白詰草さんの手術

「いきてます」

たった一言のこのメールの文面を読んだ瞬間、私はとてつもなく感激深い気持ちを感じることができた。ここ数カ月間のお互いのメールのやり取りの集大成であり、密度濃く集約されたこの五文字の言葉に全ての結果が表現されていた。

白詰草さん(仮名)からの最初の連絡は今年の2月13日。「僧帽弁の手術を勧められたのですが、病院と医者探しに日々頭を悩ませています」との相談だった。

その後、私は30通以上のメールを彼女に送った。病院選び、治療方法、検査内容、手術に向けての不安、手術の痛み、自分の子供達への手術についての伝え方、などなど・・・よくもまあ、これだけ沢山の質問が出てくるものだなと思った。だが、そんな質問に答えている自分は、自分の体験を参考にしてもらえているという充実感を日々実感できて嬉しかった。

私の(元)心臓病仲間である、三つ葉葵さんと、みつりんさんを彼女に紹介して、お二人にも彼女の相談に色々とのってもらった。いわば、チーム戦で白詰草さんの治療に向けての手助けしたようなものだ。

我々は、彼女に特定の病院や医者をお勧めした訳ではない。彼女は、自らの情報網で信頼できる病院と執刀医を見つけ出し、「いつ、どこで、どのような手術を、誰の執刀で受けるのか」という最終決断を見事に為された。悩みぬいたにも関わらず、結果的に手術を受けるまでのプロセスは完璧なものであったはずだ。我々、(元)心臓病仲間に沢山の質問を投げかけたのも、彼女が手術を受けることを決断するためのそのプロセスを満たすために必要な項目であったのだと考える。

こうして術前から連絡を頂いた方々が、「○日が手術に決まりました。」と連絡をくれた後は、私自身、その日を意識し、当日は、「そろそろ手術始まったかな」、「今頃ICUかな」、「そろそろ麻酔から覚めているかな」、「もう少ししたらメール来るかな」、と頭の中で想像を巡らせている。

手術の翌日、恐らくまだ体の自由が利かず、点滴やその他の管も抜け切れていない辛い状況の中で、私に対して必死に最低限の言葉をいち早くメールで伝えてきた白詰草さんの行動が嬉しい。順調に回復できた私でも、さすがに手術翌日はまだメールを打てるような状態ではなかった。受け取ったメールを見た瞬間、私は、思わずガッツポーズを会社の廊下でとっていた。そして、直ぐに、三つ葉葵さんと、みつりんさんにこの喜びと感激を共感してもらうためにメールをいれた。「待ってたメール来ましたね!」と・・・彼女らも同様のメールを受け取り、同じ感激に浸っていたのを確認できて、私の感動は倍に膨れ上がった。

三つ葉葵さんは、ご自身の手術後、自分の体験をできるだけこれから手術を受ける人の役に立たせたいと私に伝えてきた。自分と同じ手術を受ける人のことを本心で考えている、強いバイタリティを持ち、熱い行動力をみなぎらせている。そんな彼女は、これからも多くの仲間を励まし続けてくれるであろう。

白詰草さんから、術後二回目のメールが今日、届いた。「全身が痛くて泣いていました~」とのこと。泣けるくらいなら、回復が順調な証拠。心配は要らない。いつの日か彼女にお会いして、術前から術後への心理面、体調面の変化を、今度は私が質問攻めにして詳しく聞いてみたいと思う。

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

No title

白詰草さんの手術の成功、本当によかったです。
(元)同病として、同じくらいの子どもを持つ母として、安心しました。

私の経験が何かのお役に立てば・・・と思ってます。
そんなにバイタリティがあるとは思ってないですけど(^_^.)
単純なだけです(^^)

でも、ホントよかった!















No title

>『いきてます』

ジーンと来ますし、グッと来る言葉です。今、こうして心臓手術を乗り越え、この場で生きていることに胸が熱くなります。

あすの考心会に参加しますので、また。

明日の考心会

白詰草さんのその後、決してパーフェクトな回復の様子ではないようですが、
日に日に頑張って家族との再会を楽しみにされていることと思います。

明日は、考心会。多くの仲間に会えそうで楽しみです。考心会後、お時間のある方は
一緒に夕食に如何ですか?
プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード