第十二回(元)心臓病仲間の集まり 開催案内

第十二回の集まりの開催は終了しました。参加して頂いた皆様、ありがとうございました。

-----------------------------------------

恒例の「(元)心臓病仲間の集まり」を下記の要領で開催いたします。

◆日時: 6月18日(土) 13時~17時 (開場は10時)
◆場所: 神奈川県横浜市元町付近(港の見える丘公園近く)
◆参加人数: 20名程度
◆参加資格: 心臓病経験者(術前、術後、かかっている病院を問わず)及び、心臓病の医療関係者
◆参加費: 会場代と飲み物代を割り勘(二千円程度の実費のみ)

集まり開始は13時ですが、開場は朝10時です。
いつも話足りない方、少な目の人数でより落ち着いてじっくり話をしたい方などは、昼食のお弁当を持参の上早めにお越し下さい。また、2次会(自由参加)も中華街にて予定しています。お酒が入ると参加者の皆さんの会話もまた弾みます。

参加ご希望の方は、カムバックハートこと鍋島までメール、または当ブログに参加希望のコメントをお送り下さい。(初めての方は簡単なプロフィールもお願いします。)

常連仲間はもとより、以前集まりに参加したけどご無沙汰の方や、現在、心臓病を指摘されて不安を抱えていらっしゃる方など、参加をお待ちしています。心臓手術を受けるかどうか悩まれている方、生の体験談を聞きたい方、少しでも心臓病や心臓手術に対する不安を解消したい方 etc、少しの勇気を出して是非集まりにお越し下さい。

出席者のみに配布する参加者名簿を事前作成しますので、後ほど簡単なプロフィールの記載をお願いいたします。

これまでに開催した集まりの様子ははこちらの記事をご参照ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

カムバックハート(鍋島)

<=PREV NEXT=>

小さなバーでのミニ集まり

遠方の外来仲間が定期的な外来診察で都内にやってくるスケジュールに合わせて、南淵先生の手術を受けた我々の仲間が経営する都内のバーに集まって飲もうではないかという企画が沸き上がった。

心臓手術経験者の会話内容の特殊性が今回もにじみ出ていた。それは少し場を離れて客観的に、例えばトイレの個室で聞き耳を立てるなどすれば明らかになる。心臓手術を体験していない方には理解しがたい会話の数々が、今宵集まった心臓手術経験者にとっては深く陶酔の域に達するまでの共感を感ずることがある。お酒のせいもあるのかもしれないが心地の良い雰囲気を生んでいた。

心臓手術を終えるまでに至る過程で大変なことは、第一に本人が病気と向き合っていかなければならないことであるが、時としてそれ以上に患者の家族の理解を得ることの難しさもある。(元)心臓病仲間による話やブログで体験談を発信されている方の記事などからそれが伺える。「手術は終わって退院できたんだから、もう以前より元気になったよね」という意味合いのプレッシャーを含む言葉をかけられることが珍しくない。

心臓手術は手術を受けたらそれで完治という簡単なものではない。術後、すぐに体力が増してきて急に元気になる方もいれば、調子が上がってくるまでに半年や1年、中には3年もかかる方もいる。薬の処方内容や外来の間隔、検査内容も人それぞれ。スタンダードはあっても無いようなものなので、細かい点を他人と神経質に比べてもあまり意味がない。ましてや、心臓手術直後の人の体調を一般の健常人と比較され、「病気だったけど手術で治ったはずだよね」とゼロイチ的に判断されると、判断された側の心境は難しいものに陥る場合がある。また逆に、「心臓の病気をしたんだから、大変だね」と元気になっているのにいつまでも気を回されるのも望みたくない状況であったりする。

男性と女性の(元)患者による違いもあるかもしれない。男性は退院して家に帰っても、家族がいる状況であれば初日から早速家事にとりかかる必要はないだろう。飯、風呂、布団と誰かに声をかけるだけで事足りてしまう。しかし女性の場合はそうはいかないことが多い。特に一家の主婦の場合は、家事という労働が直ぐに待ち構えている。家事をできない男性、家事は女性が行うものと観念的に決め込んでいる男性も多い。術後、退院しても胸骨の痛みはしばらく続く。くしゃみをするなんてことは胸の骨が相当引っ付いてくれてからでないと痛みが恐ろしくてできない。そうした状況でも、胸骨の痛みをかばいながら家事をこなさなくてはならない方も多いようだ。(男性である私がこういうことを書いていても臨場感に欠けるのではあるが・・・)

術後、早期に退院が決まることは順調な回復の証拠としてありがたいことである。しかし、家に帰っても直ぐに家事作業が待ち構えているような女性、家族に家のことを任せるのが苦手な女性は、少しばかりなら入院を継続して心臓リハビリに精を出すのも悪くないかもしれない。

今日の(元)心臓病仲間による酒宴は、術後僅か1カ月で参加してくれたMisaさんをはじめ、ココさん、バードさん、マッチさん、Oさん、マダムアリスさんと、例によって南淵先生の悪口(?)あり、尊敬の言葉あり、とにかく医者と心臓のことをネタにしていれば話が尽きることなく盛会に終わった。



<=PREV NEXT=>

第十一回(元)心臓病仲間の集まり 開催報告

第十一回(元)心臓病仲間の集まりを横浜で開催した。

23名の参加者。初参加の方が8名。術前の方2名。大動脈弁の手術をされた方が7名。僧帽弁の手術をされた方が15名。
毎回遠方からの参加者もいて、今回も遠くは兵庫県から参加頂いた。最近の南淵先生の東京ハートセンターご退職の影響なのか、今回の集まりは南淵先生の手術を受けられた患者さんが普段よりやや多くて14名。盛大な会となった。


(目線をくれているのは毎度参加の常連仲間たちですね。私のシャッタータイミングを良く知ってのことか?)

初参加の方が多かったので、自己紹介も時間をかけて参加者一人一人にご自身の心臓病の経緯や体調のこと、趣味、仕事や信条など、自由に語って頂いた。

いつもは手術をしてこんなに元気になりましたというメッセージ色が強く、術前の方にも手術後の元気な身体になる期待を得て頂くのだが、今回はそれに加えて別の側面での話も多かったと思う。

特に、心臓病以外に抱えていたり、突然発症した病気のこと。心臓自体は手術を受けて治り経過良好だったが、突然一過性の脳梗塞を起こした方が何名か。原因の一つは、生活の中で強いストレスを受けたことではないかとのこと。「ストレスとは、人類の長い歴史において、戦いで人が敵に刺されたときに無意識に自己の血管を引き締めて血液の体外流出を避けることで生命を維持しようとする本能的な現象」であると、ある内科の先生から聞いたいうお話をされたときに、私もなるほどなと思った。

60兆個の細胞の集まりでできている各自の身体は、ほどよいバランスを保ちながら「生きている」とう状態が保たれている。ちょっとしたバランスの崩れは、人それぞれいつどこでどの部位に起こってもおかしくない訳だ。

ほとんどの皆さんが毎日何かしら飲まれている薬の話もいつもの定番。ワーファリンに替わる最新の抗凝固剤を飲まれている方が結構いたのが目新しいところ。

「○○先生は、今度海外の病院に留学するんだって!」「どこの国かしら?」「私、おっかけだから追いかけていかなくちゃ」
「でも、飛行機に乗って海外に行くのはイヤ!機中で心臓のトラブルがあったら怖いわ。ツアー会社で 循環器の医者を機中アテンドしてくれるような海外ツアーがあればよいのに・・・」

「巨乳の人は仰向けに寝ると胸の重みが創を引っ張るのでケロイドになりやすいんだって・・・」

「ICUに面会に入れるのは大人3人なんですよね。母と夫と、子供二人。さて誰が一人抜けるかで・・・・」

心臓病を経験した仲間の間にしか湧きあがらないこのような会話が、あちこちから聞こえてきくる。興味のある方は是非次回の集まりにご参加を。



2次会は雙十節のイベントで、心臓には悪い爆竹の音が賑やかな中華街。いつもと比べるとやや寂しく13名の参加者。だけど、その内男子は2名だけ。まるで女子会のような雰囲気。2次会に参加されなかった男性諸君は残念でした。

いつもの手順で集まりの開催は終了。初参加の方々から、「今日は参加してホント良かったです」という声を頂けたのがいつもながら開催を続ける励みになった。今回参加できなかったけれども参加したかったという方の声も沢山聞こえてきた。

次回の開催は来春の予定。こんなプログラムをやってはというアイデアがあれば是非お知らせ下さい。



<=PREV NEXT=>

第十一回(元)心臓病仲間の集まり 開催案内

第十一回(元)心臓病仲間の集まりの開催は終了しました。

-------------------------------------------------------

今年2回目の「(元)心臓病仲間の集まり」を下記の通り開催いたします。

◆日時: 10月10日(土) 13時~17時 (開場は10時)
◆場所: 神奈川県横浜市元町付近(港の見える丘公園近く)
◆参加人数: 20名程度
◆参加資格: 心臓病経験者(術前、術後、かかっている病院を問わず)及び、心臓病の医療関係者
◆参加費: 会場代と飲み物代を割り勘(二千円程度の実費のみ)

集まり開始は13時ですが、開場は朝10時です。
いつも話足りない方、少な目の人数でより落ち着いてじっくり話をしたい方などは、昼食のお弁当を持参の上早めにお越し下さい。また、2次会(自由参加)も中華街にて予定しています。お酒が入ると参加者の皆さんの会話もまた弾みます。

参加ご希望の方は、カムバックハートこと鍋島までメール、または当ブログに参加希望のコメントをお送り下さい。(初めての方は簡単なプロフィールもお願いします。) (参加希望の連絡を頂いた方には既に開催案内をお送りしました。もし私から返信を受け取っておられない方がいらっしゃったら再度ご連絡お願いいたします。)

常連仲間はもとより、過去に集まりに参加された方や、特に心臓病を指摘されて不安を抱えていらっしゃる方など、参加をお待ちしています。心臓手術を受けるかどうか悩まれている方、生の体験談を聞きたい方、少しでも心臓病や心臓手術に対する不安を解消したい方 etc、少しの勇気を出して是非集まりにお越し下さい。

出席者のみに配布する参加者名簿を事前作成しますので、後ほど簡単なプロフィールの記載をお願いいたします。

これまでに開催した集まりの様子はこちらの記事をご参照ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

カムバックハート(鍋島)

<=PREV NEXT=>

第十回(元)心臓病仲間の集まり

第十回目の開催となった(元)心臓病仲間の集まり。ほぼ年に2回開催のペースで約6年続けてきた。

今回の参加者は丁度20名。ほとんどの方が、このブログを読んで私にメール連絡を下さったことから始まった繋がりでの参加。ブログを見つけて読んで下さっても、連絡を下さる方はその一部の方々であり、更にその中で実際に集まりなどでお会いして直接話をするに至る方は更にその中の極一部の方々。今回初めて来て頂いた方が5名。第三回の集まり以来、久しぶりに顔を出してくれた仲間もいた。関東圏から以外にも、大阪、山梨、新潟から移動して参加して頂いた。そして、再手術を含む術前の方も3名参加。

いつものように参加者プロフィールを配布。順番に各自の近況だったり、今回集まりに参加するまでの経緯であったり、心臓病であることが分かってから現在までの気持ちや治療による変化などを自由に紹介。自分の症状や経緯と照らし合わせての質問も飛び交う。残りの時間は各自自由なスタイルで話をしたり聴いたり・・・


(自己紹介中のTさん)

(1次会の全体風景)

集まりにやってくる(元)心臓病患者はそれなりに自分の身体や病気について勉強している方が多い。自分の命にかかわる病気のことなので必然的に経験してきたことを知識として蓄積している。患者の目から見た心臓病についての知識は、近所の町医者よりはこの集まりの参加者の方がはるかに持っているかもしれない。更に、実体験によって裏付けされた経験談は、カルテやデータから簡単に拾えるようなものではない、極めて貴重な情報だ。


(男性3人衆の創。左の晴耕雨読ぶどう園さんは小切開の手術なので創がかなり小さいですね)

まだ手術適応かどうか分からない状況だが、医者から心臓が悪いと言われて不安を抱きやって来られた参加者がいた。会場に入られて当初とても不安そうな様子をみせていらっしゃった。しかし、周りの仲間の話を聞かれて少しは安心されたのか、「彼女、段々和やかなお顔になり、笑顔が見られるようになっていましたよ。この変化を私が観ていてとても嬉しく思いました」とコメントしてくれた仲間がいる。

術前に参加してくれた仲間が術後改めて参加してくれることが多い。今回も2名いらっしゃった。これまで手術を挟んでその前後にお会いした方は例外なく、術後、丸で別人のように肌の色艶がよく、血色もよく、目が輝き、自然な笑顔で対応できるようになってらっしゃるのに驚く。手術の前後でなくとも、集まりに来て頂いただけでもご自身の何かが変化されたのであればこんな嬉しいことはないと思う。これこそ、(元)心臓病仲間の集まりの開催意義なのかなとあとから感じた。

というのも、今日の開催中に、「ん? どうも最近の集まりはマンネリ化してないか?このまま続けていいのかな」と自問自答。
帰りの電車で参加者の何人かにそっと聴いてみたところ、「続けることに意義があるんだ」と、15年以上も心臓病掲示板 たけしの部屋の管理人を続けているたけしさんに言われたり、
「このような会を取りまとめ、長く続けることは継続するだけで非常に大変なこととお察し致しますが、是非続けてください」
「今日は、ブログで写真を拝見していた方々が多くいらっしゃって、初めての感じがしませんでした」
と初参加の方から言って頂けると、マンネリでも続けなきゃなと改めて思った次第である。


(撮り忘れそうになったいつもの集合写真)

2次会は中華街のレストランへ。お酒も入り、引き続き話は盛り上がる。そして時は一瞬で過ぎ去る。

今回も買い出しや2次会の場所手配などのご協力頂いた仲間の皆さん、どうもありがとうございました。


(2次会は中華街にて。2グループに分かれて円卓を囲む)



<=PREV NEXT=>
プロフィール & メール

カムバックハート


Author: カムバックハート

カムバックハートブログバナー

カムバックハートこと、鍋島と申します。神奈川県川崎市在住の48歳男性。

2008年12月に僧帽弁形成手術を受けて、第二の人生をスタートさせることができました。

南淵先生と私

南淵先生と私(術後の初外来にて)

フィルムで写真を撮るのが趣味です。(元)心臓病仲間のポートレート写真展の開催に向けて準備中です。詳細はこちらの記事。「創と私」「術前 vs 術後比較ポートレート」「病気を支えた家族と(元)患者のツーショット」「笑顔の(元)心臓病仲間のポートレート」のテーマで作品制作中です。これから心臓手術を受けるかもしれない人達に元気になる期待と勇気を与えたいと思っています。

心臓病仲間の輪に入りたい方や、ブログについてのご質問、お問い合わせのメールはお気軽にこちらへ どうぞ。但し、私は医者ではないので医学的なご質問にはお答えできません。初めての方は簡単なプロフィールをお願い致します。

当ブログ掲載の文章と画像の無断コピー、無断転用を禁止致します。

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
ご訪問ありがとうございます:

累計訪問者数:
ブログ開設: 2008年12月
お知らせ
南淵明宏先生の公式サイトにある「勇患列伝」 その7に出てくる「平松」とは私のことです。

yomiDr.のサイトにある世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ にこのブログのことを書いて頂きました。こちらの記事には第三回(元)心臓病仲間の集まりについて書いて頂きました。

このブログは、私が弁膜症の僧帽弁閉鎖不全症という病気に診断されたところから、入院、手術、退院、その後の生活という流れで時系列に記載しています。2008年12月当時の状況ですので、その後の医学の進歩で内容的に古くなっている部分があるかもしれません。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。最初から読まれる場合は、「★はじまり ~こちらからご覧下さい~

コルコバード
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード