南淵先生に診てもらう方法

新聞、雑誌、テレビなどにも登場されている知名度の高い心臓外科医の南淵明宏先生に診てもらうことは難しい、特別なコネがいる、特別難易度の高い手術でなければ執刀してもらえない。案外、このように思っている人が多いようだ。

外来の待合室で、患者の家族がこのような会話をしているのを聞いたことがある。
「お宅様の執刀医はどの先生ですか?」
「南淵先生です」
「おや、まぁ、凄いですね!あの有名な先生ですか・・よほど難しい手術をお受けになられたのですね・・・何か特別なルートで紹介を受けられたのでしょうか?」

私の母親も、「あんた、どうやってあんな有名な先生に診てもらったの?」「なんかコネがあったの?」と聞いてきたくらいだ。

こうした先入観に反して、民間病院勤務の南淵先生に診てもらうことは、心臓病を患っている方であれば、とても簡単なことだ。

その方法は、大崎病院 東京ハートセンターのホームページに載っている代表電話番号に電話をかけて、コーディネーターの深津さんに、南淵先生の診察のアポイントをお願いする。ただそれだけの簡単なこと。外科での診察は、一応、客観的事実によって心臓手術を受けるべきと判断された方が対象になる。なので、健康な心臓をお持ちの方が、南淵先生の著書にサインをもらう為に病院での診察のアポを取ることはできない(笑)。通常は、循環器内科医に外科への紹介状を書いてもらって初診の際に持参する。しかし、紹介状自体は、状況によっては必ずしも必要不可欠なものではないはず。患者本人、そのご家族、ご友人の方で、本当に診てもらう必要がある、どうしても診てもらいたいと思っているならば、すぐに行動するのみである。

これは余談であるが、ある有名な外科の先生が、系列病院の内科にかかっていたとある患者の診察データをたまたま見つけた。そして、どうしても自分でその患者を執刀したくなったらしい。でも、その患者の紹介状は持っていなかった。その病院では、制度上、外科で患者に対応するには紹介状がマストであったようだ。それで、どうしたかって言うと、その先生は自分で自分宛の紹介状を一枚、手書きですばやく書いてしまったとのこと。これは、執刀医の方がある特定の患者を診たいという逆のパターンであるが、そんな方法もあるのだと驚いた。

繰り返すが、南淵先生に診てもらうのは難しいことではない。だけど、間違って理解して頂きたくないのは、私は南淵先生に診てもらうことだけをお勧めしている訳ではないということ。南淵先生に限らず、どの医者の先生であっても、自分が本当に診てもらいたいと思ったら、その気持ちを行動に変える勇気を起してもらいたいと伝えたい。

かつての私の心境を述懐する。「そろそろ心臓手術するべき時期かなぁ」と悟性が感じ始めていた頃、「いやいや、まだ大丈夫、自覚症状もないし、普通に生活できるからね」と、それを阻害する感性が私の頭の中で活発に働いていた。定期的に病院に通っていた訳でもなかったので、「手術を受ける必要がある」、それを悟性として認識する為の客観的な医療審判を下してもらうまでに、結局数年という時間がかかった気がする。手遅れにならずに、無事、僧帽弁形成術を受けることができたのは幸運であったと思っている。

追記:
南淵先生は2015年10月に東京ハートセンターから昭和大学横浜市北部病院 循環器センターの成人心臓血管外科部に移動されました。昭和大学以外にも、品川の稲波脊椎・関節病院や南町田医病院でも毎週外来診察をもたれています。病院は代わっても、南淵先生に診てもらう方法は引き続き同様です。南淵先生に診てもらいたい病院の受付でコーディネーターの深津さんをお願いしてアポを取るだけです。こちらのサイトから深津さんに連絡を取ることができます。

<=PREV NEXT=>

⇒comment

Secret

No title

成和病院のロビーで南淵先生とお話したあと、他の患者さんから声をかけられたことがあります。
「今、話していらした方、南淵先生でしょ?あの先生に手術してもらうんですか?」って。

でも、それは、私が心臓手術が必要だと宣告された直後のロビーでのことで、
私は、「・・・そうだと思います・・・。」なんて変な回答をしたような気がします。

先生はその時診察後にロビーで私を見かけて、「あなたの手術は絶対に大丈夫ですから!」って
声を掛けてくださったのです。
勇患列伝にも書いてくださっていますが、その「絶対に大丈夫」は先生の優しさが込められている、ちょっとしたウソだったようですが。

カムバックハートさんがおっしゃっているように、南淵先生に診てもらうことが、だれにとっても最善のことだとは私も思いません。
ですが、時期を逸しないでね!

No title

大抵の病院は「紹介状をお持ち下さい」と表記しています。中には、「紹介状を持っていない場合は実費を頂戴します」という所もあるほど、誰の為の病院?と思ってしまうこともあります。

ハートセンターの受付にも「紹介状・検査コピーをお持ちの方はお出し下さい」(うろ覚え)と、淡々と受付を済ませた後に気がつきました。

しかし、名医と言われる医師の元に駆けつけ、診察をしてもらうことが「高いんでしょ?」と思われても致し方ないように感じます。私自身もこのようになるとは思ってもいなかったことですし、成和病院での初診では「あれっ?忘れられた?」と診察室前の椅子に外来待ちが誰一人いない状況下で心細くなってしまったぐらいです。
とはいえ、まだまだ心臓手術で悩んでいる方がいると思います。そういう手助けになればと思います。

No title

ある有名な外科の先生が、系列病院の内科にかかっていたとある患者の診察データをたまたま見つけた。そして、どうしても自分でその患者を執刀したくなったらしい。でも、その患者の紹介状は持っていなかった。その病院では、制度上、外科で患者に対応するには紹介状がマストであったようだ。それで、どうしたかって言うと、その先生は自分で自分宛の紹介状を一枚、手書きですばやく書いてしまったとのこと。

↑これ、わしのことですか(笑)?そのまんまじゃん。実話です。

元なんとか良順より

来ませんか?

良順さん、お久しぶり・・・

そうです。以前伺ったエピソードです。記事にさせてもらいました。

6/26の集まり、参加しませんか?ついにお会いできる日が来るかな??

No title

6/26、たぶんOKです。26日の夕方、AZから他の部署の人がUSから来ますが、日本にむちゃくちゃなれているので放置プレイできるでしょう、きっと。

メールアドレスがかわったので、あとで新しいところから出しておきます。

南渕先生にお会いました

還暦カヤッカーと申します。初めての書き込みします。
13日に東京ハートセンターへ伺いました。南渕先生の診察を受けたくて、こちらのブログに書いてあるとおり「大崎病院東京ハートセンターのホームページに載っている代表電話番号に電話をかけて、コーディネーターの深津さんに、南淵先生の診察のアポイントをお願いする。」
電話をかけると午後3時過ぎに来るように指示されました。紹介状はなくても良いと言われました。安心しました。
伺うと所定の用紙に必要事項を書き込み保険証提出。あとは血圧、心電図、エコー検査を行いいよいよ深津さんの案内で南渕先生の診断を受ける。
PCにエコー検査結果が動画で表示されていて、「大動脈弁閉鎖不全レベル4です。手術が必要です。」「「弁の置換が必要です。機械弁、生体弁、シン膜を使った置換手術がありますが、還暦カヤッカーさんは60歳間近の年齢から見ると生体弁がいいでしょう。」と机の上に10円玉サイズの黒い機械弁とアクリル樹脂の中に生体弁がありました。南渕先生はそれを示しながら「機械弁か生体弁かを決めるのは患者さん次第です。といわれても決められないですよね。」「18年間の心臓手術で生体弁を250例ほど行って来たが、再手術は1例のみです。これも特殊な事情がありました。25年ぐらいは持つかと思いますよ。」と魅力的な提案を頂きました。機械弁の置換手術しかないと思っていたのに、思いがけない提案です。再手術することなく過ごせて、ワーファリンを飲み続けなくてもいいんだと思いました。
南渕先生の「奇跡は続く」に「大動脈弁の異常が、ある一定の基準を超えた逆流・・・・と判定された場合、最悪の事態を未然に防ぐ、または悪い状態を改善するために手術が推奨されます。手術については、患者さん自身が何人かの医師の意見を聞き、
「いつ手術するか」
「どこで、誰によって手術を行うか」
患者さんの裁量で決定しなければなりません。」とありました。自分としては是非南渕先生に執刀していただきたいこと。手術時期は、仕事のことや季節を考えて4月にお願いいたしました。南渕先生は、快く引き受けてくれました。これまで、色々と思い悩んでいたのが嘘のように、「何時、誰によって」が決定しました。
カムバックハートさんのブログにあったように、「大崎病院東京ハートセンターのホームページに載っている代表電話番号に電話をかけて、コーディネーターの深津さんに、南淵先生の診察のアポイントをお願いする。ただそれだけの簡単なこと。」簡単に決まりました。これまで、何年も思い悩んだのは何だったんでしょう。
南渕先生は「心臓弁を人工弁に取り替える手術は全体で3時間から4時間かかります。そのうち、実際に心臓を停止して心臓弁を切り取り、人工弁を縫い付けるのに要する時間は1時間程度です。胸を開いて心臓を停止させるための準備に30分、心臓が動き出して胸を閉めるのに約1時間という作業時間です。」と続けられました。その後色々とお話下さり、入院前の3月下旬に診察を予約して来ました。
カムバックハートさんのブログが手術へ向けて大きく後押ししていただけましたし、このブログがとても役に立ち勇気を持てました。ありがとうございます。そして、手術後なるべく早く海に浮かびまた漕ぎ出すぞと決めました。
長々と済みませんでした。

気分爽快

還暦カヤッカーさん、はじめまして。

勇気を出して診察に行かれたのですね。確かに、手術を受けると決めるまでの不安で
閉塞された先が見えない暗闇が自分に迫って来るような状況に対して、手術日まで
決めてしまった後の気持ちはなんと晴れ晴れしくすっきりとして爽快なものであったかと、
今から3年ちょっと前の自分の気持ちを思い出しました。

生体弁を取り替えたことはほとんどないと、確かに南淵先生は考心会の講演会でも
仰ってました。

4月20日が私の次回の外来なので、もし其の頃、機会がありましたら病棟でお会いしましょう。

手術日が決まりました。

2月13日の初回診療後2回目の受診です。CTと採血後南渕先生は手術中のためしばらく待っていました。深津さんから名前を呼ばれてNo2診察室に入ると手術を終えたばかりの先生がにこにこして座っていました。
そしてその場であっという間に、入院日、手術日が決まりました。会社へ提出する診断書をお願いして、頂いた内容を読むと、
「外科的心機能改善治療を要すると判断され、人工弁を用いた大動脈弁の人工弁置換術を4月17日に実施する予定である。そのため前日の4月16日に入院する必要がある。また入院期間は概ね5月1日まで必要であり、その後も5月31まで自宅にて安静加療を要する・・・・」

なんと、驚くことに入院、手術日ばかりか、退院日、自宅療養期間まで記されていました。もう後には引けません。淡々とその日が来るのを待つだけとなりました。

>4月20日が私の次回の外来なので、もし其の頃、機会がありましたら病棟でお会いしましょう。
カムバックハートさん、というわけで20日は手術後3日目という状況です。良かったらお声をかけてください。

いよいよですね。

還暦カヤッカーさん、続報ありがとうございます。

いよいよ、手術日が決まりましたね。もう、ここまでくれば後は波に乗って
心臓手術というちょっとしたイベントを楽しむだけです。何も心配するべきことは
ありません。この貴重な体験を是非有意義なものにしてください。

私の次回の外来なのですが、仕事の都合で、4/13に予約変更してしまいました。
今回は残念ながら病棟ではお会いできなさそうです。

でも、今後、心臓病仲間と話をする機会は幾らでもありますので、術後ご回復されたら
お話を聞かせて下さい。


プロフィール & メール

Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者やカウンセラーではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード


南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード