていました。
でも術後健康を取り戻してから、術前は様々な不調を抱えていたんだと気づかされました。
術後半年を迎える今、体がとても楽です。

術後ふた月を過ぎたころ、娘がノロにかかって、私にも少しうつってしまったんです。
それで内科で薬を処方してもらって飲んでいたら、動悸がするんです。
以前だったら気が付かないほどの動悸だったと思うのですが、気づくんですよね~。
その原因は薬の副作用だったのではと思っていますが、はっきりしたことはわかりません。
(薬の副作用の欄に「動悸」と書いてあったことと、薬をやめたら動悸がなくなったことから)

少々過敏になっていたところもあるとは思いますが・・・。

術前に南淵先生は私の心臓の状態を、「心臓は拍動ごとに激しい雑音を発するだけでなく、
小躍りして胸壁面を揺らしている」とおっしゃいました。
最近でも「胸壁面が揺れてない?」と気になってしまうことがあります。
それはたぶん気のせいだと思うのですが。

神経質になりすぎない程度に、自分の体調の微妙な変化に気づいていきたいものです。










セルフケア

三つ葉さん、やっぱ、そうですよね。自分の体の状態、特に心臓の様子には敏感に
なりますよね。

お酒を飲み過ぎたり、食事を食べ過ぎて満腹になりすぎたりしても、「おっと、いけねぇ、
心臓君に負担かかってるかも・・・」というように、自らを自らがケアする気持ちが現れる
ので、無茶をしなくなりました。(笑)

No title

自覚症状

術前:400cc献血しても、なんともなかった。赤血球が常人の2倍に異常増加していたため

術後:400cc献血したら、けっこうこたえた。どうやら、赤血球が普通になったみたい


人間ってよくできていて、血流が著しく少なくなったりすると、赤血球が増加するらしいですね。


心臓切っていても、ちゃんと修復されてて、医師がOKといえば献血は可能みたいですね。
経験者がいうんだから、まちがいない。
でも、良い子はまねしちゃだめよ。
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の49歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード